FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

皆さんこんばんは

突然ですが、皆さんの自宅のワンちゃんはテレビを見ますか?

いろんな人に質問してみまたところ

たまに興味を示すワンちゃんは時折いるようですが

「よく見ます」と答えた方はほとんどいませんでした。


常時テレビに興味を示す犬というのはかなり少数派のようですが

我が家の小波(MIX♀)はこうです。
20140111.jpg

ご主人の膝を枕にしてテレビを眺めています。

まるで人間の子供のようですね(笑)


小波がテレビを見ているときは内容や色合い、光の具合など

傾向を知るために観察しています。

動物が出てきたときは過剰反応を示しますが

その他はなかなか傾向がまだつかみ切れていません。

海外では「犬が見る番組!」が放送されていたりするようですね。


一つの研究材料として今後も観察を続けていきますので

またご報告したいと思います。


 ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校

    豊實
スポンサーサイト
2014.01.14 Tue l おてんば娘の日々 l top
皆さんこんばんは

突然ですが持病をもたれている方いますでしょうか?

様々な持病に苦しむ方は多いと思いますが

動物にも同じことが言えます

小波は生まれつき右目の構造的異常で

涙の量が極端に少なく

放っておくと目が開かないほどの目やにで覆われ

細菌の繁殖と涙が少ないことによる外傷で

すぐに角膜炎、結膜炎を引き起こします
20130211.jpg

そのために朝・晩の目やに取りは必須作業

細菌感染を防ぐのと外傷を防ぐ潤滑剤の代わりに

眼軟膏を時折いれてやるのですが
20130212.jpg

少量の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を含んでいる為

長期間の使用は免疫力の低下など様々な副作用のリスクを伴うため

獣医とも色々と相談しながら使用しています

現在使用している眼軟膏に代わるものを色々と模索していますが

これから10年以上は使うことを考えと色々と試行錯誤しています

ヒトも動物も持病と上手につきあっていくことが大切ですね


    ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校
          動物看護担当 豊實
2013.02.11 Mon l おてんば娘の日々 l top
みなさんこんにちは!

今回は仔犬の成長スピードについてご紹介致します。

まずはこちら↓

DSC_0981_convert_20121101174916.jpg

生後2ヶ月の頃です。

来たばかりの体重は4,5kgです。

この時期はまだ免疫力も弱く外的刺激にもっとも注意が必要な時期です。

続いてこちら↓

20120805_190206_convert_20121101174949.jpg

生後3ヶ月の頃です。(靴を引っ張り出して悪さ中)

体重は6,4㎏です♪

この時期から歯牙の生え代わりが始まり

家具・衣服などを噛んでしまうやんちゃ行動が増えてきます。

この噛む行動によって歯の生えかわりがスムーズになったり

その刺激によって脳の発育が良くなったりもします。

もし気になるなら玩具にゴム製のものを与え、ロープや木材(家具に使われる素材)を

避けるようにして、噛んで良いもの・悪いものを別けてあげるなどしてみてはどうでしょうか?

そして現在↓

20121020_165454_convert_20121101175127.jpg

生後5ヶ月になると表情も大人びてきます。

体重はなんと18㎏!

すでに自我も芽生え要求や、反抗もし始めます。

このタイミングでの訓練は信頼関係を築くのに理想的なので

甘やかさず、叱り過ぎない!が、鉄則です。

甘やかすと我が儘になったり、反抗的になる場合もありますし

逆に叱り過ぎると臆病で吠え癖がつく場合もあるので、難しい時期でもあります。

この時期の訓練は技術(座れ・伏せ)ではなく名前の定着・アイコンタクトの持続

それだけで十分です♪

日々成長する、学生にもアーツにも乞うご期待!!


                        神戸ブレーメン動物専門学校 服部
2012.11.02 Fri l おてんば娘の日々 l top
これまで2度の出産で5匹の元気な子犬を産んだ

小梅が避妊手術を受けることになりました

2012_4_18.jpg

今後出産の予定がないことと、年齢も5歳近くになり

そろそろ子宮蓄膿等病気の事も考えての決断です。


避妊手術は病気の予防やむやみな繁殖を防ぐ観点から

メリットも大きいですが

反面、ホルモンバランスが変わることで

太りやすくなる等体質の変化が現れます。


また人間の都合で生き物として最も重要な要素を

取り除いてしまう事に抵抗を感じる方も多いと思います。


大切なのは一番良い方法は何であるか常に考える事

動物を飼うことは、大きな責任を負うことだと言うことを

あらためて考えさせられました。

                               動物看護担当 豊實



2012.04.18 Wed l おてんば娘の日々 l top
犬を観察していると、ふと人間社会に当てはめて考えることが多々あります

親子関係・・・


母:小梅(T・プードル 3歳)
2011_10_21_1.jpg

娘:小波(MIX 1歳)
2011_10_21_2.jpg


母親の小梅は母性本能豊かで、2度の出産時も非常に勤勉に子育てに励みました。

授乳時期が過ぎると徐々に子犬との距離を置き

なるべく無関心を装いながら、子供達を見守っていました。


小波とはずっと一緒に暮らしているため、未だに娘は甘えようとしますが

度が過ぎると怒って躾けている様をよく見ます。


時折、ちょっとした優しさを見せたりと、アメとムチを上手に使い分けているなと感じたりします。

人間社会では親離れ、子離れが出来ない親子関係が問題となったりしていますが

動物の社会から学ぶことが、たくさんあるような気がします。

                                 教務担当 豊實

「神戸ブレーメン動物専門学校」来春三宮に開校!
第一期生募集 11/23学校説明会開催(神戸市青少年会館サークル室1) 13:30~
詳細はHPまで
 http://www.bremen-school.com/kobe/

2011.10.21 Fri l おてんば娘の日々 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。