FC2ブログ
  何事も、愛情をもって

           野上 耕一

P1010865.jpg
スポンサーサイト
2010.03.31 Wed l ペット l top
午後からロンドン市内の観光に向かったブレーメン一行

まず最初に向かった場所は『キングス・クロス駅』
目的は移動の為ではなく、観光です
P1010552.jpg

何故に駅??と思われる人もいるでしょう
『キング・クロス駅』と聞いてピンときた人もたくさんいるでしょう

キング・クロス駅の9と3/4番線は「ハリーポッター」で主人公ハリーが
ホグワーツ魔法魔術学校へ旅立った場所
学生のなかにもハリーポッターのファンは多く、実際に見る映画と同じ駅の風景
そして9と3/4番線に大興奮
感激で泣いている学生も・・・

さすが世界的な大ヒット作品と言うこともあり多くの観光客が訪れていました
写真撮影の順番を待ち、ファンの学生は個々の写真
そしてみんなで記念撮影
P1010549.jpg


興奮冷めやらぬまま
次に向かったのはテムズ川、そこに架かる美しい跳開橋『タワーブリッジ』
P1010559.jpg

少し離れた場所から見るタワーブリッジは周りの風景と見事に調和し
エレガントなヨーロッパのイメージそのまま
P1010574.jpg

観光客も非常に多く、世界的な名所としての人気がうかがえました

to be continued
                豊実
2010.03.31 Wed l 海外 l top
 何事も尻ごみせず

 先ず練習

       野上 耕一

P1010839.jpg
2010.03.30 Tue l ペット l top
こんばんは。

今日は本日美容に来てくれました。富田様のリンちゃんを

ピックアップしたいと思います。

りんちゃんは、とても人が好きで私が近寄っていくと

尻尾をブンブンと振りながら遊んで欲しそうに

私の方を見ていました。少し遊ぶとテンションが上がって

しまって少しお腹を見せてゴロンと寝転がります。

とても明るく元気なワンちゃんです。

P1010977_convert_20100329182435.jpg

ニヤッと微笑む表情をしますがタイミングが合わず

撮影する事が出来ませんでした。

次回こそは撮影したいと思います。

またのご来校お待ちしています。

                             鈴木


2010.03.29 Mon l 笑う犬・猫&おもしろ写真 l top
こんにちは、講師の砂川です。

今日もたくさんのワンちゃんが美容に来られていました。

その中でも特に目に付いたのは、後藤田様のワンちゃん「クロミちゃん」。

とっても愛嬌のあるワンちゃんで、どんな人でも嬉しそうに寄ってきます。

美容が終わって飼い主さんのお迎えを待つクロミちゃんでしたが、

ふっと見るとなんだか座り方がおかしい・・・!?

IMG_1863_convert_20100330062718.jpg

まるでお姉さん座りをしているかのように後ろ足を横に投げ出している姿に

みんな笑ってしまいました。

ワンちゃんが人間のようなしぐさや格好をすると思わず楽しくなりますよね。

またおもしろ写真があれば報告します。

2010.03.29 Mon l 日記 l top
 食べたい時に食べ

 寝たい時に寝る

 これが脳への報酬

         野上 耕一

P1010588.jpg
2010.03.29 Mon l ペット l top
ロンドンで朝の気持ちの良い散歩を終えた後

学生たちと共に向かったのは『大英博物館 The British Museum』
P1010506.jpg

大英博物館はホテルから何と徒歩5分ほどの場所にあり出発してすぐに到着
開館直後に訪れましたがすでに沢山の人が訪れていました
世界最大規模の博物館ながら入館料は無料なこともあり
外国人観光客から地元の小学生の課外授業まで多くの人々に利用されているようです

美術品や書籍のほかに、考古学的な遺物・標本・硬貨やオルゴールなどの工芸品
世界各地の民族誌資料まで、案内図を見ながらでもとてつもない広さ
とても1日ですべて見て回れる数ではありません
P1010517.jpg
有名なミイラロゼッタストーンなど
絶対に見ておきたかった展示物はしかりチェック

紀元前に作られた品や建造物が未だに美しい状態で保存されており
歴史の深さと人間の技術の素晴らしさに感動を覚えました
P1010523.jpg

2時間ほどの短い時間でしたが、学生たちもご満悦
まだ見れていない所はぜひ次の機会に!

午後からはロンドン市内の観光に出かけます
そこで見た光景は映画やテレビ、写真でしか出会ったことのないものばかり
全員大興奮でした

to be continued
                豊実
2010.03.28 Sun l 海外 l top
  ちゃんと見てくれている事と

  褒められる事が

  この上のない喜び

             野上 耕一

P1010562.jpg
2010.03.28 Sun l ペット l top
週末、幼馴染の結婚式に招待され新しい人生の門出を祝ってきました。

その帰り道のことです、マンションのバイク置き場で可愛く丸まって

いる猫を見つけました。

最近は街で可愛い猫を見かけることが多くなりました。

100327_215402_convert_20100328110039.jpg

親友の幸せな姿に、こちらも幸せをいただいたような

そんな暖かい気持ちの中、この猫ちゃんのゆるーい空気にも癒された

そんな一日でした。

幸せとは、どんなところに落ちているのか分からないものですが、

一番大切なのは自分自身の心の豊かさではないでしょうか?


                           永峰
2010.03.28 Sun l 日記 l top
  ”なんで”が一杯の人生ていいなぁ


               野上 耕一

P1010485.jpg
2010.03.27 Sat l ペット l top
こんばんわ。

この前学校の花壇に植わっている

ラベンダーのお話をしました。

私は毎日学校の花壇を観察していまが

先日ふと見るとラベンダーに引き続き

バラも蕾が大きくなりつつあります。

花をつけるのはもう少し先ですが

今後もバラの成長をレポートしたいと思います。

花の息吹を感じると もう春だな

と思います。近頃は気温の変動が著しい

ですが桜もちらほら花を咲かせ始めています。

また休日に麦とお花見に行って来たいと思います。

またご報告します。



P1010952_convert_20100327010258.jpg

                            鈴木
2010.03.27 Sat l 日記 l top
昨日、ブレーメンに初めての海外留学生、李宜儒さん(台湾出身)がやってきました

李さんは昨年11月に数日間だけ学校に来たことがあったのですが

それをきっかけにブレーメンで本格的に勉強がしたいとのことで

今回の正式留学に至りました

2010032519590000.jpg
お友達と一緒に来日した李さん(左)

遠い外国から学びにくるその姿勢は

他の学生にとっても大きな刺激となるはずです

2年間は長いようで短いですが

たくさんの事を吸収してもらいたいと思います

                豊実
2010.03.26 Fri l 学生 l top


   DOG の逆は GOD

   うん????

             野上 耕一
2010.03.26 Fri l ペット l top
BremenWeeklyWanko&NyankoNo.39

今日紹介するのは、ポメラニアンの「ダイキチくん」。

IMG_1862_convert_20100325231434.jpg

長かった被毛を刈りこみ、柴犬風のカットになりました。

最近ではポメラニアンを飼っている方がこのように短い柴犬風にしてほしいと

いう希望が多くなっています。

長いままなら女の子みたいにかわいらしいイメージのポメラニアンですが、

こうして短くしてみるとボーイッシュで元気良さが感じられます。

こうしてカットだけでもその子の表情がいろいろ変って見えます。

みなさんが飼ってるワンちゃんもイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか。

ダイキチくんも何か言いたげな表情です。

「さっぱりした!」とでも言っているのでしょうか。

ダイキチくん、また美容に来てくださいね。待ってます。

砂川

2010.03.25 Thu l Bremen Weekly Wanko & Nyanko l top
  気持いいなぁ

        野上 耕一

CA390958_convert_20081025015439.jpg
2010.03.25 Thu l ペット l top
近所で飼われている猫ちゃん。

私は「シロ、クロ」と見たまま呼んでいますが

雨が降る寒い中、仲良く重なりあって眠っていました。

100321_112318_convert_20100324231119.jpg

気分が沈む天気の中見つけた、ほのぼのした風景です。


                         永峰
2010.03.24 Wed l 日記 l top
  楽しいなぁ

       野上 耕一

CA390929_convert_20081025015359.jpg
2010.03.24 Wed l ペット l top
ロンドンで朝の散歩

ホテルから徒歩2~3分ほどにある広場
ef1_8.jpg

朝早くということもあり、人通りは少ないですが
ワンちゃんを連れて朝のお散歩をしている人たちを見かけました

聞けばみなさんお友達どおしで朝集まり
園内にあるカフェでモーニングコーヒーを飲みながら談笑するのが日課だそうです
もちろんワンちゃん達も一緒にくつろぎながら
ef1_9.jpg

どのワンちゃんも非常にマナーが良く
人なつっこくでホントに可愛いかったです
ef1_10.jpg

広場内にはたくさんの木々が植えられていますが
ふと木を登っていく小さな生き物が・・・
よ~く見てみるとリスが枝からこちらの様子をうかがっていました
街中にある広場でリスに出会えるとは
ef1_11.jpg

大都市である首都ロンドンにおいても
人と動物たちがとても身近に感じられる環境
イギリスという国の素晴らしさを垣間見た時間でした


ほどなく学生たちから「何これ!?」との声
見に行ってみると正義のヒーローばりの彼が・・・
ef1_12.jpg
彼の名は「eco thunder kid(エコサンダーキッド)」
よく見ると作られている素材は「ゴミ袋」や「ジュース瓶のキャップ」など
つまりゴミで作られた人形でした
調べてみるとCO2削減など環境問題を訴える為に作成されたヒーロー像だそうです

ef1_13.jpg
学生たちも彼と一緒に記念撮影

素敵な出会い、そして楽しい発見が満載の朝でした

to be continued
                豊実
2010.03.24 Wed l 海外 l top
昨日徳島県動物愛護センターで開催された

介助犬のシンポジウムに参加してきました。

学生も参加者を募り12名も参加しました。

13:00から受付が始まり13:30からシンポジウム

がスタートしました。日本介助犬協会の高柳先生の

講義が始まりました。現在、盲導犬の実働頭数が約1000頭

に対して介助犬は50頭しか居ない現状だそうです。

ユーザーさんにとって介助犬の存在は大きく、精神面での

大きな支えになっています。

その後に神戸に住んでいる介助犬ユーザーさんの

体験談とデモンストレーションが行われました。

P1010961_convert_20100323182715.jpg

携帯電話を探してユーザーさんに持って行ってる所です。

落とした鍵を拾ったり、上着を脱すなどをしていました。

P1010964_convert_20100323182818.jpg

今後もこのような機会があれば是非参加して

様々な事を吸収していきたいと思います。

                        鈴木
2010.03.23 Tue l 日記 l top
   迷惑より心配をかけてはいけない。


                野上 耕一

IMG_2620.jpg
2010.03.23 Tue l ペット l top
20日は学校の終業式。

最後の授業をしっかりと終え、1年間の締めくくりとなりました。

この1年、入学式から始まり球技大会、ドルフィンセンター・動物園研修、

アスティやそごうでのイベント、文化祭、ライセンス試験・・・などたくさんの

行事を行いました。

入学したときよりもずいぶん大人になり、成長したように思います。

来年度からは先輩として新入生の支えになり、きっと今以上に大きく

成長してくれると信じています。

これからのあなたたちに期待しています。

IMG_1841_convert_20100322223630.jpg

砂川
2010.03.22 Mon l 日記 l top
旅は2日目

イギリスで初めて迎える朝は6時頃に起床し
まずはイギリスで過ごすための様々なチェック
外国で困るのは言葉はもちろん計算のややこしい「お金」です
イギリスは未だにユーロを導入せずポンドとペンス(100ペンス=1ポンド)が標準通貨
ef1_2.jpg

¥に換算していくらか、税金だチップだと何かと複雑です
さらにイギリスの物価はとにかく高い!
日常生活にかかるお金は日本の倍くらいの感覚を持ちました

大まかな準備とホテルでの朝食をすませ、朝の散歩に出かけました
ややひんやりとしていますがそれほど寒くなく
乾燥していて気持ちの良い空気

歴史を感じさせる建物
何もかもが新鮮で別世界の不思議な感覚に囚われます
ef1_7.jpg

道路を走る車は日本で見る外車がゴロゴロ(あたりまえですが・・)
イギリスは日本と同じ左側通行なので違和感はなし
目を引いたのは2階建てバス
ef1_6.jpg
イギリスではバス(Bus)という単語は一般的に2階建てを差し
日本で言う標準的な1階建てのバスはコーチ (Coach)と呼ぶそうです

ロンドンの街並みを眺めながら
ホテルのすぐ近くにある広場へと足は向かいました
そこで待っていたのはたくさんの素敵な出会いと発見でした

to be continued
                豊実
2010.03.22 Mon l 海外 l top
  上を見てもきりがない

  下を見てもきりがない

  自分と向き合うことが大切

              野上 耕一

hawai5.jpg
2010.03.22 Mon l ペット l top
先日、出掛け先でふとコンビニに立ち寄った時のことです。

段ボール箱を積み上げている物陰からなにやらガサガサ

音がします。

気になって近づくと

100319_095156_convert_20100322084748.jpg

ニャー、と可愛い声とともにネコちゃんが現れました。

最初は段ボール箱が暖かくて寝床にしているのかと思いましたが

あきらかに首輪とリードが、コンビニの店員さんに聞くと

迷い込んだ猫をスタッフ全員で飼っているとの事です。

本当に可愛がられているのでしょう、人が近寄ると

「早く触ってー」といわんばかりに体をクネクネさせています。

こういう風景を見ると、ついつい笑顔がほころんでしまいます。


                        永峰
2010.03.22 Mon l ペット l top
最初の入国地であるイギリス
まず空港内で各自入国審査を受けます
イギリスの入国審査は厳しいらしく、細かな質問を受けることもあると言われていました
ただ日本人は比較的信頼されているので
「滞在期間は?」→「4days」と「入国の目的は?」「Holiday(sightseeing)」
を答えておけば大丈夫だと聞き、学生たちも比較的楽観して向かいました

ところが・・・

私が審査を受けている隣の審査ブースから
「先生!助けて!」と聞き覚えのある声が・・・
何を質問されたのか半ばパニックになった学生からのヘルプ

隣の審査官と私の審査官から合同質問攻撃の始まりです
「あいつはおまえの生徒か?」→「彼は私の教え子です」
「この後の行動はどうなっている」→「4日間イギリスに滞在してパリへ、そして帰国する」
「何の科目を教えているんだ?」→「グルーミングです」
「観光だけじゃなく勉強に来たのか?」→「そうです!クラフト展を見に来ました」
「クラフトへ来たのか、どこの街で行われるか知ってるのか?」→「バーミンガム!」
「チケットは持っているのか?」→「・・・チケットは会場で・・」

なかなか通してもらえず
しかも審査官の表情は徐々にニヤニヤした顔に
こちらが必死に聞いて答えているのを楽しんでるかのような・・・

ようやく解放され、晴れて全員無事にイギリスへ入国
移動の疲れとダブルパンチで疲労はピーク
滞在先のホテル「ROYAL HOTEL NATIONAL」に到着したのは現地時間で夜10時頃
日本を発ってからは18時間ほどが経過していました
ef1_5.jpg

その夜は泥のように眠る、はずだったのですが
これまたあるハプニングで私は床に毛布を敷いて眠るはめになりました
その話はまたいずれ・・・

長~い旅の初日がようやく終了です

to be continued
                豊実


2010.03.21 Sun l 海外 l top
034_convert_20100322001206.jpg


いつも癒しという名の愛をくれているので、お返しにアップルパイを作りました。(もちろん、ワンコ用)

まず始めに、りんごは水(200cc)とはちみつ(大さじ1)を入れて煮るだけ。
079_convert_20100322000911.jpg

次に、パイ生地です。
①・・・ボウルにふるった薄力粉(120g)とバター(20g)を入れ、カードやナイフなどで切り込んでバターが細かくなったら、指先でつぶしながらサラサラになるまで混ぜる。
②・・ ①がやっとひとつにまとまるまで水を少しずつ(50cc)加えていく。
③・・ ②をビニール袋に入れ、(袋の真ん中あたりに入れておく)冷蔵庫で30分ねかせる。
④・・ ③をのし棒を使ってビニール袋の上から3mmくらいの厚さの円形にのし、パイ皿に敷く。(この時、少し生地を残しておく。厚さ3mmの棒状を10本ほど使い、網状にする。)
⑤・・④を 170℃に温めたオーブンで20~25分焼く。
⑥・・⑤を取り出し、その中にはちみつ煮のりんごを敷き詰め、網状にした生地を上にかぶせて、もう1度オーブンで20分焼く。

080_convert_20100322001037.jpg

こんな感じに出来ました!
私も一緒に食べましたが・・・あまり甘くなく、少し物足りないって感じでした。
ワンコ達は、凄い勢いで完食!!    

また違うオヤツを作った時は、ココで紹介したいと思います。

                                        大栗
2010.03.21 Sun l 手作りオヤツ l top
 沈思熟考から生まれるものと、そうでないもの

                    野上 耕一

IMG_1899.jpg


 
2010.03.21 Sun l ペット l top
こんばんわ。

本日は谷口様の『ラブちゃん、さくらちゃん、はなちゃん

ライムちゃん、シュンちゃん』を紹介したいと思います。

美容中もお利口さんにしており、人が大好きなのか

学生が近づいていくと尻尾を振って近寄ってきます。

5頭とも中が良く常に一緒におりました。

黒いプードルの中に1頭白いワンちゃんが混じっています。

とても誇らしげな様子です。

谷口様有り難うございました。

またのご来校をお待ちしています。

P1010958_convert_20100320185129.jpg

                               鈴木

2010.03.20 Sat l Bremen Weekly Wanko & Nyanko l top
2010年3月11日から18日まで
ブレーメンの学生12名と引率の私は
イギリスとフランスへ研修旅行に行ってきました

目的は世界2大ドッグショーの一つ「クラフト」の見学と
海外の文化に触れ見聞を広めること
大半の学生たちは今回が初の海外体験となりました

最初に向かう目的地はイギリス
関西国際空港よりエールフランスAF291便にて
まずは経由地であるフランス・パリへと出発
ef1_1.jpg

関空からパリまで距離にしてほぼ1万キロメートル
地球一周のほぼ4分の1を約13時間かけてフライトすることになります

半日以上を飛行機の中で過ごすわけですから
学生たちも映画を楽しんだり、窓から見える風景
食べ物、飲み物をいただきながら
上空1万メートルの旅を楽しんでいました

下の写真はシベリア上空より撮影したもの
広大な大地、そして厳しい極寒の地であることがうかがえます
ef1_3.jpg

長い長いフライト時間を終え、シャルル・ド・ゴール国際空港へと到着
学生たちは疲れと初めての海外の雰囲気に戸惑いの表情を浮かべていました
なかには「帰りたい・・・」ともらす学生も・・・(汗)
まだ旅は始まったばかりですよ!
ef1_4.jpg

パリを経由し、いよいよイギリス・ロンドンへ
パリからロンドンのヒースロー空港までは1時間30分ほどのフライト
関空~パリとは違い、あっという間に到着しました

到着後、まずはイギリスの入国審査を受けたのですが
ここで少しのハプニングが・・・

to be continued...
                豊実
2010.03.20 Sat l 海外 l top

   無責任であるが

   他人事で考える人は強い

             野上 耕一

IMG_1877.jpg
2010.03.20 Sat l ペット l top