こんにちは、講師の砂川です。

高松地方気象台の発表によると、今日四国地方が梅雨明けしたそうです。

明日からまた暑い暑い日が続くでしょう。

学校では夏休みに入っていますが、8月23日にアスティで行われる

職業体験イベントのステージショーに向け、一生懸命練習に励んでいます。

毎日のように学校に来て、遅くまで練習に励む姿は本当に

感心してしまいます。

本番ではこの努力が実り、きっと素晴らしいステージが見られることでしょう。

みなさん楽しみにしておいてくださいね。

<練習後のはるちゃん>
200907311908001_convert_20090731200010.jpg
スポンサーサイト
2009.07.31 Fri l 未分類 l top
8月に入るというのにまだ梅雨が明けず

ムシムシした日が続いています。

最近、学生から『麦最近みてない』・・『元気なん?』

『家におるん?』とか聞かれます。

確かに暑いし雨の予報も続くので学校には連れて来ていませんでした。

学生達には冗談で『里親に出したよ』などと言っておりますが・・

真意として、まだ骨格の形成途中なので自転車で15分走らせるのはまだ無理そう

なので連れて来られないのです。

犬の骨格形成が終わるのは、1年~1年半位だと言われております。

まだ気温も高いし、雨も続きそうなので

もう少し、麦には留守番してもらうことになりそうです。



2009.07.28 Tue l 未分類 l top
全国各地で局地的な大雨が続き

大変な被害がでているようです

梅雨の前半はなかなか雨が降らず心配していましたが・・・

徳島市内でも短時間ですが土砂降りの雨が降り

これが長時間続いたときの事を考えると非常に怖い感覚におそわれます

ゲリラ豪雨に備え、もしもの時の行動をしっかりシミュレートしておくことが必要かもしれません

photo10.jpg


大雨の被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。


                               豊実

2009.07.26 Sun l 日記 l top
こんにちは、講師の砂川です。

先日学校も夏休みに入り、学校へ来る学生の数も減って、

遊び相手も少なくなり少し寂しそうなラポピィです。

200907241935001_convert_20090724200050.jpg


甘噛みもだんだんと力が強くなり、最近では甘噛みをされると

「いった~~~い!!」

と声を上げてしまうほどです。

しかし当の本人は遊びのつもり。

あんまり怒ってもかわいそうなのでぐっと堪えます。

ときにはビスキーに噛みついて怒られるということもあります。

そんな姿がかわいくてついつい笑ってしまいます。

体重は先週より2kg増えて9、1kg。体は大きくてもやっぱり子犬。

早く立派になった姿も見たいなーと思う、今日この頃でした。

2009.07.24 Fri l ラポピィの成長記 l top

昨日の皆既日食、皆さんはどの様にご覧になりましたか?

46年ぶりの天体ショーが観測できるという事で、日本では悪石島

などに多くのツアー客が押し寄せていましたね。

残念ながら当日は天候に恵まれずその瞬間は見る事が出来なかった

様ですが、各地で部分日食・あるいは硫黄島や太平洋上などでは

皆既日食が見られた様です。特に太平洋上の観測は素晴らしかった

です。月の作り出す影の真下に入り、空には黒い太陽と星が輝き、360°

見渡す限りの水平線上には朝焼け(夕焼け)の様に赤く染まった世界が

広がっていました。

私も何度か空を見上げたのですが生憎の天気で非常に残念でした。

しかし、日食が始まり部分日食が最大になった頃は辺りの空一面が

かなり薄暗くなっている感じがしました。(それも雨雲のせいでよく

分かりませんでしたが・・・)

次回、日食が観測出来るのは26年後だそうです。宇宙の長い長い

時間で考えれば大した時間ではないのかもしれませんが、その頃には

自分はどんな風に成長しているのかな?と未来を想像して少し楽しく

なりました。

26年後、今度はしっかりとその瞬間を目に焼き付けたいと思います。

4385235.jpg
インターネットAFP BBNewsより引用


                                   永峰
2009.07.23 Thu l 未分類 l top
こんにちわ。

巡回バスに乗り向かった先はオークランド水族館。

この水族館は世界初のトンネル型の水族館らしいです。

大きく分けて、ペンギンのエリア、エイ、海亀のエリア、トンネルエリア

になっていました。トンネルエリアでは床がベルトコンベヤーになっており

自動的に進むようになっていました。

P1000709_convert_20090722180428.jpg



サメの歯のオブジェがあったり、大王イカを展示しておりました。


次の巡回バスが到着するまで1時間しか無く、水族館が好きな私には

少し名残惜しい見学でした。


次に向かった先は博物館。

P1000727_convert_20090722180522.jpg

1Fには先住民のマオイ族の彫刻や武器、楽器

などを展示しておりました。2FにはNZ自然史関係の展示。飛べない鳥キウイ

や気候、植物や動物の分布図などが展示してありました。3Fには過去の戦争

の詳細を展示していました。中には日本軍の軍服や武器、飛行機なども展示

しており悲しい気分になりました。ここも1時間しか滞在時間がなく早足で見学

していきました。次に向かった先は、ビクトリアパークマーケットというショッピング

街に行きました。ここは貨物倉庫を改装しショップが軒を連ねている感じです。

雨の影響なのか、あまり人はおらず落ち着いて観光できました。

このショッピングエリアはホテルから徒歩15分の所にあり巡回バスの

時間を気にせず見ることができました。

その後ホテルに帰り荷物を置き少し周辺を周る事にしました。

この日は週末ということで、会社帰りの人やカップルなどで賑わっていました。

夕食時間という事で渡辺さんお勧めの韓国料理の店に連れていってもらいました。

この店は少し変わっており飲み物持ち込み可能でした。

日本で味わう韓国料理より辛みは無かったように思います。

次の日の起床が早い事もあり早々にホテルに帰り就寝の準備をしました。

AM4時・・・眠たい目をこすりながらオークランド空港へのバスを待つ日本人3人。

まだ薄暗い町並み、バス停で定刻になっても来ないバス・・

空港のチェックインに遅れたら困るのでタクシーを拾う事にしました。

日本人の感覚では乗用車型のバスを想像しますが、NZでは普通に

ワンボックスカーやスポーツカーなどがタクシーになっておりました。

黄色い乗用車型のタクシーは見てないように思います。

国際線は2時間前からのチェックインが原則らしく5時には空港に到着

チェックを済ましロビーで眠ってしましいました。

AM7時飛行機に乗り11時間のフライトが始まりました。

繧ウ繝斐・+・・P1000468_convert_20090722180805


PM6時成田空港に到着。成田空港でオークランド行きの搭乗者を乗せ

関西空港まで一緒に行き関空からオークランドに飛び立つそうです。

私たちは関西空港で降り高速バスで徳島に帰ってくる予定です。

関西空港に到着したのは8時30、高速バスの出発予定は9時20分

関西空港で軽く食事をしバスを待ちました。日本のバスは定刻通りに

到着しました。とても安心感を感じた瞬間でした。

今回の研修で、普段何気なく使っている物、生活している事が

とても便利で裕福な事だと思いました。私たちは恵まれており

日ごろから、様々な物や人に感謝の気持ちを忘れてはいけないと思いました。

最後になりましたが、このような貴重な研修に行かせていただきました学長、先生方、

優しく接してくださったホストファミリーの方々、企画案内をしていだきました渡辺さん

本当にありがとうございました。

以上でNZ報告を終了します。

                                鈴木



2009.07.22 Wed l 未分類 l top

 皆さんはNIEという言葉をご存じだろうか?

 newspaper in education

 最近色んな所で取り組みをされているようで、若年層の新聞投稿が増えている。

 然るに一番読んで欲しい20歳前後の若者の活字離れが顕著である気がする。

 大人の知恵はどこから来るのだろう?という ”なんで” を持って

 新聞を読まない理由を探すのでなく、読む理由を探して欲しいと思う。

 本校の教員も毎朝NIEの取り組みをしており、成果のでる日を楽しみにしております。

                                    野上 耕一

 

 

 
2009.07.21 Tue l 日記 l top
夏の風物詩と言えば「花火」ですね

今日は私の生まれ育った地元で港祭りがあり

夜空にたくさんの美しい華が咲きました

P1000015_convert_20090721014015.jpg

花火を見るたびに日本に生まれてよかったと思います

P1000041_convert_20090721014136.jpg

最近は安全面や予算の関係で中止になる花火大会も多いと聞き

寂しいと感じるのは私だけでしょうか?


一瞬の輝きが人の心を和ます

この伝統をなくさず後世に受け継いでいってほしいと願います

                       豊実
2009.07.20 Mon l 日記 l top
こんにちは、講師の砂川です。

今日もラポちゃんは元気いっぱいです。

先日ラポちゃん用に音の鳴るおもちゃを買ってあげたのですが、

遊び始めて2、3分・・・「プピッ」と音が鳴った瞬間、ポピンにおもちゃを

横取りされてしまいました。

ポピンは音の鳴るおもちゃには目がありません。

あとで飽きたときにポピンにはおもちゃを返してもらいました。

これからいろいろな出来ごとがあると思いますが、日々成長が楽しみです。

また何かあれば報告します。

IMG_0122_convert_20090717202306.jpg

IMG_0127_convert_20090717202456.jpg


今の体重7、4kg、体高43cm、体長45cm


2009.07.17 Fri l ラポピィの成長記 l top
こんばんは。

今回は最終日のオークランド観光編をお届けしたいと思います。

本日は朝早くに起床、準備をしホテルのロビーで渡部さんと待ち合わせ

をしました。前に少しだけ登場したスカイタワーに登りました。

このスカイタワーは別途料金でバンジージャンプ、スカイウォークが出来るそうです。

スカイウォークとはスカイタワーの外周りを命綱を付け歩くという、足がすくむ様な

アトラクションです。アトラクションをスルーし、タワーに登るエレベーターに

乗り込みました。かなりの高度まで上がった気がしましたが、もう1つエレベーター

があり更に高度を上げていく仕組みでした。最上階までくると、少し曇っていましたが

景色は抜群でした。早朝だった事もあり、私達以外に一組しか登っていませんでした。

ひとしきり景色を堪能した後、ボートでNZを観光するためにボートハウスまで移動しました。

行く途中で、グッチやシャネルといった高級ブランドの店が建ち並んでいました。

ボートハウスは銀行をそのまま改装して造られたそうで、とても重厚で威厳の

ある感じがしました。中に入ってみるとボートの受付があり、お土産売り場があり

ましたが、雨の影響なのかお客さんはチラホラでした。

ボートでのクルーズは、雨が降っていたので霧がでており、

無人島に上陸できる予定だったのですが、雨脚が強く上陸できませんでした。

 NZはブッシュウォークというのを好むらしいです、単に森の中を散策するだけ

らしいのですが、癒し効果や、リフレッシュ効果があるようです。

私も散策が大好きなのでブッシュウォークを期待していましたが

無人島に上陸できず・・とても残念に思いました。

予定のコースを2時間かけて周り船着き場に帰ってきました。

昼ご飯は近くのショッピングセンターのフードコートで食べました。

せっかっくなので本場のハンバーガーを注文しました。

日本のハンバーガーと違いサイズは大きめです。

学生はタイ料理を注文していました。日本で言う、焼き鳥とピラフ

みたいな感じの料理でした。

食事が終わり、渡部さんが巡回バスのチケットを手配してくれていましたので

バス停まで移動する事にしました。少しバス停で待っていると、赤い2階立のバスが

やってきました。バスに乗り込み、水族館を目指しました。海沿いを走りましたが

相変わらず雨は止まず・・・天気なら良かったのに・・・と思いました。

今回はこの辺にしておきます。

次回オークランド後半~帰国までをお送りしたいと思います。

                                 鈴木    

2009.07.16 Thu l 未分類 l top



 先日若者が血に染まったハトを連れてきた。

 聞けばバスと衝突し地面に叩きつけられ悶絶していたらしい。

 彼の手をみると血に染まり、何とかしてあげたいという表情で満ち溢れておりました。

 彼自身の手を消毒し、鳩を入れ物に入れ、本校がお世話になっている獣医師に連絡をとって

 彼は自転車に乗って向かいました。

  数時間後、彼が律儀にもお金を返しにやってきました。

 実は、私が彼の行為に感動し、少しばかりのお金を治療費として渡してあったものですが

 獣医師も無料診療して下さったようです。

  鳩は助かりませんでしたが、授業に間に合わなくとも命を優先した彼の行動や

 奉仕して下さった獣医師等世間はまだまだ捨てたものでないと実感できた出来事でした。

 きっと彼の生き方や彼を取り巻く環境が素晴らしいのでしょう。

                                         野上 耕一

 

 

 

 
2009.07.14 Tue l 日記 l top
本日、徳島県那賀郡にあるクラブコルツという乗馬クラブにお邪魔しました。

朝7時に学校を出発し9時前に現地に到着しました。

周りは美しい川が流れ、青々とした山々に囲まれた自然豊かな素晴しい

場所でした。

到着後、早速学生達は普段見慣れない馬をみて歓声を上げ、目が爛々と

輝いていました。
DSC02020_convert_20090713231042.jpg


一通りクラブを見学した後、クラブコルツ社長の井村様から、馬に接する際

の注意点をお話しいただき、準備にとりかかりました。

そして、いよいよ乗馬体験の時。一人ひとり丁寧に指導して下さり皆上手に

乗りこなしていました。
DSC02038_convert_20090713231251.jpg DSC02040_convert_20090713231352.jpg

右に行きたければ手綱を右に引っ張り、左に行きたければ左に引っ張る、

止めたい時は両方を引っ張る、と、この辺りは犬の訓練にもあるリードコント

ロールと同じなので学生も要領が分かっていたのかもしれません。

ここで発覚した事が一つ、弊校の獣医師である大串先生が手本とばかりに

一人駆け足で馬を乗りこなしているではありませんか!
DSC02054_convert_20090713231516.jpg

なんと学生時代にかなり乗馬をやり込んでいたそうです。乗馬クラブの方も

「乗り方を見ただけで、かなりの経験者だと分かりました。」とおっしゃって

いました。上級者ともなれば馬との呼吸だけで意思疎通が出来るそうで、

まさに人馬一体、というところでしょうか。

その後は体験で疲れた馬達の疲れを取るためにマッサージを兼ねた

ブラッシングや蹄の手入れをさせていただいたり、体や顔を洗うお手伝い

もさせていただきました。
DSC02062_convert_20090713231548.jpg

また他の学生は餌やり、馬舎の掃除などもお手伝いさせていただき

ました。さらにさらに、コルツさんで飼われているワンちゃん達の手入れも

させていただき、ここでは普段の勉強の成果が生きました。

馬の手入れをしている際に手にしていた道具には、犬の美容で使って

いるものがあり、改めて「グルーミング」の意味を感じました。
DSC02067_convert_20090713231629.jpg DSC02077_convert_20090713231701.jpg

やはり、基本になっているのは馬の手入れなのです。
DSC02084_convert_20090713231732.jpg DSC02089_convert_20090713231849.jpg

そして時間はあっという間に過ぎ、帰校の時間になりました。

充実した一日を送り、疲労の中にも個々に何かを学び取ったような

表情が見え、今回の課外授業の成果を感じ取る事が出来ました。
DSC02086_convert_20090713231811.jpg


さあ、今日の勉強の成果を生かすためにも、明日からまた頑張ろう!!
2009.07.13 Mon l 学校イベント l top
地球儀

 ある日家内が地球儀のパズルを買ってきた。

 見ると気が遠くなりそうな数(ピース)である。

 一つ一つの面を組み合わせ、少し毎球体に近づいて行った。

 家内の作業を横目に私には到底できないと思いつつ

 やがて完成の日を迎えた。

 完成品のパズルを目の当たりにし、球体は多面体であると再認識させられた。

 見る角度で国(見えるもの)が違うという

 当り前の事を思い出したひと時でした。

                                      野上 耕一

 
 
2009.07.13 Mon l 日記 l top
「Joan of Sunshine Way」(ジョアン オブ サンシャインウェイ)

先日届きましたラポピぃの血統書に記された正式な犬名です。

この犬名の意味は「サンシャインウェイ犬舎で生まれたジョアンちゃん」

という事になります。

そして、ラポピぃの誕生日は2009年4月21日という正確な誕生日も

分かりました。という事はラポはまだ3ヶ月遊び盛りですね。

さらにこの血統書を辿っていくと、ラポの曾祖母のところに見慣れた名前が・・

「Sunshinestar Cici」 これはビスキーの犬名です。

改めて血統書で確認すると重みを感じました。

日々すくすくと成長していくラポ、僕達もその成長を見守っていますが、

ビスキーはどんな気持ちで見守っているのでしょうか?

ビスキーもラポピぃも、どちらも頭の良い子なのですでにお互い理解

しているかもしれませんね。

20090712225050.jpg
                                     永峰
2009.07.12 Sun l ラポピィの成長記 l top
ウチには1歳半になる黒のトイプードルがおります

名前は小梅です

我が家の一員となって以来ほとんど病気をしてませんでしたが

先日の夜から元気や食欲はあるのですが少し空咳をするようになり

注意深く様子をうかがってました


興奮するとかなりの咳が出るようになり

寝ている時でも突如咳きだしたので

これはイカンとすぐさま動物病院へ

咳の症状が出る病気で怖いのは心臓に関する疾患ですが

年齢的に心臓に問題がある可能性は低く

呼吸器系の炎症だとは思っていました

診断の結果は“咽頭炎”

注射2本と抗生剤を飲み薬で出してもらい

翌日からは症状もだいぶ良くなりました

2009071223420000_convert_20090713220242.jpg

普段はかなりの元気娘ですので、病気とは無縁な感覚を持っていましたが

やはり過信は禁物ですね

これから夏本番で体には非常に辛い季節

人も動物も体調管理にはご用心肉球

                        豊実
2009.07.11 Sat l 日記 l top
 七夕の日新聞に投稿された16歳高校生の記事です。

 以下全文

 「今日は、何だか眠い・・・。一日ぐらいは、学校休んでもいいか・・・」
 高校生活にも慣れ、何かと緊張感がなくなってきた私は この日、学校を休みました。
 「どうせ行っても、授業もよく分からないし・・・。毎日同じことの繰り返し」。
 そんなふうに思った、無気力な私に友達から一通のメールが。
 「学校来なよ~。早く!」。
 それに対し私は「明日、行くから」と返事した。でもそれから1時間もたたないうちに
 「大丈夫?さみしいよ!」「早く来なよ!」「今から来てよ。待っとるよ」
 クラスの友達から、どんどんとそんなメールが私に届きました。すると、無気力で学校さえも
 行く気になれなかった私ですが、みんなの温かい気持ちに心動かされ、「今から行くね」と。
 私は、ちょっと軽い気持ちで休んだけど、周りの友達はこんなに心配してくれ、本当に幸せを
 感じました。「やっぱり私の一番の居場所は、友達がいてこその学校だな」。
 最高の友達や先輩、先生に恵まれ、私はこれから続く高校生活を、自分の手で最高のものに
 していきたいです。

 この様に力強い言葉で締めくくられておりました。

 自ずから「気づき」そして「変わろう」とする意思があれば人は大きく成長します。

 本校の学生にも、読み聞かせました所

 自身の怠惰への反省、そして変革の強い意志を述べに私の部屋を訪れた学生がおりました。

 感動という七夕の贈り物を頂戴した1日でした。

                                          野上 耕一

 

 
  

 
2009.07.11 Sat l 未分類 l top
同じ話しを聞いても、いい話だったという人と、つまらなかったという人がいる。

あるいは、路傍に咲く小さな花に足を止めて季節の移ろいを感じ、心弾ませる

人もあれば、気づかずに通り過ぎる人もいる。

日々感動、日々新鮮、そんな一日一日を送りたい。明日はどんな面白いことが

待っているだろうか?

 こんな文頭・文末でまとめられた文章。私自信が定期的に購読する書籍に書か

れていたものを一部抜粋したのですが、皆さんはどう感じましたか?

当たり前の景色、当たり前の日々。そんな毎日の中で自分自身が何を考え

何を思うかで人生は大きく変わるのではないでしょうか?

最近は人や景色だけではなく、全ての物事に関心を示さない、そんな心の寂しい

人も多いようです。

この文書を読んでから、自分自身も夜のランニングの際に少し自分の足元や周りの

景色に注意して心を豊かにする努力を始めました。

「何も変化がない」と思うのではなく「何が変わったか?」と自分から興味を持つ

事で意外と気づくことは多いですよ。

皆さんもぜひ潤いある日々を送ってくださいね。

永峰
2009.07.10 Fri l 未分類 l top
  
  狂犬病

  皆さんは狂犬病という名前を聞いたことがあるだろうか?

  悲惨な経過をたどり100%死に至る人畜共通伝染病である。

  以前フィリピンに渡航歴のある邦人が2名亡くなった。

  日本には現在存在しない病気なので医者もとまどった様だ。

  先だって、ある女性獣医師が本校を訪ねてくれた。

  彼女とは古くからの面識があったが、今回仰天話を聞くチャンスに恵まれた。

  彼女はジャイカのボランティア活動でタイに赴任していた時、狂犬病の犬に咬まれたそうだ。

  慌てて日本に帰り母校の教授に助けを求めたものの 美辞麗句

  再びタイに戻り一命を取り留めたそうだ。

  彼女の教訓 ”狂犬病は経験のない日本より現地で治療するのが一番”だそうだ。

  私も狂犬病ワクチンの件でタライ回しされた経験がある。

  私意ではあるが、獣医師のウイルス、細菌等の感染症の知識は素晴らしい。

  最近猿害が多いのでBウイルスにも配慮然りである。

                                         野上 耕一

  
  

  
  
2009.07.10 Fri l 海外 l top
こんばんは。

前回に引き続きNZ報告をしていきたいと思います。

ヒギンスさんにケンブリッジのバス停まで送ってもらい、

最後の別れを言いました。「バスが遅れる事もあるけど

違うバスに乗らずオークランドのバスに乗ってね」と最後まで優しい

言葉をかけてくれました。心の底から感謝の言葉を言う事ができました。

ヒギンズさんと別れ、バス停で大荷物を持って待っている日本人が2人、

ケンブリッジの町では珍しいのか通行中の方がジロジロ見ていました。

P1000675_convert_20090709084656.jpg


16:10のバスでオークランドに行く予定だったのですが、5分経過しても

バスは来ず・・・・かなり焦りました。不安な気持ちを押し殺し待っていました。

結局バスは10分遅れで到着しました。NZでは時間厳守の観念が薄く

10分や15分待ちは普通らしいです。理解していてもヒヤヒヤさせられました。

バスに揺られ2時間40分、やっとオークランドに到着しました。

時間は19:00ホテルにチェックイン・・・その後添乗員の渡辺さんから

カードキーの仕組みと部屋やサービスの説明を受け食事に出かけました。

この日の夕食はNZらしい食べ物が食べたいという事でファミリーレストランに行き

300gのステーキを食べました。かなりのボリューム・・その上渡辺さんのお勧め

のガーリックトーストを食べました。学生はぺロリと食べていましたが、私はというと・・

何とか完食はしましたが、お腹が苦しく少しの間動く事が出来ませんでした。

ホテルに帰り部屋でいましたが、せっかっくの夜と言うことで街に繰り出してしてみる

事にしました。時間が遅かったので店はほとんど閉まっていましたが、バーやコンビニ

は賑わっていました。韓国の方や中国の方などアジア系の人が多く、寿司バーや韓国バー

など明らかに海外らしいお店が並んでおりました。その中の一軒の前を通りかかった時

見慣れてる筈なのに何故か懐かしい物が目に飛び込んできました・・・それは、日本語で

書いてあるアルバイトの張り紙でした。ほんの数日しか日本を離れてないのですが、何故か

懐かしさを感じました。内容としては、①日本語が分かる人②元気な人③俺についてこれる人

などと書いてありました。③番の意味が少し理解出来ませんでしたが・・

雨脚が激しくなってきたのでホテルに帰る事にしました。ホテルの近くにはスカイタワーという

南半球1番のタワーがあります。ライトアップされており雨のせいか光がぼやけ、

とても幻想的でした。その日は疲れもあり早々に就寝する事にしました。

P1000668_convert_20090709084255.jpg


今回はこれまでにしておきます。

次回はオークランド観光編をレポートしたいと思います。

                                    鈴木

2009.07.08 Wed l 未分類 l top

チーたん

 チーたんと私の合図”チ・チ・チ”

 するとどこからともなく彼が私達の目前に。

 時に家の中、時に屋根、時に木の上から・・・・

 最近は合図することなく玄関前で座って待っててくれる。
IMG_2020.jpg

 ある日感動的な事が起こりました。

 夕方6時過ぎコーナンへ散歩がてら向ってる途中にチーたんと出会い

 松高の角まで共にした時のことでした。
IMG_2022.jpg

 ”おみやげ”買ってくるからね”と言い残し立ち去って行く私達をず~と見送るチーたん。

 後ろ髪を引かれつつ約束通り”おみやげ”を買って松高の角にさしかかった8時過ぎ、

 暗闇から私達の方に駆け寄ってくる ”ニャー”の鳴き声

 ”まさか!”

 本当に感動的でした。

 その後チーたんと彼の家まで歩き、そこで”おみやげ”を与え別れたのでした。

    ※おやつ等は飼い主さんに了解は得ておりますのでご安心下さい。


                                      野上 耕一
 

 

 

 

 

 
2009.07.07 Tue l チーたん l top
本日香川県にあります、ドルフィンセンター・しろとり動物園に行ってきました。

今日は前日から雨の予報で天候が心配されましたが、昼頃から雲も晴れ、

研修日和となりました。

まず訪れたのはさぬき市にあるドルフィンセンター。

IMG_0045_convert_20090706195200.jpg


ここでは3頭のイルカとともにえさやり、トレーナー体験、ドルフィンスイムなど

様々な体験ができます。

もちろん見学だけでもそばでイルカを見て、触ることができます。

呼ぶと声を聞きつけて近くに寄ってきます。

IMG_0062_convert_20090706195614.jpg


トレーナー体験をした学生たちによる素晴らしいジャンプも見れました。

IMG_0077_convert_20090706200420.jpg


実際イルカと一緒になって泳ぐドルフィンスイムも学生たちにとっては

とても貴重な経験となったことでしょう。

IMG_0090_convert_20090706200650.jpg


そして次に訪れたのは東かがわ市にあるしろとり動物園。

ここの動物たちは多くのテレビ・CMに出ており、とても有名な動物園です。

一通り園内を見学し、えさやりの体験も行いました。

犬たちのショーを見たり、子サルを触ったり、トラの子どもを散歩させたり、

ここでも貴重な体験ができました。

IMG_0115_convert_20090706200935.jpg

IMG_0117_convert_20090706201134.jpg

最後に全員で記念写真。

IMG_0120_convert_20090706201448.jpg


一年生にとっては学外での初めての研修でしたが、とても充実した1日と

なりました。また来年も研修を行っていきたいと思います。

砂川
2009.07.06 Mon l 日記 l top
  
  チーたん

  彼の行動範囲は狭く、すこぶる分かりやすい。

  安心だ。

  チーたんは犬の様に、私達の足運びに合わせて歩いてくれる。

  が、時折踏みそうになることも。

  ある日、前方から大きな犬がやってきた時の彼の行動は非常に奇天烈であった。

  急に背中を丸め、全身の毛を逆立て、牙を出しワンコを見つめ威嚇。

  その時の彼は勿論、私の足の陰。

  犬が立ち去ると、威風堂々”どうだ!”と言わんばかりに私達を先導しはじめた。

  まるで、私達を守ったかの様な振る舞いだ。

  その後、別れの地点で彼とのスキンシップの一連の儀式を終えると

  私達同様どこか寂しげな表情を醸しながら私達を見送ってくれる

  チーたんでした。

  つづく

                                    野上 耕一

  PS:ラポピぃ  はフランスの片田舎の地名
                            一度調べてみては?

  

  

  
2009.07.06 Mon l チーたん l top
ラポピィがブレーメンの仲間入りして二日

今のところ疲れやストレスによる体調の変化もなく

食欲も旺盛で元気です

lapo_01.jpg

現在ラポピィの体重は6.75kg

体長39cm 体高38cm

※体長とは胸骨端(胸の骨の出っ張り)から坐骨端(お尻の骨の出っ張り)までの長さ
体高とはキ甲(肩の骨の出っ張り)から足下までの長さ
プードルは体長と体高が等しい体型が理想とされています

これからラポピィの成長日記を定期的にブログで紹介していきたいと思います

                              豊実
2009.07.04 Sat l ラポピィの成長記 l top
 チーたん

 ひょんな事で顔見知りになった”チーたん”

 彼はカストレートされた2歳の赤毛のバイカラーの猫である。

 チーたんの行動は非常に面白く、たびたび驚かされ時に感動を与えてくれる。

 今から1か月ほど前。

 いつもの様に南小松島駅を降り、いつもの様に迎えにきてくれている家内と

 いつもの道を家路に向い、いつもの様に小松島高校の角を曲がったのだが、

 どちらからともなく二人して違う道に足を運んだその時が、私達との出会いであった。

 つづく

                                        野上 耕一


 

 
2009.07.04 Sat l 日記 l top
はじめまして、ラポピです。

200907031851000_convert_20090703193433.jpg


今日ブレーメンに新しい仲間が増えました。

スタンダードプードルのメスです。

初日の今日は環境が変わり、体調が心配されましたが、とても元気で

みんなを安心させました。

ビスキーとポピンはといいますと、はじめは警戒していた様子でしたが、

しばらくたって覗いてみると、3匹一緒に寝ていました。

200907031855000_convert_20090703193614.jpg


体は大きいですが、まだまだ子犬でよく後について歩いてきます。

やっぱりさみしいのでしょうか。

これからはブレーメンの学生たちと一緒に愛情豊かにラポピを育てていきたいと

思います。

愛嬌があって、人懐っこいラポピをみなさんどうぞよろしくお願いします!

200907031850000_convert_20090703193734.jpg


砂川
2009.07.03 Fri l 未分類 l top
こんばんわ。

今回も引き続きNZ報告をしていきたいと思います。

苦いコーヒーを飲み終え他のブースを見学して回っていると待ち合わせの

時間が近づいてきました。急いで待ち合わせの広場までいきました。

少し待っていると荷物を担いだヒギンス夫妻が到着しました。この後

この広場でフリースタイル(ドッグダンス)のイベントが見えるそうなので

カメラを構え待っておりました。雨脚が強くなり中止かな?と思っていたのですが

犬をつれた女性が現れました。少し待っていると音楽が鳴り演技が始まりました。

3頭の犬で行っていたのですが、飛び技、移動系のトリックを多く見る事ができ

とても勉強になりました。


P1000636_convert_20090709083133.jpg


その後再度フリータイムとなり食事をとる事にしました。

とにかく雨宿りしようと思い建物の中へ入りましたが、食事所は無く建物の周りを散策

する事にしました。建物に隣接しテントが張ってありその中で食事をとる事ができました。

テント内ではスズキのユニフォームを着たチアガールが踊っておりました。

P1000641_convert_20090709083648.jpg


食事を済まし元の広場へ戻ってきたのですが、そこでは和太鼓の演奏を聞く事が出来ました。

全員外国人で「セイヤー」や「ワッショイ」と気合を入れていましたが・・とても変な感じでした。

P1000640_convert_20090709083442.jpg


ヒギンス夫妻と合流後、大型の農業機械のエリアへ移動しました。その途中でラマに出会う事が

出来ました。近づいたら唾を吐きかけられるとの事でしたので近くへは行けませんでしたが

そのブースではラマの毛でセーターやマフラーなどの日用品を作っているようでした。

サンプルが置いてあり触ってみましたが、ラマの毛は羊よりも柔らかく高級品だそうです。

大型の機械エリアで驚いた事はNZでは日本で買えば300万円くらいはするであろう

大型のトラクターが60万円くらいで販売していると言う事でした。他にもバギーバイクや

用途が分からない機械などが沢山展示してありました。

その後帰宅し食卓にてパンとスープを出されました。

ベーコンとカボチャのコンソメスープ風だったのですが、醤油が恋しく思いました。

その後は農場の管理、犬のエクセサイズ(散歩)などをし過ごしてきました。

最終日前日の夕暮れ、農場の作業が終わり散歩をしました。

この日は雨が止んでおり夕日が、言葉では言い表すことが出来ないくらい美しく思いました

のでこの写真で感じてほしいと思います。

P1000668_convert_20090709084255.jpg

P1000663_convert_20090709084127.jpg



ついに最終日がやってきました。正午にケンブリッジのバス停まで送って行ってくれる

予定だったので車に荷物を積み込みました。積み込みが終わったところで学生が

最終日前夜に考えたスピーチを披露したところ、とても喜んでくれていました。

私も恥ずかしながら目頭が熱くなりました。

初めは不安と緊張で言葉が全然出てこなかったですが、日を重ねる事に打ち解け

お互いの気持ちを通わすことが出来ました。ヒギンス夫妻の人柄の良さが

打ち解けるきっかけを作ってくれたのだと思います。

今後の学生でファームステイに興味のある子がいるのであれば是非もう一度行って

再会を果たしたい!そう心から思える充実した5日間でありました。

次回はオークランドをレポートしたいとおもいます。

                                        鈴木







2009.07.01 Wed l 未分類 l top