FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
徳島県動物愛護管理センターにて「動物ふれあいフェスタ」が開催されました

2011_4_29_5.jpg

学校としての参加もすっかり恒例となり

今年は学生も非常に多くが参加

お天気が良かったこともあり、たくさんの方にご来場いただきました
2011_4_29_6.jpg

ブレーメンの学生が担当するのは

グルーミング(お手入れ)教室、しつけ相談

そして各種イベントのスタッフ等

2011_4_29_3.jpg
グルーミング教室では爪切り・ブラッシングなどを行いました

家庭でやろうと思ってもワンちゃんが嫌がり

なかなか行えないんですね

2011_4_29_4.jpg
しつけ相談コーナーでは問題行動の原因と修正方法などを

ドッグトレーニング担当の学生がお話しています

2011_4_29_2.jpg
中央広場ではディスクドッグのデモンストレーションが行われていましたが

2年生の津川さんも挑戦! なかなかのスローでしたよ

2011_4_29_7.jpg
ふれあいコーナーやお散歩体験ではサポートスタッフとして

一般の方の方にやさしく手ほどき

2011_4_29_1.jpg
3時間ほどのイベント時間でしたが、ブースは最初から最後まで

人の列が途切れることはありませんでした


2年生は先輩として自分の担当をしっかりこなし

1年生は初めての参加でしたが積極的に行動し、勉強しようという姿勢が伺えました


愛護センターのイベントはまた秋にも開催されます

次回はさらにたくさんの方に参加していただけるよう

そして不幸な動物達が少しでも減るよう

動物愛護活動に貢献していきたいと思います


                            教務担当 豊實

スポンサーサイト
2011.04.30 Sat l 学校イベント l top
こんばんは。

先日校外授業も兼ねて近隣の公園へ出かけました。

1年生は初めての校外授業という事もあり少し緊張しています。

2年生は私の授業で何度か行った事があり出かける準備(ハイター、新聞など)

も手際よくできスムーズに出発する事が出来ました。

110420_1044+01_convert_20110429041935.jpg

公園に到着し、少しワンちゃんの休憩を挟んでいると・・・・

近くの保育所の子供達でしょうか?『触らせてもらってもいいですか?』っと先生が声をかけてくれました。

子供達は大きいワンちゃん達が沢山いるので少し距離を取り恐る恐ると触ります

110420_1046+02_convert_20110429041951.jpg

少し時間が経過すると早くも慣れたのか、ワンちゃんとの距離が近づいてきました。

子供達の順応性には驚かされます。

飼い主や、その周りの人意外にも抵抗無く触らせる事が出来る、これも家庭犬にとって

大切な要因となります。

学生達にとってもコミニュケーション能力を養う良い機会かと思います。

恥ずかしがり屋な学生もいますが、今後少しでも積極的に他人とコミニュケーションを

とれるように指導していきたいと思います。

                        トレーニング担当 鈴木




2011.04.29 Fri l トレーニング授業風景 l top
こんにちは。

今日はモデル犬・猫の接客風景を載せたいと思います。

ブレーメンでは学生が接客の練習を兼ねて

美容やトレーニングを始める前に

飼い主様から今日はどのような内容で行うか

前回の時のことを踏まえてお聞きしていきます

P1010616_convert_20110427191253.jpg

美容であれば仕上がりのイメージはどうするのか

体・足・耳・尾の長さをどれくらい切るのか

詳細をしっかり聞きながら美容カードに書いていきます。

そして、お伺いするの中で大切なのが年齢と体調。

美容はワンちゃんにとって負担がかかるもの。

高齢、持病を持っているワンちゃん・ネコちゃんは

特に気をつけながら作業しなければいけません。
P1010613_convert_20110427191440.jpg
最後はちゃんと聞けているか先生にチェックしてもらいます。

P1010612_convert_20110427191649.jpg
まだまだ不慣れな様子は見て取れますが

早く一人前になろうと一生懸命頑張る姿が嬉しいですね


                                 助手 森


2011.04.28 Thu l 日記 l top
こんにちは!  今日は犬と猫の感情表現についてお伝えします。

猫は犬と違って人間に対して、自分からじゃれついたり長い時間いっしょに遊んだりはしません。
元々、猫は単独で生活していた為、たとえ飼い主であっても必要以上に接触することは好まないのです。

それが感情表現にも表れています。


我が家のワンコ達の中の1頭・・・パースです。
029_convert_20110427110513.jpg

何だかとっても嬉しそうでしょ?


それに比べ・・・
024_convert_20110411234138.jpg

ゆきさん・・・
何枚も写真を撮ってもこの顔で、あまり表情を変える事はありません。


これ以外でも、犬と猫では沢山の違いがあります。
それらを少しづつですが、お伝えしていこうと思っています。

                                   猫担当  大栗




2011.04.27 Wed l 犬と猫の生活 l top
今日は1年生の全体授業としては

初めてのグルーミング実習でした

最初に行うのは基本中の基本であるブラッシング・コーミング

そして爪切りです
P1050290.jpg

先日、学科授業という形で作業内容や方法、注意事項などは十分行い

皆頭の中ではイメージが出来ていたかもしれません

しかし聞くことと実際に行うことでは大違い

特に爪切りはワンちゃんの非常に嫌がる作業のひとつ

思い通りにいかずに悪戦苦闘の連続です

P1050291.jpg

最初ですので複数人でグループを作り

それぞれのサポートをしながら作業をしていきますが

それでも暴れる犬のコントロールは大変です

なるべく犬には負担をかけずに

かつ自分が作業しやすい体制を作る


生き物を相手にするには知識も大事ですが

実際に動物とふれあい、経験を積むことこそが何より大切だと実感したはずです

モデルのワンちゃんも少~しお疲れ気味でした
P1050293.jpg

今日は全然ダメだった・・・と思った学生の諸君

まったく心配はいりませんよ

これからいくらでも実習時間はありますからね

P1050294.jpg

焦らず一歩一歩進めば必ず上達します

積み重ねこそ何より大切です

                         教務担当 豊實


2011.04.26 Tue l 授業風景 l top
先日、懐かしい顔が学校へ顔を出してくれましたので紹介したいと思います。

2年前の卒業生、富田千沙さん(左)と佐野未来さん(右)です。

110423_150732_convert_20110423200853.jpg

2人とも流石はブレーメンの卒業生、顔を合わせるなり気持ちの良い挨拶を

してくれます。

久しぶりに実習室に入った二人は後輩の様子を見つめながら、自分達の

学生時代を思い出していたようです。

卒業した後も一緒に遊んだりしているという話しを聞くとこちらまで嬉しく

なってきます。

 二人とも、これからも仲良く、そしてまた学校に顔を出して下さいね。



                                トリミング担当 永峰
2011.04.25 Mon l 卒業生 l top
こんにちは。

今日は猫好きの学生を紹介したいと思います。

上から二年生の坂口さん
P1010590_convert_20110422200536.jpg

関本さん
P1010591_convert_20110422200722.jpg

岡さんです
P1010596_convert_20110422200908.jpg

なかでも岡さんは無類の猫好き。

美容に来たら真っ先に担当として入ります。


猫ちゃんのお手入れ内容は

爪切り、シャンプー、ドライングと基本的には犬と変わりありません

しかし猫ちゃんは興奮してしまうと作業が難しくなるため

なるべく刺激を与えずに進めます。


この3人は流石に慣れた手つきで美容をこなしています。

今後はさらに経験を重ねて

ネコのグルーミングマスターを目指して欲しいと思います。

                         助手 森

2011.04.24 Sun l 日記 l top
こんにちは。

今日は金曜日に行っているトレーニングの一部をご紹介します。

今行っているのは、アジリティー競技の中の「トンネル」という種目です。  

名前の通り筒状の輪の中を、潜り抜ける種目です。

この種目は一見簡単なようにも見えますが、中からでは外の様子が伺えず

怯えて中に入れない事や、途中で引き返してきたりしてしまう事がよくあります。

なのでまずはトンネルを縮めて、「筒」ではなく「輪」の状態から慣れさせていきます。
P1000510_convert_2011042218.jpg

それが出来るようになったら次からは、徐々に筒状にしていきます。

そして出口付近から犬を呼び「長さ」に慣らすのです。

しかし、中々思い通りには行かないのがトレーニングなのです。

慣れてないのに距離を長くしてしまうと、呼んでも来なかったり

中を通らずこちらに来てしまったりするのです。

P1000498_convert_20110422183053.jpg

しかしそれも少しの期間で修正する事ができ、慣れてくればまるで

通り道のようにすんなり通り抜けることが出来ます。

そしてそのことを犬が理解したら、後は出て来た時に誉める。

それだけで犬は「トンネル」を覚えて、指示だけで

すぐ入って行く様になります。

P1000473_convert_20110422175426.jpg

普段の生活の中で「トンネル」をする事は非常に少ないと思いますが

これはゲージに犬を入れる「ハウストレーニング」にも

活用できるので、皆さんも是非試してみてはいかがでしょうか。

2011.04.23 Sat l 未分類 l top
こんにちは!    今日は面白い物を見つけたので、ここで紹介したいと思います。


                035_convert_20110422011658.jpg
                102_convert_20110422011839.jpg




Thou shalt not jump onto the keyboard when thy human is on the modem
汝、人間がモデムを使っているときに、キーボードに飛び乗るなかれ。

Thou shalt not pull the phone cord out of the back of the modem.
汝、モデムの後ろ側にある電話線を抜くことなかれ。

Thou shalt not unroll all of the toilet paper off the roll.
汝、トイレットペーペーを引っ張り、ロールをむき出しにすることなかれ。

Thou shalt not sit in front of the television or monitor as thou are transparent.
汝、透明ではない為、テレビあるいはモニターの前に座ることなかれ。

Thou shalt not projectile vomit from the top of the refrigerator.
汝、冷蔵庫の上に、吐き戻す事なかれ。

Thou shalt not walk in on a dinner party and commence licking thy butt.
汝、ディナーパーティーのときに現われ、顔を洗い始めることなかれ。

Thou shalt not lie down with thy butt in thy human's face.    
汝、人間の顔・頭の上に横たわる事なかれ。

Thou shalt not leap from great heights onto thy human's genital region.
汝、人間の股間に飛びつくことなかれ。

Fast as thou are, thou cannot run through closed doors.   
汝、急ぐ事なかれ、速く走ろうとも、閉まったドアを通り抜けることはできまい。

Thou shalt not reset thy human's alarm clock by walking on it.
汝、人間の目覚まし時計の上を踏んで、タイマーをリセットすることなかれ。

Thou shalt not climb on the garbage can with the hinged lid, as thou wilt fall in and trap thyself.
汝、摘みのあるごみ箱の蓋に乗るなかれ、なぜなら自ら落ちてはまってしまうからである。

Thou shalt not jump onto the toilet seat just as thy human is sitting down.
汝、人間が、まさに腰掛けんとするときに、トイレの便座に飛び乗る事なかれ。

Thou shalt not jump onto thy sleeping human's bladder at 4a.m.
汝、眠っている人間の、午前四時の膀胱の真上に飛び乗ることなかれ。

Thou shalt realize that the house is not a prison from which to escape at any opportunity.
汝、いかなる状況でも、家は、逃げ出す刑務所ではないことを悟るべし。

Thou shalt not trip thy humans even if they are walking too slow.
汝、人間がいかに歩みがのろくとも、飛び掛かる事なかれ。

Thou shalt not push open the bathroom door when there are guests in thy house.
汝、客人が入っているときは、トイレのドアを押し開ける事なかれ。

Thou shalt remember that thou are a carnivore and hat houseplants are not meat.
汝、肉食動物であること、植物は肉ではないことを忘れる事なかれ。

Thou shalt show remorse when being scolded.
汝、叱られたときには、反省の心を示すべし。


                       *Author Unknown*
                       * 著者不詳 *



これは猫の十戒と言う物で、犬の十戒の猫バージョンです。
なぜか・・・10ではなく、18なのですが・・・。

猫を飼っている方には良くわかると思います。
しかし!私が思うに・・・猫に対して言いたい事はもっともっとありますが、かわいいから・・・許そう!!

本当に自由だね~。


では・・・また次回をお楽しみに!
                                猫担当 大栗
2011.04.22 Fri l 犬と猫の生活 l top
本校の卒業生・在校生はドッグトレーニング、訓練士の

道を志す学生も少なくありません

在学中や卒業後にしつけや訓練の先生のものとで学び

それぞれの分野で大会・競技会に出場することもあります

今回非常に嬉しいニュースがありましたのでご紹介させてもらいます


特進科に在籍中の服部龍一君は、警察犬訓練士の元でも勉強しています

そして先日、警察犬訓練競技会(臭気判別)に指導手として出場し、見事優勝しました

hattori_pd.jpg
※写真は昨年の競技会(追及)で受賞した時のものです


それぞれに進む道はあれど、結果を残すということは非常に難しいことです

だからこそ素晴らしい結果を残した時は周りからの人が

惜しみない賞賛を送ってあげるべきだと思います


これからの彼の活躍がさらに楽しみになってきました

2011.04.21 Thu l 日記 l top
小梅の子供たちも生後2週間がたちました

そろそろ目が開き始めてもよい時期ですが

今はまだこのような感じです
P1050263_convert_20110420172259.jpg

3頭の子犬はすべてオス

体重は出産直後が130g・130g・104gだったのが

2週間後の今では402g・374g・275gと順調に成長しています

特に↑写真の長男の成長ぶりは凄まじく、一晩明けるごとに

一回りずつ大きくなっている気がします

一人でズリズリ這い回ることも・・・

P1050275_convert_20110420172449.jpg
これから目が開き、3~4週頃から視覚も発達してきます

元気一杯はもちろん嬉しいことですが

何をしでかすか、ますます目が離せなくなりそうです

                                    動物看護担当 豊實
2011.04.20 Wed l おてんば娘の日々 l top
今日は美容に来てくれた松葉様(ぽんちゃん)を

紹介したいとおもいます。

ぽんちゃんはとても人なつっこく美容中も人が通るたび

尻尾をブンブン。学生にも人気ポメラニアンです。

テーブルの下につないでいる時も学生が触ろうと近づくと

ゴロ~~~~ンとお腹を見せてくれます。

P1010404_convert_20110418170847.jpg

いろんな方向から触ろうとしてもお腹を見せてくれます。

P1010402_convert_20110418170252.jpg


放課後も触ろうとしたのですが疲れたのか「もういいでしょ」と

言わんばかりにこちらを見つめていました。

P1010401_convert_20110418165813.jpg


ポンちゃんお疲れ様。

次回美容来たときはどんなことをしてくれるのか楽しみにしています。

                          アシスタント森

2011.04.19 Tue l 日記 l top
日増しに暖かくなり、すっかり春の陽気に慣れてきましたね。

まだ風は少し冷たいものの、初夏の陽気といわれるほど暖かい日も

ありましたが、ふと「今年の桜を見ていない」という事に気付きました。

せっかくなので景色の良い所でお花見を楽しもうと思い

眉山まで足を伸ばしました。

110414_142854_convert_20110418003109.jpg

徳島が一望出来る景色は、相変わらず壮観なものです。

しかし、残念ながら多くの桜の木はすでに新芽が芽生えており

満開の桜を見ることは出来ないな、と半ばあきらめかけていたところ

110414_143727_convert_20110418003140.jpg

まだまだ小さい子供の木ですが、しっかり満開の花を湛えている桜に出会いました。

110414_142954_convert_20110418003126.jpg

ライトアップされた夜桜も非常に美しいものですが、やはり美しい自然の中で

こうして眺める桜が一番美しいのではないでしょうか。

しっかり春を満喫した一日でした。


                           トリミング担当 永峰
2011.04.18 Mon l 日記 l top
こんにちは!
本日も猫についてお話します。

本日のお題は・・・居場所についてです。

昔・・・猫は犬と違って、群れを作らず単独で生活してきました。
その名残りが今も有り、どうも騒がしい所は好まないようです。

我が家でも、リビングで家族や犬(3頭)と過ごしていてもチョビ君やゆきさんは知らん顔。

誰も居ないベッドでのびのび~!
189_convert_20110416173239.jpg


そこへ邪魔(犬)が入ると、プイっとどこかへ・・・。


次は誰も居なくなったリビングへ。
094_convert_20110416172733.jpg


昼間は太陽が射していて、とても気持ちよさそう。


特にチョビ君は寒がりで、いつも暖かい所を探しています。

ところがある日・・・チョビ君のお気に入りの場所が一つなくなりました。

それは、テレビの上!

テレビの上って猫にとってみれば、まるでパラダイス!
暖かいし、邪魔は入らないし・・・。

今までのテレビの上って、けっこう広かったのですが・・・。
今や薄くなって、とても登れるものじゃありません。


未だにテレビを見上げては、恨めしそうに「ンナ~~~」と鳴いています。

そのうち、自分のお気に入りの場所をまた探し出すことでしょう。


それでは、次回もお楽しみに~!
                                 猫担当  大栗




2011.04.17 Sun l 犬と猫の生活 l top
今年度初めての特別教養講座

今回の講師は医師の勝瀬烈先生です

2011_4_12_RC-bremen3.jpg

勝瀬先生は精神科医で、この日も人のメンタル面に関する内容の授業を

行っていただきました

受講学生は新入生、この特別教養授業はもちろん初めてでしたので

普段とまったく違う内容に最初は少し戸惑い気味でしたが

徐々に慣れたようです
2011_4_12_RC-bremen2.jpg

少し難しい内容もあったようですが、人によって心理がどのように働くのか

今まで考えたことのない分野でよい勉強になったと思います。

2011_4_12_RC-bremen.jpg

                   教務担当 豊実
2011.04.16 Sat l 授業風景 l top
こんばんは。

新学期が始まり初めての1,2年生合同のトレーニング授業を行いました。

まだ入学して間もない1年生、初めての2年生と行うトレーニングの授業に緊張気味・・・

トレーニングの授業では初めと終わりに床の掃除を行います。

私が教室へ行くと2年生が率先して1年生に掃除の仕方を教えておりました。

『上級生としての自覚が出てきたな』っと感心した出来事でした。

1年生も2年生の指導のもと丁寧に床の掃き掃除、拭き掃除を行っており

気持ちよく授業を始める事ができました。

今回は初めての合同授業と言う事もあり初めに、私を含め1,2年生の親睦を深める意味を込めて

自己紹介を行いました。1年生は上級生を前にして緊張もあり上手く喋る事が出来ませんでしたが

もう少しお互いが慣れてきた頃に、人前で喋る練習をしていきたいと思います。

tore_4_13_1.jpg

自己紹介の後は写真のように休憩時間をかねて

1、2年生のグループに分け個々でワンちゃんと触れ合う

トレーニングの話を聞く、などのフリータイムを設けました。

tore_4_13_2.jpg

雑談も交えながら徐々に1年生た達も少し慣れた様子で

上級生の連れてきているワンちゃんと触れ合ったり

トレーニングの話を真剣に聞いたりして

よいコミュニケーションの場になったようです。

真剣な授業の時間はもちろん大事ですが

自由に話せる休憩時間も大切ですね


                        トレーニング担当 鈴木
2011.04.15 Fri l 授業風景 l top
こんにちは。今日は二階(トリミング実習室)での授業風景を載せたいと思います。

P1010570_convert_20110414155805.jpg


今日は選択授業の日で1年生の何名かは先行して初めての実習形式授業。

まず永峰先生から実習の際の注意事項やこれから行う内容についての説明

まずは基本ですから消毒方法など大事な話ばかり。

一年生も熱心に聞きメモを取っています。

P1010565_convert_20110414161003.jpg

ん?

ビッちゃんがカメラ目線でこっちを見ています。

一緒に話を聞きながら周りを観察しているんでしょうかね?


これまで数え切れないほど学生の成長を見てきたビスキー

今年の新入生の成長も楽しみにしているのでしょうね。
            
                      アシスタント森
2011.04.14 Thu l 日記 l top
本日は久しぶりに卒業生の紹介をしようと思います。

島 諒也君です。
DSCN1540_convert_20110412192717.jpg


卒業してからもう5年、一人前のトリマーとしてとくしまペットハウスさんで

お世話になっています。

在学中から明るく熱心だった彼はA級ライセンスまで取得しています。

ちょうどこの時期はライセンスの更新手続きなどがあり、よく卒業生が顔を

出してくれます。

ありがたい事に仕事も大変充実している様で、頑張っている姿に感動!

現在はショップの古株としてブレーメンの後輩達の教育係も兼任してくれている

様です。

時と共に人は大きく成長するものだなぁ、とつくづく感じました。

これからも仕事を頑張りつつ、後輩立ちの面倒もよろしくお願いします。


                           トリミング担当 永峰
2011.04.13 Wed l 卒業生 l top

 今日卒業生の愛ちゃんから電話があった。

 在学中は手こずった学生であったが、彼女は諦めることなく

 無事卒業を迎えることができた。その日共に涙したのもいい思い出である。

 彼女は卒業後神戸で就職し、今は広島に住んでいる。

 彼女も今では3人の子持ち。

 私が病気した時に心配して電話をくれた時より

 人を包み込む、安心感を与える母の声に変わっていた。

 彼女の声から”幸せ”が感じられ、非常に嬉しく思った。


 彼女の幸を願う。

                 野上

 

 

 
 
 
 
2011.04.12 Tue l 日記 l top
今日も猫についてお伝えしようと思います。

本日は匂いについてです。

219_convert_20110411234405.jpg

いつも仲良しのチョビ君とゆきさん!


024_convert_20110411234138.jpg

ゆきさんですが・・・長毛なので、毎年暑くなる6月頃に短くしてしまいます。

ただ短くするのは面白くない!ってな訳で・・・。

110_convert_20110411234251.jpg

こんなになっちゃいました~。


この仲良しな2匹ですが・・・美容後は必ず犬猿の仲と言っていいぐらい仲が悪くなります。

どちらか一方を美容すると、美容していない方が「シャー!!」と威嚇。
美容している方は訳が分からない様子でとても悲しそう・・・。

また、両方一緒に美容すると・・・お互いが誰だか分かっていない様子で両方共が威嚇をし合います。

そんな状況が2~3日続きますが、それ以降はまたいつもの仲良しに戻ります。


その原因は、シャンプーにありました。
シャンプーをするとその猫の匂いが消えてしまい、誰だか分からなくなってしまうのです。

いつも見慣れている!と言うより、匂い慣れている!と言った感じでしょうか?


それではまた次回もお楽しみに~!


                              猫担当  大栗

2011.04.12 Tue l 犬と猫の生活 l top
日曜日、最後に桜を見に家から離れた昭和町の公園へ。

そして公園に着くとあちらこちらで花見をする人達が。

もう花見も終わりなんだなぁと思いながら、桜を

見ていると珍しい桜が一本。

前回も桜を載せましたが今回も載せたいと思います。

珍しい桜というがこれ↓↓↓↓↓

P1000216_convert_20110410185511.jpg


緑色の桜『鬱金桜』です。

とても綺麗ですが、他の桜とは違い小さく葉と同じ色をしている為

遠くから見るとあまり目立だたないのが残念です。

P1000228_convert_20110410190021.jpg


あちこちで緑色の桜は見れないと思うのでぜひ最後に見に行って下さい。

                         アシスタント 森
2011.04.11 Mon l 日記 l top
先日のブログで報告させていただきました

妊娠していた小梅(トイプードル・3歳・黒)が無事に出産しました

予定日より4日早かったのですが

かかりつけの動物病院で出産前のレントゲン検診を受けたその日の夜

午後7時過ぎに少し様子がおかしいことに気づき

あらかじめ用意していた出産用の箱へ


産気づいてから10分少々で1頭目の子犬を出産

ume_shussan01.jpg

1頭目から5分ほどで2頭目

それから約1時間半ほどのインターバルがありましたが

無事に最後の3頭目を出産

ume_shussan02.jpg

初産の時もそうでしたが驚くほどの安産でした

小梅の母親ペコリもそうですが

非常に安産型の家系なんでしょうね

ume_shussan03.jpg
何ともスッキリした表情でこちらを見つめる小梅

よくがんばってくれました

ume_shussan04.jpg

ただいま生後5日目

このまま3頭とも元気に成長してくれることを祈ります


                      動物看護担当 豊實
2011.04.10 Sun l 雑学 l top
本日で、いよいよヨーロッパ研修の報告も最後となります。

ヨーロッパ滞在最終日は、前回のブログでもお知らせしたとおり

前日にぐるーり一周したローマ市内の観光地の内部とまだ行っていない

観光地を見て周りました。
DSCN1475_convert_20110408182121.jpg

まずはこちら。「トレヴィの泉」です。
DSCN1465_convert_20110408182009.jpg

ホテルで貰った観光マップがかなり大雑把だった為、見つけるのに苦労しました。

トレヴィの泉に背を向け、後ろ向きの状態でコインを投げ入れると願いが叶う・・

そんな言い伝えを信じて全員で、せーの ポーイ。
DSCN1468_convert_20110408182045.jpg

1枚投げると再びこの場所に帰ってくる、2枚だと恋人と永遠に一緒にいられる

3枚だと恋人や夫・妻と別れられる。という言い伝えがありますが

さて、学生達は何枚なげたのでしょうね?

次に向かったのは、バチカン市国。

まずは朝から長蛇の列に並んで、バチカン博物館へ。
DSCN1495_convert_20110408182239.jpg

ここにはご存知システィーナ礼拝堂があり、ミケランジェロの描いた

「最後の審判」を鑑賞することが出来ます。

残念ながら撮影は不可、怖ーい監視員の人達が見張っています。

しかし、最後の審判だけでなく礼拝堂へ続く通路の全てに深い感銘を受けました。
DSCN1496_convert_20110408182313.jpg

DSCN1498_convert_20110408182750.jpg

そしてシスティーナ礼拝堂を抜け、サンピエトロ大聖堂へたどり着きます。
DSCN1503_convert_20110408182828.jpg

こうやって丁寧に丁寧に何度も補修をしながら昔からの形を保っているのですね。

DSCN1507_convert_20110408182906.jpg
どうですかこの広さ。流石は大聖堂といった感じですね。

無宗教国といわれる我々日本人でも、この独特で幻想的雰囲気には

なんだか心があらわれる様でした。

さぁ、歴史的な建造物なども沢山見ることが出来たヨーロッパ研修でしたが、

後は帰国するだけ。と思っていた矢先、こんな風景が見られました。
DSCN1538_convert_20110408182958.jpg

ちょうどイタリア建国150周年、ということで記念のパレードだそうです。

しかし、あれ??イタリア共和国の建国って1946年・・・

計算が合わないので添乗員の方が地元の方に聞いたところ

「んーー?イタリアだからね」だそうです。

最後の最後までイタリアを感じた研修旅行でした。


                                 永峰



2011.04.09 Sat l 学校イベント l top
本日も猫について、お伝えしようと思います。

あ・・・でも、今日は猫に限らず犬にも当てはまる事かも・・・。

今、私はある観察をしています。

それは、ある日ふと気付いたのですが・・・。

まずはこの写真
009_convert_20110406224450.jpg

左目に注目して下さい。
なんとも痛々しい・・・。

このチョビなんですが、いつも左目の下に傷を負っています。
顔を洗う(猫が顔を奇麗にしている)時に付いている傷なのです。

爪の切り方が悪いのかとも考えましたが、爪の切り方を変えても同じでした。
そこで思いついたのが、チョビは右利きなのでは?

左・・・下手!!

まだまだ観察途中なので、何とも言えませんが・・・。

我が家の猫や犬だけでなく、たくさんの猫や犬を観察しようと思います。

ネコパンチを出すのは、左右どちらの手の割合が高いか・・・など。
また結果報告をしたいと思いますので、お楽しみに!


                                   猫担当  大栗
2011.04.08 Fri l 犬と猫の生活 l top
あちらこちらで桜が咲き始め、入学式の季節到来を感じさせます。

私の自宅近くの桜は早くも満開間近。

P1000238_convert_20110406194229.jpg


晴れ晴れとした天気に照らされて輝く桜も好きですが

夜桜は日中と違う可憐なイメージがありとても綺麗です。
P1000188_convert_20110406193923.jpg


花びらが散るのが早く、すぐに葉っぱだけになってしますのが残念です。

しかしその短期間だけの美しさが桜の魅力の一つかも知れませんね。


これからお花見の本格的なシーズン

ほんの少しの美しさを皆さんもお楽しみ下さい。

                    アシスタント 森
2011.04.07 Thu l 日記 l top
毎年恒例の“これ”届きました
baloon1.jpg
独立開業等している卒業生を中心に活動している『ブレーメン倶楽部』より

今年の新入生に向けたお祝いのバルーン電報

baloon2.jpg

新入生の皆さん

先輩方も期待していますよ


とはいえ最初からあまりプレッシャーを感じるのも大変ですから

少~し肩の力は抜きつつ頑張っていきましょう!

                    教務担当 豊實
2011.04.06 Wed l 日記 l top
本日、平成23年度の入学式が執り行われました。

天候も快晴に恵まれ、新入生達の表情がより一層輝いて見えました。

司会の槇野さん、緊張しながらも堂々と大役をこなしてくれました。
DSCN1546_convert_20110405122852.jpg

豊實先生による開式の辞。
DSCN1588_convert_20110405123839.jpg

その宣言を皮切りに式が進行されていきます。

先ずは野上学長による、新入生の入学許可、そして祝辞。
DSCN1551_convert_20110405122933.jpg

一言一言聞くごとに、新入生の表情もドンドン引き締まっていきます。
DSCN1576_convert_20110405123547.jpg

きっと自身の中で目標がドンドン形となって見えているのでしょう。

そして、いつも弊校学生の現場研修や就職で支援して下さっている

各企業の方々も出席して下さり、新入生に向け祝辞をいただきました。

DSCN1554_convert_20110405123007.jpg
アースバイオケミカル常務取締役 青木様

DSCN1556_convert_20110405123406.jpg
Biペットランド社長 岩崎様

DSCN1562_convert_20110405123441.jpg
貴志商店代表取締役 貴志様

DSCN1569_convert_20110405123515.jpg
アナウンスグループガイド代表 平木様

DSCN1577_convert_20110405123621.jpg
ペットサロン ローズサマンサ店長 永木様

DSCN1578_convert_20110405123654.jpg
ペットショップ 犬床屋店長 松村様

皆様から業界の現状やどのような知識と技術、そして人間性を養ったらよいかなど

多くの経験から得られた大変参考になるお話しも沢山いただくことが出来ました。

新入生だけでなく、在校生にとっても今後の自分達の方向性を具体的に考える為の

きっかけになったのではないでしょうか。

DSCN1580_convert_20110405123730.jpg

そして、その在校生を代表して暮石くんより

歓迎の言葉が述べられました。

この日の為に色々考え、何度も練習しのでしょう。素晴らしい歓迎の挨拶でした。

その挨拶に答える様に、次は新入生を代表して堀内くんより誓いの言葉が述べられました。

先生方や先輩、同級生のことさえよく知らないこの時期に皆の前で発表するというのは

本当に緊張したでしょう。しかし、本当に堂々と誓いの言葉を述べてくれました。
DSCN1586_convert_20110405123805.jpg

そして全ての式典が終了し、ようやく緊張から解き放たれた顔からは

緊張と、これからの学生生活に向けての決意がしっかりと伝わってきました。

さぁ、いよいよ新しい生活のスタートです。皆頑張っていきましょう!!

 
2011.04.05 Tue l 学校イベント l top
皆さんこんにちは。ヨーロッパ研修も半分を終了し、今回からはイタリアの

様子をお届けします。

まず始めに、イタリア入りして驚いたのは道路事情です。

空港からホテルまでタクシーで移動したのですが、道中なんど「危ない!」

と思ったことか。路面電車を無視して車が前を走っていたり、車線のほとんどを

路上駐車の車が占領していたり、と日本では考えられない景色が広がっていました。

DSCN1434_convert_20110403235507.jpg
この縦列駐車している車はどうやってでるのでしょうか?

DSCN1435_convert_20110403235607.jpg
答えはぶつけて出る。ナンバープレートもこんな感じです。

しかし、そんな事に驚いていては観光もまともに出来ません。

気持ちを切り替えて市内観光に出発です。

まず最初は「ローマの休日」でも有名なスペイン広場へ。
DSCN1412_convert_20110403235352.jpg
あいにくの天気でほとんど観光者の姿は見られません、

そのお陰で?といって良いのか遠慮なく見学出来ました。

次も映画「グラディエイター」などで有名なコロッセオへ。
DSCN1417_convert_20110403235420.jpg

朽ち果ててしまった部分も多いですが、当時はここに45,000人もの市民を収容できた

そうです。これだけのものを人の手だけで造り、現在までその形を留めているというのは

本当に驚くべき事です。
DSCN1521_convert_20110403235915.jpg
DSCN1523_convert_20110403235952.jpg
この迷路のような物は柱の役目をしており、当時はこの上に闘技場がありました。

そして捕らえられた囚人達がこの迷路のようなところで自分の出番を待っていたのです。

次の写真はサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の外壁に造られた

「真実の口」です。最初に紹介したスペイン広場同様、ローマの休日でも

舞台として使われた有名な観光地です。

記念写真も専属のカメラマンが撮ってくれますよ。
DSCN1426_convert_20110403235443.jpg

そして最後はイタリアの中にある世界最小の国「ヴァチカン市国」へ
DSCN1443_convert_20110403235639.jpg

少し分かりにくいですが、写真中央にある囲い。これがヴァチカンとイタリアの

国境です。普通に歩いているといつの間にか国境を越えてしまいます。
DSCN1445_convert_20110403235715.jpg

皆さんもご存知の通りこのヴァチカンにはローマ法王の

御座所であるサンピエトロ大聖堂があり、世界中のカトリック信者が集まる

総本山ともいえる場所です。

その内部の様子は次回のブログでご紹介したいと思います。

いよいよ次回でヨーロッパ研修報告も最後となります。

お楽しみに。

DSCN1513_convert_20110403235757.jpg
DSCN1514_convert_20110403235826.jpg


                                    永峰
2011.04.04 Mon l 学校イベント l top
桜もそろそろ咲きはじめ、気温もだんだん暖かくなり

ようやく春を感じられるようになりました。

「春眠暁を覚えず」まさにこの季節に合う言葉です。

暖かく心地良いのかワンちゃん達もウトウト

美容中に眠ってしまうワンちゃんも多々います。
P1010410_convert_20110401200049.jpg
ホントに気持ちよさそうですね~



寝顔を見ているとなんだか私にも眠気が移りそうです。

ムニャムニャの季節本番

これからもいろいろなワンちゃんの寝顔を撮りたいと思います。
P1010408_convert_20110401195834.jpg

                        美容担当アシスタント 森
2011.04.03 Sun l 日記 l top
こんばんは、本日も猫についてお伝えします。
本日は猫のトイレについて。


猫のトイレです。  この中には砂が入っています。
001_convert_20110331145742.jpg

猫は排尿や排便のあと、排泄物を砂で隠します。
何度も臭いを確かめながら・・・。
それはなぜでしょう?

猫は元々、単独で生活をしていました。
体の小さな猫は、自分より体の大きな敵に食べられないようにと自分の存在を隠す必要があったのです。
1番に目立つのがこの排泄物でした。そこで、排泄物を砂で覆い隠すようになったのです。


犬と違って、猫のトイレトレーニングがあまり必要ないのは・・・いい事ですね。



ちょっと・・・失礼!
007_convert_20110331145904.jpg
この真剣な顔。    何を考えているのやら。


また次回もお楽しみに~。
                            猫担当  大栗
2011.04.02 Sat l 犬と猫の生活 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。