FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
皆さんこんにちは。

以前はアルプスの絶景をご紹介致しましたが

今回は美術館をご紹介します♪

と言っても普通の美術館ではありませんよ

芸術に敏感な方もそうでない方もこの絵を見れば分るのでは??

430_convert_20130122145100.jpg

レオナルド・ダヴィンチ作 モナリザ です。

もうお気づきですね?

ルーヴル美術館です♪

421_convert_20130122145042.jpg

世界最高峰の名画にも驚きですが写真を撮るのも自由なんです。

日本ではありえませんよね。

広い館内には様々な絵画、彫刻などの美術品が数多く展示されており

世界各国から訪れた人々を魅了します。

419_convert_20130122145022.jpg

写真やレプリカではなく本物を見るとまた違った世界が広がりますね。

皆さんも機会があれば是非、本物を見に行かれてみてはいかがでしょうか。

437_convert_20130122145120.jpg

神戸ブレーメン動物専門学校 服部
スポンサーサイト
2013.01.25 Fri l 海外 l top

 ラスベガスでのグルーミング競技会の参加は40数名。日本人男性の姿もあったようです。

 経験豊富なキャリア揃いの中で、最年少の森先生はよく検討したと思います。

 先ほど来年も出場したいという旨のメールがあったようですが、

 ブレーメンには腕自慢が大勢控えておりますので、先ずそこに打ち勝ってからです。

 本校には世界レベルの本物の技術者が大勢おります。

 是非体験してみて下さい。

 追記
   トレーナー・動物看護も世界で活躍しております。
2012.09.12 Wed l 海外 l top

 凄い!

 ラスベガスでのグルーミングコンペに出場している森先生が

 シザーリング技術NO.1の評価を頂きました。

 更にアメリカのグルーミンングショップの方々から

 スカウトされました。

 
 追記
 
   英語、日本語、中国語3カ国語が堪能な林先生が通訳として同行してくれたので

   助かりました。
2012.09.12 Wed l 海外 l top
ニューイヤーズ・イブ。クアラルンプールで行われたグルーミング試験の審査に行って

参りました。前日に7時間のフライトを経て現地入りしたのですが,ここは常夏の国。

日本との温度差は30℃。いささかの体調不安はありましたが人間の順応力には

改めて驚かされた。時差が1時間なので、その分楽であったのかも知れない。

本題の前に外国の大晦日に触れてみたいと思います。

日本の厳かな雰囲気とは違いカウントダウンのイベントが華やかというか騒音?爆発と

いうか地震かと思う位の花火やオールナイトの大音響のパーティ等々。

花火といってもビルの至る所から湧き出る花火なので日本のそれとは比べ物にならない

スケールでした。

私は早々とホテル戻り世界各国で放映されている紅白歌合戦を鑑賞し、

改めてNHKの凄さには驚かされました。

さて本題に入ります。

今回の試験はCクラスとAクラスのみでした。

Cクラスはレベルのばらつきはあるものの皆よく出来ていたと思う。

しかし総評で述べたのですが少しシザーリングに難がありました。
2012_mary_05.jpg
2012_mary_06.jpg
2012_mary_07.jpg
2012_mary_08.jpg


次いで行われたAクラスのシンディには驚かされた。

ポメとホワイトシュナウザーの2頭を2時間での完璧に仕上げ!

彼女のストレスレスの所作や技術力は、審査している私を心地よくさせてくれる

ものであり、本物のプロを感じさせてくれるものであった。
2012_mary_09.jpg
2012_mary_10.jpg

本校の教員にスカウトしたい位だ!

この様な方がいる限り未来は開けてゆくでしょう。


後記

発展望ましいクアラルンプール。だけど何かが欠けていると感じていた所

現地の人のこう教えられました。"マレーシアやアジア諸国の人々は何事も適当である"と

その点、日本人は“何事も真面目で勤勉なのでMADE IN JAPANは信用できる”と

私達はこの言葉を決して忘れてはならない


野上 耕一



【 写 真 】
王宮
2012_mary_03.jpg

国会議事堂
2012_mary_02.jpg

モスク
2012_mary_04.jpg

2000㍍級の山頂にあるマレーシアのラスベガス。ゲンティンハイランド。
ここは日本人観光客が少ない
2012_mary_01.jpg

2012.01.06 Fri l 海外 l top
 
 学生の半蔵君(ニックネーム)アメリカのグルーミングコンテストで世界第9位の好成績を収めました。

 外国のプロフェショナルの猛者の中で、学生の身でありながらよくやったと思います。

 彼は、今の若者が失いつつあるアニマルスピルットを持ち合わせております。

 初海外で、一人旅。これだけでもプレッシャーだったと思う。

 
 今回の事が起爆剤になり他の学生に良い刺激になる事を願ってやまない。

 おめでとう


 追伸

 明日帰国する短期留学生は、毎朝5時に起床し勉強していたそうだ。

 そして8時に登校。

 彼女の頑張りが結果を引き付けた。

 こういう姿も知って欲しい。

                                野上

 

 
2011.09.14 Wed l 海外 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。