FC2ブログ
こんばんは!  今日こそは猫の事を!!

本日のお題は・・・ヒゲです。  前に読んだ~!って言われそうですが、実は前足の手首関節の後ろ側にある小さな肉球の上側にあるヒゲについてです。

__ねこ

少し見えにくいかもしれませんが、ここにもヒゲがあるのです。

そのヒゲの働きは・・・。


高い所にジャンプした時に、瞬時にその場所の広さなどを測る働きがあると言われています。

ジャンプした先の広さを把握する事で、次の行動を決めています。
極端に狭い場合は飛び越えるしかありませんものね。


高い所へ登って落ちることのないよう、このヒゲもカットすることはしません。

本校では、こういった事もしっかりと勉強をします。その他、猫の美容の仕方についても勉強します。



ではまた次回・・・。
                              猫担当 大栗
スポンサーサイト
2011.05.31 Tue l 犬と猫の生活 l top
この春社会へ巣立った卒業生が来校

動物看護師の尾形さん(写真中央)とJA職員の坂東さん(写真右)です
P1050401.jpg
忙しい中近況を報告に来てくれました


一目見て二人とも学生の頃とはよい意味で顔つきが変わっており

卒業からわずかの時間しか経っていませんが

社会人として頑張っている様が見て取れました

でも同期生の矢野さん(A級生・写真左)と再開すると

学生の時の笑顔に戻り、さながらプチ同窓会になっていました

また元気な顔を見せにいつでも来てくださいね

                      教務担当 豊實


尾形さんが抱いている猫(リンゴちゃん)は昨年国道の真ん中で転がっていた子猫

今は幸せに尾形さんのもとで生活しています

こちらも久しぶりの再会で嬉しかったです。
2011.05.30 Mon l 卒業生 l top
こんにちは。まずはこの写真をご覧ください。

DVC00031.jpg


よ~~く見てください。おなかが膨れているのがお解り

ですか??

そう中には赤ちゃんがいます。今回繁殖についてお話します。

ハムスターの繁殖は比較的簡単にでき、平均4~8匹程度出産します。

さらに、時期・温度・餌なども繁殖に影響します。基本的には、いつでも

繁殖できますが楽に子どもが育てれる春や秋の時期がベストです。

夏・冬は温度管理にまで気をつけなくてはならなくなってしまうからです。

生まれたら飼い主が世話をする必要はなく餌や水の交換以外は見守る

ようにするだけです。

あとは任せておき2~3週間はそっと観察するだけにしてください 。

ちなみにこの写真はおよそ生後2週間ぐらいの写真です。


DVC00057.jpg



                          助手 森
2011.05.29 Sun l 日記 l top
皆さんこんにちは!
見事な飛びっぷりでしょ!?
見にくいとは思いますがこれ、トンネルから出て
すぐハードルになっているんです。
P1010949_convert_20110527173443.jpg
しかも前回までと違い、リードもないし
学生も側にいませんよね!
これが完成系です。
学生が指示を出して、犬が自分の判断で行動する。
自分の判断で行動出来るから、犬も楽しく訓練が出来る。

P1010950_convert_20110527173626.jpg

そして2枚目の写真。
スピード感溢れるこの感じ!
「地面にワンタッチしてすぐジャンプ」というのを
理解できているので、これだけアグレッシブに
行動できるのです!
しかしここまでリズムよく飛ぶには
犬に「自信」をつけさせる事と、指示を出す「タイミング」が
非常に重要なのです。

そしてこの1ヶ月間、学生たちは1つ1つの動作から
指示のタイミング・犬が飛びやすいハードル間の距離!
その全てを把握したからこそ、この3枚です。↓

P1010951_convert_20110527173708.jpg

1・2・3枚の写真を見てもらったらわかるように、
1・2・3♪とリズミカルに飛んでいます。
リズムがいいと犬の気分も乗ってきて
さらに早く・さらに高く走ったり飛んだり出来るようになります。


トンネル競技・ハードル競技については
今回でひとまず終わりにして、次回からは
違うアジリティー競技を勉強しようと思いますので
次回を期待してお待ち下さい!!
2011.05.28 Sat l 未分類 l top
皆さんこんにちわ。

本日はイキナリですが、下の写真を見てください。

100418_132013_convert_20110526203308.jpg

はい、このモップのような動物の様な不思議な生き物はなんでしょうか??

実はれっきとした犬種で、この状態がこの犬種本来のスタイルなんです。

犬種名は「プーリー」。人間でいうところのドレッドヘアの様な毛質の持ち主です。

この犬を見ると、学生達は必ず「この犬って、手入れ必要ないんですか??」

と聞いてきます。

いえいえ、決してそんなことはありませんよ、少しテクニックが必要ですが

体を衛生的に保つ為グルーミングは絶対に必要です。

なかなかこういった犬種の美容まで教えてくれる学校は少ないのですが

ブレーメンの学生はラッキーですね。

飼育頭数の多い犬種だけでなく珍しい犬種や猫も勉強出来るのですから。


                           トリミング担当 永峰
2011.05.27 Fri l 犬種図鑑 l top
こんばんは。

前にもワンちゃんの洋服の記事を書かせていただきましたが

今回は槇野さんが早速ニューモデルを作ってきてくれていましたので

ご紹介したいと思います。

写真のワンちゃんは2年生枋谷さんのワンちゃん『モコちゃん』です。

とても可愛らしい洋服を着ていますが、冒頭でもお話したように

2年生の槇野さんがモコちゃんの為に作ってきたそうですよ。
110525_1251+02_convert_20110527170434.jpg


髪の毛を束ねるシュシュと洋服の生地が同じで槇野さんのセンスが光ります。

前回の道着と同様に手が込んでおり、今回の作品はレースもついています。
110525_1251+01_convert_20110527170415.jpg


とてもクオリティが高く、市販の洋服と見間違えるくらいです。

次回作が楽しみです。

                              鈴木
2011.05.26 Thu l 日記 l top
ブレーメンの卒業生たちで組織されている「ブレーメン倶楽部」

1~2ヶ月に一度、県外でお店を経営する卒業生も学校に集まり

新しい機器や技術の講習会を開いたり

様々なアイデアを出し合い情報交換をするなど精力的に活動しています
P1050387.jpg

P1050388.jpg
昨夜はマイクロバブルとオゾンシャワーについての講習会が開かれ

それぞれの専門業者さんを招き、効果などを実演・解説

P1050389.jpg

P1050393.jpg

講習会は夜の10時頃まで行われていました

仕事を終えてから駆けつけた人も多いのですが

疲れ一つ見せずにどん欲に学ぼうとする姿勢

本当に頭が下がりますね

飽くなき向上心と探求心

これこそが人を成長させる何より大切な要素なんだとあらためて感じました

                         教務担当  豊實
2011.05.25 Wed l 卒業生 l top
こんばんは!

最近はお天気が良いと凄く暑くて・・・夏?と思わせるくらいですね。
これからの時期、耳が垂れているワンちゃんは特に耳の病気に注意が必要です。

暑くて湿気が多いと、耳の中もムレています。
な、なんと! 耳の中は細菌などが繁殖しやすい環境になってしまうのです。怖いです・・・。

そこで我が家では、たま~に風通しみたいな事をしてあげています。


015_convert_20110523222717.jpg

前から見ると、こんな感じ・・・あまり分かりませんね。


014_convert_20110523222413.jpg

横から見ると・・・こんな感じです。


耳をひっくり返して軽く止めています。

通気性バツグンでもあり、おやつなどを与える時に邪魔にならないといった利点があります。
(耳の毛も一緒に食べてしまう事があるのです)

だからと言って、ゴムなどでずっと縛っておくような事はしないでくださいね。
特にきつく止めるのは・・・。
耳にも血管が通っていますので、きつく縛ったままにしておくと耳が壊疽してしまいます。
あくまでも、軽~く短時間で!!

ワンちゃんにとって耳は大切な五感の一つです。
日頃のちょっとした工夫で病気予防に繋がってきますので、またここで紹介していきたいと思います。


あぁ!! 猫担当なのに・・・。  次回は猫の事を・・・。  
では、次回をお楽しみに!                 猫担当  大栗


2011.05.24 Tue l 犬と猫の生活 l top
こんにちは。今回はブラッシングの大切さについて

お話したいと思います。

ブラッシングにはさまざまなメリットがあります。

ブラッシングをすることによって、被毛に艶を出したり
  
汚れや埃、抜け毛など取りもつれを防いだり、血行を良くし
 
新陳代謝を促したりします。
  
逆にブラッシングを怠るとどうなるか

写真をお見せしたいと思います。

ご覧下さい。

P1010679_convert_20110522123421.jpg


毛玉になっているのがおわかりでしょうか。

さらに皮膚が赤くなっています。

P1010680_convert_20110522123639.jpg


ブラッシングを怠るとこのように毛玉が出来たり

その中で炎症が起き皮膚疾患の原因になります。

特にプードル、マルチーズのような抜け毛の少ないワンちゃんが

毛玉が出来やすいので週に一度でもいいので定期的にブラッシングを

行って下さい。

               助手 森
                
2011.05.23 Mon l 日記 l top
こんにちは。皆さんは小さい頃「泥だんご」を作ったり

チューリップやヒマワリを植えたりしたことありますか?

ほとんどの方が子供の頃は土を触ったことがあると思います。

しかし、大人になるにつれ、そういった土に触る機会がドンドン減っている

と思います。

先日テレビで、土を触ることは五感を刺激する意味でもとても良いことだ、と

いっていました。また最近人気のガーデニングなどは土を触るだけでなく

動物と同じ様に植物を育てることでリラックスした時間や癒しを与えてくれる

そうです。

そんな話しを聞いて、我が家でもまだまだ規模は小さいですが家庭菜園を

初めてみました。

110522_120216_convert_20110522121438.jpg

プランターで育てているので、菜園とはほど遠いかもしれませんが

これから少しずつ増やしていきたいと思います。

ちなみに上の写真、何を育てているか分かりますか?

110522_120149_convert_20110522121417.jpg

まだまだ青いですが、プチトマトです。

実際に育ててみると、小さい実が膨らんで行く姿を見るのが

本当に楽しいです。

植物を育てることも、動物を育てることも、命を育むとう意味では

全く同じ事ですよね。

これからも、家庭菜園を続けていく中で、新しい発見があれば

またお伝えしようと思います。


                           トリミング担当 永峰
2011.05.22 Sun l 日記 l top
こんばんは。

今回は『噛み癖を緩和していく』の商品をご紹介したいと思います。

110520_1752+01_convert_20110521012833.jpg

上記の写真はビターアップル(スプレータイプ)という商品です。

使い方としては、良く噛む場所(物)にサッと1プッシュします。

ワンちゃんが噛む→苦い→噛む回数が減る。

と言う風に何度か繰り返す内にドンドンその場所(物)を噛むという行動が減ってきます。

注意点としましては、スプレータイプの場合、気発してしまいますので

効果が数十分~数時間しか保たない点です。

そのような場合は、ジュエルタイプ、液状タイプを使用してみてください。

また効果がハッキリ出るワンちゃん、出ないワンちゃんがいます。

ビターアップル効果ないです。という方は前記より強力なビターオレンジという商品もありますので

そちらをお試しください。

繰り返し使用しないと、噛んだら苦い という関連性が生まれませんので

効果時間を目安に根気良く使ってみてくださいね。

                                鈴木

2011.05.21 Sat l 日記 l top
皆さんこんにちは。
今日は前々回ご説明した「トンネル」のその後を
お伝えします。

トンネル競技の最後でお伝えした通り
「輪」を「筒」にしてさらに、90度屈折にまでしました。
皆しっかり練習を積みついにここまできました!

意気揚々と「ハウス」のコマンド(指示)でトンネルに
向かったのですが・・・


P1000599_convert_20110520192614.jpg

はい!
中で止まっちゃいました!
なので飼い主の学生がトンネルに入って
呼んでいる状況です。
でもこれ、以外にあることなのです。
と・言うより少し段階が早かっただけなのです。





理想はこちら↓
P1000605_convert_20110520193142.jpg
ハウスのコマンドと共にハンドラーが出口へ向かって
犬が出てくる頃には、ゴールで待っていて
誉めてあげる!
そうすれば犬も「ここは怖くない!行ったら誉めてもらえる!!」
となり、次からも簡単に入っていくのです。

最初の写真で出て来れなかったワンちゃんは
その後ちゃんと出てこれるようになりましたが
それは次回、もっと理想的になってから
お見せいたします。




2011.05.20 Fri l 未分類 l top
徳島市総合動植物公園での遠足レポート第2回です

この日はお天気よかったのですが、風が適度にあり

暑すぎない程度で非常に過ごしやすい気候
P1050373.jpg
動物たちも適温で気持ちよさそうにたたずんでいました


動物に慣れているブレーメンの学生でも

こういった場所でしかなかなか出会うことの出来ない動物を見みると大はしゃぎ
P1050366.jpg

一つの場所に長時間釘付けで写真を撮っている学生も多数
P1050374.jpg


こちらは総合公園になりますので動物園以外にも植物園や遊園地が併設され

いろんな場所でいろんな風景を楽しみながら休憩やお昼がとれます
P1050384.jpg

普段の集中した勉強の時間とは異なり

みんな何とものんびりした雰囲気で、日々の疲れを癒していたようです
P1050380.jpg

P1050379.jpg

今回の遠足でよく知っていたはずの動物についての新たな生態や

初めて実際に見た動物についての知識など

楽しむだけでなくよい勉強となったはずです


                            教務担当 豊實
2011.05.19 Thu l 学校イベント l top
こんにちは、今日は肉球についてです。

011_convert_20110518085340.jpg

猫の肉球!

触ったこと・・・あります?

触った事のない方・・・ぜひオススメします。 かなり・・・気持ちの良い感触です。
小さい子供がこの肉球を触りながら眠ってしまうってよく聞きますが・・・うんうん!! わかります!


この肉球の表面は厚く丈夫な皮膚で覆われていますが、触ると内部はとてもやわらかいのです。
これは内部に弾力性のある繊維や脂肪が豊富にある皮下組織があるからなのです。

肉球は足のクッションの役割りをしています。

だからでしょうね、激しい運動をしても足裏が傷付きにくいとか足音をたてずに歩くのは。


屋外で暮らしている猫の方が室内で暮らしている猫に比べて、肉球は若干ですが硬いです。
また、年をとっている猫のほうが少し硬くなっています。


ここで注意!!

このぷにぷにの肉球・・・ガサガサになったりひび割れしたりすると、何らかのウイルス性の病気であったり自己免疫疾患になってる可能性大です。

お家で飼っている猫ちゃんの肉球を観察してあげて下さい。

それでは・・・また次回をお楽しみに。
                                猫担当 大栗
2011.05.18 Wed l 犬と猫の生活 l top
本日、遠足で徳島市総合動植物公園を訪れました。

ブレーメンの学生以外にも保育園、幼稚園などの団体客もいて

園内は平日と思えないほどの賑やかなでした。

P1010734_convert_20110517190845.jpg


学生達は入場する前からハイテンションで

行動開始の合図と共に学生は急ぎ足で入って行き、

私が入場したときにはもう学生の姿はありませんでした。

園内を散策していると早速はしゃいでいる一年生を発見。

どうやらキリンが目の前に来ていたので大はしゃぎしていたようです。

中には触ろうと必死で手を伸ばしている学生もいました。

P1010849_convert_20110517192134.jpg


1時半からは小動物と触れ合えれる体験があり、早くも

学生が集まっていました。

P1010854_convert_20110517192351.jpg


今回は残念ながらモルモットのみでしたが皆触ったのが初めてでとても大喜びでした。

P1010857_convert_20110517192813.jpg


残りの時間は皆でおしゃべりをしたりお土産をみたり

と満喫していました。

P1010869_convert_20110517193237.jpg

P1010870_convert_20110517193430.jpg


皆さん1日お疲れさま。ゆっくり休んで明日も元気に学校に来てくださいね。

今回紹介しきれなかった写真は次回掲載したいと思います。


                           助手 森


2011.05.17 Tue l 日記 l top
先日、このような嬉しいお知らせが写真と共に届きました。


前回2匹のシャンプー、ありがとうございました。

1匹は三重県の里親さんの元に行きました。

三重県の里親さんからのメールと写真を添付しますのでシャンプーしてくださった

生徒さん達に見せてあげてください。

以下里親の方からもメール
「無事に家に着いて落ち着きました。予想通りのいい子です。うちのジャックは

少しおこっていますが慣れてくれるでしょう。

女の子ですがロッキーです。女の子同士うまくやっていけそうです。

最初は緊張していましたが少し慣れてきて、存在感があります」

20101102.jpg

実はこのわんちゃん、個人で犬を保護されている方からの依頼を受け

学校で美容した子なのです。

温厚な性格で里親として貰われた先でも幸せそうに暮らしているようです。

201011021554000.jpg

201011030654000.jpg

ほんの小さなことですが、こういった活動がドンドン広がり、少しで殺処分される

動物が減ってくれればと心から願っています。


                             トリミング担当 永峰


2011.05.16 Mon l 日記 l top
生後40日目を迎えた3匹の子犬

ようやく乳歯が顔を出し始めました

shiga_01.jpg
また完全に頭を出しているのは犬歯のみ

切歯も歯茎が盛り上がり、いつ出てもおかしくない状態にはなりました

犬の乳歯は上下左右すべて合わせて28本

そして生後4~6ヶ月頃にすべて永久歯(42本)に生え替わります


これからいろんな物を噛み始め

あごの骨格や脳の成長を促進させていきます

電気コード類などは特に要注意

感電して大変なことにもなりますからね

子犬の成長期には特に周りの環境に気を配る必要があります

shiga_02.jpg

今はまだ天使のような顔ですが

あらゆる物を噛みあさる悪魔の顔も徐々に見せ始めています


                               動物看護担当 豊實
2011.05.15 Sun l 未分類 l top

こんにちは!
今日は授業に参加してくれた瀬尾様の「ミルちゃん」
のことをご紹介します。
フレンチ・ブルドッグのミルちゃんはとても人なつっこく
愛嬌たっぷりのワンちゃんです。
トレーニング内容は座れ・伏せの持続力を伸ばすことです。
接客時に「家では出来るんですけど」とは聞いていたのですが、
どんなワンちゃんでも慣れない場所・知らない犬が多くいる場所では
中々出来ないのが実際のところです。

でもなんと!
ミルちゃんは・・・普段通り出来ちゃいました!!
人なつっこい上に、お菓子で誘導する学生。


P1000573_convert_20110513173137.jpg

「おやつが欲しい!」
しかも初めての学生のすごい近くで。
そして最初のうちは座ったらご褒美をあげる。
そうして座れを覚えて貰おうと思ったのですが
しっかっりで出来たので、このまま待たして
少しずつ持続力を伸ばすのです。

P1000575_convert_20110513173318.jpg
2枚目の写真は見ての通りで餌を地面まで下げています。
まだミルちゃんお尻下がってませんが、この後お尻が下がった瞬間
おやつをおあげます。
すると次からは「伏せたからおやつ頂戴!!」と
すぐ伏せれるようになりました。
後は先程の座れと同じで徐々に時間を延ばします。
P1000574_convert_20110513173234.jpg

座れ・伏せの持続はあまり家庭で必要なのか?
と思われがちですが、いざ犬がリードから離れて
しまった時などしっかり指示が効けば
道路に飛び出たりしなかった。
なんてことも実際良くある話なので、ワンちゃんの為にも
やはり「座れ」や「待て」は ”最低限必要な最高のしつけ”
だと思うので、皆さんも是非ワンちゃんに教えてみては
いかがでしょうか。
2011.05.14 Sat l 未分類 l top
こんばんは。

本日はワンちゃんの洋服の話題をお届けしたいと思います。

写真のワンちゃんは、2年生 槇野さんの愛犬『だいちゃん』です。

性格はラブラドール・レトリーバーらしく、とても温厚で元気なワンちゃんです。

この写真で注目していただきたいのは、大ちゃんが着用している洋服であります。

前から撮影すると・・・・何の変哲もない白い洋服なのですが

後方から撮影すると・・・・・・・

110511_1113+01_convert_20110513031723.jpg

このように空手の道着仕様になっています。

『極真』の文字がカッコイイですね。

しかも、黒帯まで着用しております。

110511_1112+01_convert_20110513031704.jpg

この洋服は市販されている物ではなく槇野さんのハンドメイドだそうです。

生地も厚手の物を使用しており本物の道着かと思うほどリアルに仕上がっております。

自分の思い描いた事を形に出来るのはとても凄い事だと思います。

今後も沢山の楽しい洋服で私たちを驚かせてほしいものです。

槇野さんの次回作に期待をしております。

                                鈴木
2011.05.13 Fri l トレーニング授業風景 l top
こんにちは!    はいっ、お待たせしました~。
前回の答え・・・猫も犬も私たち人間も同じ哺乳類なのに、猫はどうしてあんなに身が軽いのか?
どこがどう違うのか? についてです。

それは・・・

脳と骨格に違いがあります。


まずは、脳。

前頭葉と言う部分があまり発達していません。
前頭葉とは、物事を記憶したり考えたりするところです。
だからでしょうか・・・猫は3年飼っても恩は3日で忘れる!などと言われてきたのは。

これに対して、周りの状況を感じ取る能力・・・視力・聴力・感覚器官はとても発達しています。
いつも寝てばかりのように思いますが、感覚器官はいつも目覚めていて常に警戒態勢にあるのです。
なので、寝ていても何かの時には俊敏に動くことができるのでしょうね。

次に骨格。

一般に背骨と呼ばれている骨の数が人間より多いのです。
それらの骨を繋げているものが、人間とは異なっています。
人間の場合は無数の硬い靭帯で繋がっているのですが、猫の場合は筋肉で緩やかに繋がっているのでとても柔軟なのです。

骨どうしが緩やかに繋がっている為、猫の背骨はどの方向へも曲がります。
たとえ狭く曲がりくねった隙間でも、自分の頭の幅くらいなら通り抜けることは簡単なのです。


このように、運動神経をつかさどる脳と非常に柔軟な体と体の割に筋肉が強靭である事が猫の素晴らしい身軽さを生みだしているのですね。


こんな顔をして・・・やるもんだね~。
009_convert_20110511222655.jpg



それでは・・・また次回をお楽しみに!
                               猫担当  大栗
2011.05.12 Thu l 犬と猫の生活 l top
こんにちは。久しぶりにハムスターについてお話したいと

思います。今回は頬袋についてです。

なぜハムスターには頬袋があるのかご存知ですか??

そう、食べ物を運ぶ為に頬袋がついています。

一般に飼われているハムスターは飼い主さんがご飯をあげるので

ご飯の心配も無く頬袋も使う必要は殆ど無いですが野生のハムスター

は毎日ご飯を見つけれるわけではないので、わずかにあるご飯をより

多く巣に持ち帰る為には欠かせないものが頬袋なのです。

頬袋に何も入れていない状態はこんなかんじですが、
DVC00023_ed_convert_20110511192120.jpg


詰め込むとこのように膨らみます。
DVC00018_convert_20110511192321.jpg



そしてご飯をあげる時に気をつけてほしいのは飴やチョコなどの

お菓子類をあげてはいけないことです。

あげてしまうと頬袋の内側に糖分がくっついてしまい、炎症が起こるからです。

絶対にお菓子をあげないように注意してくださいね。

                              助手 森
2011.05.11 Wed l 日記 l top
昨日、卒業生が2名遊びに来てくれました。

今年3月に卒業した藤本さん(左)と篠原君(右)そして篠原君の愛犬シュー君です

110509_172232_convert_20110510184925.jpg

藤本さんは市内の動物病院で看護師として勤務しています。

篠原君は明石にある総合ペットショップに勤務しており、当日はたまたま休みが合った

という事で顔を出してくれました。

2名とも卒業してからわずか数ヶ月ですが、後輩や学校の雰囲気を感じながら

「懐かしいなぁ」と感傷に浸っていました。

しかし、そんな彼らも仕事の話になると、社会人らしく自分の考えを

熱く語ってくれました。

夢を持って入学してきた学生が、夢を実現して卒業していく。

そしてその夢をドンドン大きくしてくれる様子を見られるというのは

本当に幸せな事です。

2人の今後の活躍を心から願っています。


                         トリミング担当 永峰
2011.05.10 Tue l 卒業生 l top
こんにちは!

さてさて今日も猫についてお伝えします。

本日は猫はなぜ身が軽いのか・・・。


大昔・・・猫はジャングルや森林などで単独生活をしていました。
生きて行くためには、他の動物をエサとして捕らえなくてはなりません。
犬と違って、単独生活をしている猫は自分より大きな動物をエサとする事はできなかったため、自分より小さな動物を捕らえるのです。

しかし・・・小さな動物(ネズミなど)は動きも俊敏です。
そこで何百万年もの歳月をかけて進化してきました。

柔軟な体、俊敏に身軽に動けるように洗練された脳・・・。

けれど、猫も元は私たち人間や犬などと同じ哺乳類です。骨・筋肉・内臓・呼吸器・循環器など、ほとんど同じです。

それではどこが違うのでしょう・・・。
想像してみて下さい。


015_convert_20110508113911.jpg


答えは・・・次回に!!     お楽しみに~。

                                猫担当  大栗





2011.05.08 Sun l 犬と猫の生活 l top
こんにちは。
今日はアジリティー競技の「ハードル」についてご説明します。
ルールは陸上競技と同じで”飛び越える”ものです。
最初の段階では犬と一緒にハードルをハンドラーも飛びます。
慣れないうちにリードで引っ張ったり、呼び込んで飛ばそうとすると
ハードルの前で止まったり、下をくぐったりするので
必ず一緒に飛びます。

P1000549_convert_20110506183511.jpg

そして慣れてくるとハンドラーだけ外を回ったりしますが
もし、ハードルに引っかかったりしてバーを落としたとしても
「決して叱らない」がアジリティです!
バーを落とすと音もなってビックリしてさらに怒られる。
そうなるとハードルは「怖いもの」になってしまい、
次から近づかなくなってしまいます。
なのでもし失敗した時は「大丈夫」とか「頑張ったね」と
プラスの言葉をかけてあげましょう。

P1000542_convert_20110506183036.jpg

そして徐々にリードを離して、指示や呼び込みだけで
飛ぶようになってっきたらほぼ完成です。
但し、ハードルは体への負担かなりあるものなので
体調・体重・年齢・など様々な面を考慮してから
行ってあげると犬達の怪我も未然に防げるので
普段から体調を気にかけて、無理のない
トレーニングをしてあげましょう。

普段の生活の中でハードルをする事はまず
ないと思いますが、飼い犬達をよーく見ていてください!
もし、排水溝を横切る時
あなたの犬がそこを「ぴょんっ」と飛び越えているなら
もしかしたらハードルの才能が!?


P1000526_convert_20110506182752.jpg

ワンちゃんの隠された資質を発見できるかもしれませんよ

2011.05.07 Sat l 未分類 l top
こんにちは。今日は飼い主さんもワンちゃんも食べられる

豆腐ドーナツを作ってみました。

P1010671_convert_20110506180527.jpg

まず始めに材料を紹介します。

●木綿豆腐・・・150g ●卵・・・一個 

●砂糖・・・50g ●薄力粉・・・180g

次に作り方です。

①まず豆腐の水分をよく切ってください。

②ボールに卵、砂糖を入れてなめらかになるまで泡立て器でよく混ぜる。

③、②に豆腐を崩しながら加え、さらになめらかになるまで混ぜる。

④薄力粉をふるい入れゴムベラで混ぜる。
 ※柔らかかったら薄力粉を増やしてもよい。

⑤絞り袋に入れドーナツ型に作り180℃のオーブンで
 25~30分焼く。 

これで完成です。

早速、ピノに食べてもらいました。

P1010673_convert_20110506180918.jpg

判定は・・・・・◎。尾を振りながらおいしそうに食べてくれました。

作り方は簡単なので是非挑戦してみてください。

                      助手 森

2011.05.06 Fri l 手作りオヤツ l top

GW

楽しかったGWも今日で最後。

お天気にも恵まれ絶好のお出かけ日和でGWを締めくくるには

最高の1日だったのではないでしょうか?

学校の前を流れる新町川沿いの藍場浜公園にも

このGWの間に沢山の人出があったようです。

この様子をみていると、徳島は本当に環境の良いところだな、と

改めて実感しました。

110424_130934_convert_20110505121223.jpg

普段は何気なく見ている景色でも、久しぶりに帰省した方々にとっては

落ち着く故郷の景色なんでしょうね。

今日はUターンラッシュのピークになりますので

現在帰宅中の方はとにかく安全運転を心掛けて、事故の無い様に

明日からの生活に臨んで下さい。

                         トリミング担当 永峰
2011.05.05 Thu l 日記 l top
動物愛護の観点から現在推奨されている“犬・猫の避妊手術”

年間数万匹を超える殺処分をなくす為

むやみな繁殖を防ぐ方策として徐々に認知されています

これに関してはいろいろな意見等みなさまもお持ちだと思いますが

現状を少しでも改善していくためには

やはり必要不可欠ではないかと思います


先日、小波も避妊手術を行いました

生涯出産をするつもりがないこと

またメス犬に非常に多い病気、子宮蓄膿と乳腺腫瘍の予防として

早期の避妊は有効であるとの観点から決断しました
P1050339.jpg
術後2週間で5cmほどあった傷口も目立たなくなり

手術前とまったく変わらず元気に走り回っています

小波は現在生後10ヶ月

最初のヒート(生理)もまだで、この時期での避妊手術の効果として

乳腺腫瘍の発症をはぼ100%無くす事が出来ます


全身麻酔による手術というリスクはもちろんありますが

2つの病気の心配が無くなった事は

飼い主として非常に大きな安心感を得ることにもなりました


避妊手術をお考えの方は

愛犬の健康のためにも早めの決断をお薦めします


                          動物看護担当 豊實

2011.05.04 Wed l おてんば娘の日々 l top
こんばんは、自称猫マニアの大栗が今日も猫について熱~く語りたいと思います。
最後までお付き合いのほど、よろしくお願いします!!

006_convert_20110503004136.jpg


犬と猫・・・最大の違いは、大きさにあると思います。

犬・・・最小でチワワ~最大でセントバーナード、その大きさの違い(体重差)は約50倍以上ほどもあります。
猫・・・せいぜい5倍ほどの違いしかありません。(種類の違いにかかわらず、最も大きなオス猫で6~8キロほど)

では、それはなぜでしょうか?

犬と猫の性質の違いからきています。

その昔、犬は人間と共に生活をするようになり、人間側の目的によってさまざまな犬種が作られたのです。
しかし猫は人間には慣れるものの、人間に服従の対象とはしません。よって猫は人間の都合の良いように目的によって作り出される事はありませんでした。

猫のほうが自然体なのでしょうね。


では、次回も猫についての熱弁をお楽しみに!
                                      猫担当  大栗

2011.05.03 Tue l 犬と猫の生活 l top
こんばんは。先月、4月29日に開催された動物愛護センターの

イベントで出会ったワンちゃんを紹介したいと思います。

ダックスフンドのポン太ちゃんです。後ろの男性が飼い主様。

P1010618_convert_20110502205220.jpg

ポン太ちゃんが爪切りをしている間に性格や年齢など

飼い主様にお伺いしたところ「二日前に引き取ったのでよく分かりません」

と一言。その言葉に驚きました。

ポン太ちゃんは迷い犬で、近所をウロウロしてたそうです。

本当の飼い主様を探す努力もされたそうですが、結局見つからず

そのまま引き取ったそうです。

P1010617_convert_20110502205018.jpg

今回保護された新しい飼い主様は優しく温厚な方でポン太ちゃんが

幸せそうで良かったと学生も喜んでいました。

動物に関わる仕事をしている私達にとっては殺処分される命があると

いうのはとてもつらい事です。

一つでも多くの命が救えるようにこれからも努力していきたいと思います。

                              助手 森
2011.05.02 Mon l 日記 l top
掃除は自分の心を磨くもの。昔からそう言われる通り、やはり掃除は大切です。

ブレーメンの学生は日頃から知識と技術の向上だけでなく、社会性を養うために

掃除も欠かさず行っています。

教室の床などはもちろん

110430_165418_convert_20110430183532.jpg

学校の備品や

110430_165316_convert_20110430183515.jpg

換気扇に至るまで(火災の原因にもなるのでしっかり掃除します)

P1010647_convert_20110430183706.jpg

モデル犬として協力してくださっている飼い主様やわんちゃん・ねこちゃんの為に

毎日心を込めて掃除をする事で、いざ社会に出た時に本当に意味で必要とされる

人材になれるのです。

動物が好きだけど、アレルギーがあるから見学に行けない、なんて思う方もいらっしゃる

かも知れませんが、ご覧の通りブレーメンでは毎日しっかりした清掃を行っています

ので、ぜひ安心して見学・遊びに来ていただきたいと思います。


                             トリミング担当 永峰

2011.05.01 Sun l 学生 l top