昨日家に帰ると珍しいものがとんでいました。

それは何だとおもいますか?そう蛍です。

これ虫じゃありませんよ。

P1020069_convert_20110731155849.jpg


蛍を見るのはいつぶりでしょうか。たったの一匹しか

いませんでしたが、光るとやはり綺麗ですね。

P1020064_convert_20110731155756.jpg


私がまだ小さい頃は蛍がよく飛んでいましたが

今は環境の変化でしょうか、あまり見かけなくなって

しまいました。

今度いつ見れるかわからないので光る瞬間をパシャリ。

結構難関でしたよ。

P1020063_convert_20110731155725.jpg


ここでプチ問題。

蛍は成虫になってから何を食べると思いますか??

正解は・・・・
スポンサーサイト
2011.07.31 Sun l 日記 l top
 ボリショイサーカス徳島公演を見てきた。

 歴史ある世界的なサーカスチームにもかかわらず、空席がめだった。

 スタンダードプードル2匹が仲良く並んだその間に、観客が鎮座し記念撮影。

 1枚1000円とのこと。

 今年のブレーメンの文化祭、ビッチャン・ポピン・ラポピー3匹を並べ

 無料でこのシステムを提供しようと思った。

 見どころは沢山あったが、やはり世界では珍しい猫のサーカス。

 いやぁ 楽しかった。

 その昔、我が家にいたヒマラヤンのブルルンは、このサーカス猫と同じ芸(鉄棒)ができていた。

 それに加え、よく煙草もくわえていた。

 当然、取材が・・・。当時“ズームイン朝”のクルーがきたものの、ごきげん斜めで 没。

 いい思い出である。

 あと、キグレサーカスから依頼がありプードルのトリミングをさせて頂いたのも

 遠い記憶である。


 追記:サーカスの団員のテント小屋、裏舞台(ライオンが突然グヮオー)を拝見させて頂いたのも

    よい経験であった。 遠~い 遠~い 昔話。

 

 
2011.07.31 Sun l 日記 l top
今回はディスクドッグです!
これはディスタンス部門の様子です。

Alpha20071021.jpg
見ての通りフリスビーを咥える訳ですが
中々メジャー競技になれないんです。
と言うのもフリスビーを咥えるというのは、犬の特性ではありますが
かなり血統がモノをいう競技だからです。
同じボーダーコリーとはいえ、一方は教えてないのに咥えるが
一方は全く興味なし。
なんてことも多いのです。

競技自体は60~90秒以内に何回キャッチできるか。
その回数や距離などで勝敗を決めます。

もう一つはフリー部門です。
この競技は決められたコートの中で高さ、回転などで勝敗を決めます。
ポイントはどれだけアクティブに、正確にディスクをキャッチ出来るかです。
まるでオーナーと犬とが舞踊る様に行うこの競技は
ドッグショー・ドッグダンス・トレーニング競技会など
数多ある犬の大会の中で「最も華麗な競技」と言われ
それだけ競技者のレベルも問われるものになっているのです。

2年生の中にも練習している学生がおりますが
それはまた、”バッチリ”になってからご報告したいと思います。

2011.07.30 Sat l 未分類 l top

 先程、開業している卒業生(店名アリスさん)がケーキを手土産に

 結婚報告!

 めでたい!めでたい!

 おめでとう。
2011.07.30 Sat l 日記 l top
ブレーメンの放課後、実習ルームでは厳しい上下関係の様子が見られます。

こちらの2頭、お互いにあまり関心なさそうなそぶりを見せていますが・・・


110729_172611_convert_20110729182023.jpg

一度おもちゃを取られそうになると、激しい戦いが始まります。

110729_172412_convert_20110729181931.jpg

お互いに精一杯引っ張りあうのですが、当然大人で体が大きいウィル君がいつも勝利します。

そしてその後は「近寄るなよ」とばかりにその場を立ち去ります。

が、残念ながらその程度であきらめるアッシュではありません。

110729_172436_convert_20110729181956.jpg

何度も後ろから忍び寄りおもちゃを狙いますが、残念ながらすぐに気付かれてしまい

あまりにしつこいと・・・・・

110729_183145_convert_20110729183518.jpg

「コラー!」とばかりに報復を受けてしまいます。

しかし皆さん、心配はいりません。一度相手を倒すと必要以上の攻撃は仕掛けません。

あくまで悪い行いを正す事が目的なのです。

こうして周りの大人たちのやさしさと厳しさに囲まれて子犬達は様々な事を

学んでいきます。

元来、群れを成して行動する動物である犬を飼う場合、単頭飼育では

本来持っている能力を最大限に発揮出来ない、などとも言われていますが、

やはり一番は「咬まない・吠えない」などやってはいけない事を学べない

事が問題です。

単頭飼育する場合は人間が親犬や兄弟の変わりをして、しっかり躾なくては

いけませんし、多頭飼いする場合は最初に飼う犬の躾を失敗すると

その後買い始めた子犬全てに悪影響が出てしまいます。

安易に動物を飼うのではなく、最初にしっかりと説明、アドバイスを

してくれるプロを見つけること、そしてブレーメンの学生には

そういった、人から頼られる人材に育ってほしいと思います。


                        トリミング担当 永峰
2011.07.29 Fri l 日記 l top
こんばんは!
今日も猫についてお伝えします。

猫のしぐさの中の1つに、やわらかい布(タオルとか毛布)などを咥えて前足でふみふみ~ってしているの知ってますか?
または、そのやわらかい布に顔をうずめて気持ち良さそうにしている。
全部の猫がしている訳ではないのですが・・・。
これは、ウール・サッキングと言う行動です。


うずめてますね~顔!
032_convert_20110727223553.jpg
気持ち良さそう。
105_convert_20110727224318.jpg
残念ですが季節がら・・・毛布を咥えているところの写真はありません。
026_convert_20110727230437.jpg
写真を撮られた事に文句を言ってます。


見ている分には、とてもかわいいしぐさですよね。

でも、この行動には少しかわいそう!って思ってしまう理由があります。
子猫の時に、何らかの理由で早くから乳離れをさせられた為に出る行動だと言われています。

我が家のちょび君は、とても小さい頃に捨てられていました。
まだまだ母猫が恋しい時期に・・・。
9年も経った今でもこの行動をしている時には、まるで子猫のようです。

一方もう1匹のゆきさんは、ずっと母猫と暮らしていたのでこのような行動は見られません。


このように本校ブレーメンでは、猫のことについてもっと詳しく学ぶことができます。
犬だけじゃないんです。
猫だって詳しく知れば、なるほど!!ってうなずける事、間違いなしです。

猫の不思議な行動をもっと知ってもらうために、また次回もお楽しみに!!

                                   猫担当  大栗


2011.07.28 Thu l 犬と猫の生活 l top
 仕事のできる人は、気遣いができる人

 依存しない人

今 何をなすべきかを理解し

 行動できる人

2011.07.27 Wed l 日記 l top
こんばんは。またまたクイズになってしまいますが

この黒いお尻は何のワンちゃんでしょうか??

P1020299_convert_20110726192516.jpg


分かりますか??今人気のワンちゃんです。

正解は・・・・・

トイ・プードルのアッシュ君でした。

アッシュ君、生後4ヶ月の元気いっぱいのやんちゃなワンちゃんです。

ちなみにこちらは生後2ヶ月頃の写真です↓

P1010885_convert_20110726192440.jpg


アッシュ君は三頭の中で一番小さかったので心配していましたが

何も心配なくスクスク成長し今はこんなに大きくなりました。

P1020313_convert_20110726192641.jpg


これからの成長も楽しみです。

この時期一番気をつければならないのはイヌジステンバー、ケンネルコフ、

パルボウイルスなどの感染症です。

特に子犬に多いのがケンネルコフで上部気道感染を起こす伝染力の強い

病気なので必ずワクチン接種を行ってください。

P1020307_convert_20110726192547.jpg

                                助手 森





2011.07.26 Tue l 日記 l top
今日は久しぶりにビッちゃん&ポピン&ラポの話題を


私たちブレーメンの教職員や学生にとって最も身近な存在

ビスキー・ポピン・ラポピィのスタンダードプードルトリオ

この子達はホントに驚くほど仲良しなんです
bispopirapo_01.jpg
一緒のスタイルでひなたぼっこ

折り重なってのお昼寝

普通多頭で飼育する場合、どうしても相性の善し悪しがありますが

このトリオには全く関係なし

bispopirapo_02.jpg


何をするにしても喧嘩せず、仲良く日常を過ごしています

でもビスキーとポピンは既に10歳を超え

年齢による足腰の衰えも見ていて感じることがあります


私たちにとって“そこにいて当たり前の存在”

それ故にいずれいなくなった時の寂しさは、計り知れないほど大きいでしょう


いつも私たちブレーメンの一員としていてくれることに「ありがとう」

少しでも長生きし、みんなを見守ってくださいね

                             教務担当 豊實
2011.07.25 Mon l ビッちゃん&ポピン l top
こんばんは!
本日も猫についてお伝えします。

前回、問題行動の1つとして排泄についてお伝えしましたが、今回は問題行動の第2段!!

突然の攻撃行動についてです。

猫が攻撃をする状況として、猫が自分のテリトリーを守ろうとする時・獲物を捕ろうとする時・恐怖を感じた時の反射的に自分自身を守ろうとする時・遊びの時・母性による子猫を守ろうとする時・転嫁(やつあたり)の時・執拗な愛撫を受けた時などがあります。

これらは、精神的な問題の攻撃行動です。

この中で、執拗な愛撫を受けた時の攻撃についてお伝えします。
これは、遊びの時にも当てはまります。


002_convert_20110723232119.jpg
今まで遊んでいたのに・・・

いきなり・・・ガブッ!!
003_convert_20110723232159.jpg


爪を出して激しく唸ったりする事はなく、噛むと言っても歯が少し当たる程度で遊びだと認識はしています。

また、人が歩いていると足に飛びついてきたり動いている物に対して待ち伏せをして飛びつくなどの行動をします。

これは捕食動物である猫の本能的な行動です。
狩猟行動でも、遊んでいるうちに興奮度が高まってエスカレートして突然激しくなる事があります。

それは、家猫の若い猫に多く見られます。
理由として、遊んだり運動する機会があまりなく、体力や時間をもてあましてストレスになっているのです。

せいだして遊んであげましょう!!と、言いたい所なのですが・・・。

あまり執拗なのは好まないようです。   もともと単独生活の生き物ですから。

んーーーーー猫って難しい!!   でも、そこが・・・いい!


また次回も猫についてお伝えしようと思います。(猫好きさん・・・増えたかな~?)

では、次回もお楽しみに!
                                 猫担当  大栗
2011.07.24 Sun l 犬と猫の生活 l top
皆さんこんにちは。本日はワンちゃんの『抜歯』について

お伝えしたいと思います。

先ず、こちらの写真をご覧下さい。

110712_122441_convert_20110723185711.jpg

少し光が反射して分かりにくいですが、抜歯した乳歯です。

写っている4本は上下顎の犬歯(けんし)という歯です。

人間などでは八重歯、糸切り歯などと言いますね。鎌の様な形状で

鋭く獲物の喉元に差し込む為の歯です。



上の写真で、矢印をしている部分が歯を抜いた後です。

本来ならば、自然に乳歯と永久歯が生え変わるのですが、特に小型犬などでは

上手く抜け替わらず、そのまま乳歯が残ってしまうことがあります。

乳歯が残る事によって、歯の隙間が多くなり歯垢が付きやすくなります。

そのままにしておくと歯肉炎や虫歯の原因になってしまいます。

そうなると結局全ての歯を抜かなくてはいけない、あるいは

勝手に抜け落ちてしまう事になります。

人間も同じですが、歯のかみ合わせが悪くなるだけで、肩こりが酷くなる

頭痛がする、など体の様々な部分に影響が現れます。

ですので、飼い主として愛犬を育てていく上で、こういった処置も

必要になってきます。

もしも、皆さんの家庭のワンちゃんで乳歯がまだ残っている、という子が

いましたら、一度口腔内の様子をしっかり診てあげた方が良いかもしれませんね。


                        トリミング担当 永峰
2011.07.23 Sat l 日記 l top
こんばんは。この前、家の近くにあるお店に

行ったのですがそのお店に珍しいワンちゃんが

いたので載せたいと思います。

ちなみにこの犬種は何だと思いますか??

110609_131232_convert_20110722200159.jpg


ヒント①・・・原産国はロシア。

ヒント②・・・大型犬です。

ヒント③・・・走るのがとても早いです。

正解は・・・・





2011.07.22 Fri l 日記 l top
皆さんこんにちは!
台風も過ぎ去り、暑い夏が戻って来ました。
こんな時期はやっぱり川ですよね!!
今回は「犬かき」についてご紹介します。

EntryImage-4.jpeg

初めてのワンちゃんは結構水に入るのを怖がりますが
一度泳げたら、基本的に大丈夫なんです。
というのも、人とは違い泳ぎ方にレパートリーがないので
結果的に泳げちゃうんです。

この写真のワンちゃんも今年が初めて川デビューでしたが
もぅ完璧です。

でもやはり苦手なワンちゃんもいます。
練習の仕方は段階があります。
水自体が苦手なワンちゃんはまず子ども用プールに
水を少しためて慣らしています。

大丈夫なワンちゃんは小さい子どものように
前足を持ってあげてバタ足のように練習します。
そして徐々に手を離して泳がせていくのです。

ただし泳げるようになっても絶対リードは付けていていください。
もし溺れたとき、流された時その「リード」が「命綱」になるからです。

4e068f365f35d_convert_20110720181200.jpeg
 
ちなみに、僕たちも同じですが川や海に行った後は
普段使わない筋肉、集中力を使うので帰ったらゆっくり寝させてあげてくださいね!
2011.07.21 Thu l トレーニング l top
台風一過、昨日は大変な一日でした

県内では建物や農作物にも大きな被害をだしているようです

そんな過酷な嵐の中で咲いていた花を見つけました
2011072017580001.jpg

こちら「ゴーヤ」の花です

前日には咲いていませんでした

台風にも負けず力強く咲く生命力に感嘆させられました


さてゴーヤの実は栄養価の非常に高い野菜として知られていますが

犬などが食べるとどうでしょうか

ゴーヤに多く含まれる「ビタミンC」は軟骨の形成に欠かせない栄養素

足腰が弱くまったく歩けなかった犬が、ゴーヤを食べ続けることで

歩けるようになったという話しも聞きます


しかし苦みの強いゴーヤはそのまま調理してもなかなかワンちゃんなどは食べません

鰹節に苦みを消す効果があるので少量でも一緒に調理すると食べてくれるかも

関節の弱いワンちゃんはサプリメント代わりに考えてみてはいかがでしょうか

                                動物看護担当 豊實




「神戸ブレーメン動物専門学校」来春三宮に開校!
第一期生募集 詳細はHPまで
 http://www.bremen-school.com/kobe/index.html
2011.07.20 Wed l 雑学 l top
こんばんは!
今日は猫の問題行動の1つでもある、猫のトイレ以外での排泄についてお伝えします。

猫はたいへんキレイ好きで排泄物の匂いにとても敏感なため、むやみにどこにでも排尿することはありません。

今まできちんとトイレで排尿していたのに、ある日突然トイレ以外で排尿した場合は何らかの原因があると考えてみて下さい。

まずは、トイレを置いている場所です。
誰でもトイレは落ち着ける静かな場所がいいですよね。
猫も同じです。

次にトイレ砂に関してです。
トイレ砂が掃除できていない・砂を今までと違う物に変えたなどといった事が関係します。

トイレの数についてですが・・・えっ?と思うかもしれませんが、多頭飼いの場合によくある事です。

003_convert_20110718173434.jpg

2匹以上飼ってる場合は、最低でも2つは置いてあげて下さい。
これは、猫が本来・・・単独生活をしていて自分の排泄物の匂いを消す為に砂を丁寧に隠すと言う習性があるのに、その役割のトイレが他の猫達の匂いでいっぱいのトイレでは排泄できなくなります。



221_convert_20110718174107.jpg

我が家では猫2匹・犬3頭が一緒に生活しています。
1番に気を使ったことが、猫のトイレ場所でした。

猫がトイレに入ると、好奇心旺盛なワンコ達が覗きに・・・。
これでは落ち着いて排泄する事はできませんよね。(かわいそう・・・)
ワンコ立ち入り禁止の場所を作ってあげました。(安心して排泄してます)


この他、何も原因が分からない場合は腎臓や尿管、膀胱などに病気があるかもしれません。
獣医師の診断を!!

また高齢によることもありますが、この場合は私達・飼い主が親身になって世話をしてあげてください。


それでは、また次回!!

                                    猫担当  大栗

2011.07.18 Mon l 犬と猫の生活 l top
こんにちは。今日は歯についてお話したいと思います。

先ずはこの写真をご覧ください。

P1020274_convert_20110716203135.jpg

分かっていただけると思いますが、乳歯と永久歯が一緒になって

生えています。

普通は5~6ヶ月で乳歯が抜け始め永久歯に生え変わります。

しかし、生え変わる時期を過ぎても乳歯が残っている場合

このことを乳歯遺残と言い、特に小型犬(チワワ、プードル、ポメなど)

に多く見られます。この写真のプードルは成犬です↓

P1020276_convert_20110716203213.jpg

このまま放置してしまうと永久歯と乳歯が密に存在する為その間に

歯垢と歯石は沈着しやすく歯周病に進行しやすくなります。

さらに噛み合わせも悪くなり内臓にも影響が生じます。

もし永久歯と同時に乳歯が見られた場合には一度病院で見てもらってくださいね。


                             助手 森
2011.07.17 Sun l 日記 l top
前回に引き続き、今回も寄生虫(マダニ)についてです。

ヒトにとってもやっかいな寄生虫ですが犬にとっても非常に危険な虫です

※今回の写真は完全に虫ですので苦手な方は閲覧をご遠慮ください

続きを見られる方は↓more・・・ をクリック

2011.07.16 Sat l 病気について l top
こんにちは。
だいぶ暑くなってきましたが、皆さんのワンちゃんは
元気でしょうか?
暑さだけではなく蚊や脱水症状など
夏は犬にとって非常に危険な季節です。
しっかり影を作ってあげて涼しい空間を作ってあげてくださいね。

今日は以前にもお伝えした「平均台」のトレーニングの続きです。
といっても各自放課後など、自主練習などをして
台に上がるのはもぅヘッチャラなんです!
だから前のように餌で誘導する必要はないんです。
ほとんが完成に近づいていますが
まだまだ練習が必要です。

P1000708_convert_20110715173213.jpg

夏の日中はトレーニングだけでなく、散歩もなるべく控えて
涼し時間に行ってあげるとワンちゃんにもやさしいですね!
ちなみに犬もばてるとこんな感じになります↓
P1000703_convert_20110715173127.jpg
瀬尾様のミルちゃんです。
女の子なんですけど、中々いい顔してますよね。
お家のワンちゃんもよく見ていると
こんな可愛い姿を見せてくれるかもしれませんね!

2011.07.15 Fri l 未分類 l top
こんばんは。

先日の授業で私の担当するトレーニングの授業が

前期最後という事だったので基本の復習を行いました。

下記の写真はワンちゃんの集中をとっているところです。

夏休みに入ると学校に来ている時みたいに

規則正しく時間が流れていくわけではありませんので

トレーニングが疎かになっている学生が多いようです。

私は夏休み明けには必ず『夏休み中はトレーニングさぼっていませんでしたか?』

と学生に聞きます。

残念ながら『あまり時間がとれませんでした』と言う学生が

多かったように思います。

ワンちゃんも人間と同じで覚えたことを忘れていく動物です。

ハンドラーもワンちゃんも思い出し元に戻るのに苦労します。

2年生は秋にイベントが控えています。

毎日少しの時間でもトレーニング、ワンちゃんとのスキンシップを

とってほしいと思います。

学生達には(オーナーさんも同様ですが)周りには沢山の環境があり

自分で考えて行動をとれますが、ワンちゃんには与えられた環境しか

ありません。

ワンちゃんに新しい色々な経験を与えてあげれるのもオーナーさん

のみなのです。

夏休みにはいると沢山の時間が出来ると思います。

その時間をどのように使っていくか?

学生達がどうなっているか夏休み明けが楽しみです。

P1030046_convert_20110714184047.jpg

                              トレーニング担当  鈴木
2011.07.14 Thu l トレーニング授業風景 l top
皆さんこんにちは。今回は昨日行われた特別授業の様子を

お伝えしたいと思います。

今回の特別授業の講師はアースバイオケミカル徳島本部より

お越しいただいた、研究開発部課長代理の久保先生(写真左)と

同じく研究開発部の岩野先生(写真右)です。

P1020278_convert_20110713082321.jpg

今回の講義はこの時期増える、蚊やノミ・ダニの生態。そこから感染する

疾患やその予防方法など非常に身近で分かり易いテーマでした。

P1020281_convert_20110713082455.jpg

P1020280_convert_20110713082408.jpg

講義が始まるとご覧のとおり、皆真剣な眼差しで一生懸命ノートを取っています。

蚊やノミ・ダニの生態などは普段の授業ではなかなか聞けない内容ですので

非常に新鮮で興味深い内容だったのでしょう。

P1020283_convert_20110713082538.jpg

P1020289_convert_20110713082936.jpg

蚊の種類によって活動する時間が違う、昼間は暑さで活動が鈍る、など

普段我々を困らせている害虫もこの様に生態が分かることで対処方も

分かる様になってきます。

P1020285_convert_20110713082619.jpg

また今回の授業では蚊やノミ・ダニの卵や蛹・幼虫のサンプルを持ってきて

いただきました。上の写真を見ていただくと、学生が恐る恐る触っているのが

分かると思いますが、中の虫は当然生きています。

P1020287_convert_20110713082656.jpg

P1020288_convert_20110713082736.jpg

授業の後半では学生から質問の声があがり、普段から気になっていることを

このチャンスにしっかり聞いていました。

「蚊の種類によって刺された時の痒みは違いますか?」

「血液型によって蚊に刺されやすい人がいる、と聞くのですが本当ですか?」

などといった私生活で感じることなどが質問の中心になっていました。

答えは・・・、講義を聞いた人だけの秘密ですが、この質問に対して

「流石だなぁ」と思ったのは、研究者の方々はそういった巷で流れる

噂を検証する為、みずからの体を犠牲にしている、という事です。

充実した講義だったので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

我々が普段使っている製品は、こういった研究者の方々の努力の

お陰で安心して使えるのだと、改めて認識できました。

夏は皮膚トラブルや害虫トラブルが多発します、皆さんもぜひ安心

して使用できる製品を利用して快適な夏を過ごしてほしいと思います。


                                トリミング担当 永峰
2011.07.13 Wed l 授業風景 l top
こんばんは!

本日は猫のストレスについてお伝えしますね。

猫の問題行動の原因にストレスが大きく関係しています。

なぜ?  猫って自由気ままなんじゃ・・・?
って声が聞こえてきそう・・・。

はい!! お答えしましょう。

本来、猫は単独で生活して来ました。その猫が今や人間と共に生活をするようになりました。
今までの自由な生活ではなく、狭い室内での生活や人間からの過剰な愛情が苦痛となるとストレスになるようです。
それを発散させる手立てとして問題行動に出たりしているのだと思います。

問題行動は言わば、猫からの訴えのサインだと・・・。



あまりストレスを感じていない時
108_convert_20110712001410.jpg
すごい格好です。

安心しきって熟睡してます。
190_convert_20110712001034.jpg


それでは、どんな問題行動があるのでしょう。

トイレ以外での排泄がもっとも私たち飼い主にとって問題行動の一つだと思います。
それを次回にお伝えしますね。

それまでに色んな写真を集めるべく、カメラ小僧(おばさん?)になります!!
お楽しみに~。

                               猫担当  大栗

2011.07.12 Tue l 犬と猫の生活 l top
こんばんは。今回も台湾出張の報告の続きをお話したいと

思います。

午前中は前回お話しましたが国立台湾民主紀念館へ、午後は夜市に

お連れいただきました。

P1050589_convert_20110711192939.jpg


夜市に着くともう既に多くの人で賑わっていました。

P1050593_convert_20110711193055.jpg


店舗以外にも道路に広げて売っていたり、屋台で売っていたりと様々で

意外にも欧米系の観光客が多くいました。

P1050592_convert_20110711193015.jpg


そして歩き続けるとペットショップを発見。

中に入ると犬よりも猫が多く、スコッティッシュ・フォールド(耳が前に倒れている猫)、

アメリカンカール(耳が外側にカールしている猫)、ベンガル(体の模様がトラ柄)

などいました。残念ながら撮影禁止だったので中の様子をお見せすることは

できませんが外の様子だけ載せたいと思います。

P1050595_convert_20110711193127.jpg

夜市に来ておよそ3時間。時計を見ると既に10時になっていて

最後にお土産など購入してホテルへ。あっという間の三日間で

台湾出張終了となりました。初めての海外出張でしたがこの間いろんな事を学び

良い経験となりました。これからも自分を磨き、また海外で教えられるように頑張り

たいと思います。 
 
                   助手 森








2011.07.11 Mon l 日記 l top
夏の暑い時期には蚊やダニなど気をつけなければならない虫が

たくさん発生しますが、今日はその中から一つご紹介します

※虫が身も毛もよだつほど苦手な方は閲覧注意です


↓の写真をご覧下さい
jochu_01.jpg

米粒のようにも見えますが、これは「瓜実条虫」という寄生虫です

「サナダムシ」とも言われますが、ちぎれて肛門から出てきた片節がこれです

実際は腸の中で数十センチほどの長い形で寄生しています


この寄生虫はノミを中間宿主として犬・猫に寄生

症状は下痢や痩せが見られます


発見方法は、肛門周りや便の中に写真のような白い米粒状のものがあれば要注意

すぐに獣医さんの診察を受けることをお薦めします


またノミを介して寄生するのでノミの駆除・予防も大切です


koumi_01.jpg

大切なワンちゃんや猫ちゃんの為にも

便や尿の状態は常にチェックしてあげてくださいね

                                 動物看護担当 豊實

2011.07.10 Sun l 病気について l top
こんにちは!
今回は「スラローム」についてご紹介します。
↓の写真をご覧下さい。
P1000698_convert_20110708170726.jpg

均等に並んだ一直線の棒を縫うようにして進みます。
最初の内は棒を少なくし間隔も広めでするのですが
この犬の場合、物怖じしないので最初から多めでしているのです。
犬によっては写真のようにリードと餌でコントロールしたり
ボール・体のアクションで教えたりやり方は犬それぞれで
その犬に合った方法をチョイスして教えていきます。

P1000699_convert_20110708170812.jpg

そして向きにも決まりが!
最終バーを通る際は左に抜けるのです。
つまり最初に入る向きを間違えたり、途中とばしたりすると
またやり直しになるのです。
簡単そうに見えますが「短い距離に早い繰り返し」というのは
犬にとってかなり体力と集中力が必要になるので
中々思い通りにいかないのです。

公園や山などで遊具や木の間を猛スピードで疾走するワンちゃんをよく見ますが
そんなワンちゃんは意外に簡単にこなしちゃうかもしれませんね。



2011.07.09 Sat l トレーニング l top
先日、学生達数人が輪を作ってなにやらガヤガヤと騒いでいました。

よーく耳を澄ましてみると「可愛いーー」という声ばかりが聞こえてきます。

その学生の輪の中心には白いワンちゃんを抱きしめた学生が一人

モデル犬だけでなく学生もたくさんワンちゃんを飼っているブレーメンでは

それほど珍しい光景ではありません。
       ↓
110705_143115_convert_20110708191203.jpg

あぁ、プードルをビションフリーゼ風にカットしたのが可愛い、って

学生に評判なんだな。とあまり気にもかけていなかったのですが・・・・。

何と!次の瞬間!!!

110705_143044_convert_20110708191147.jpg

ドーーーン!見事なまゆげ犬の登場です。

最初はたまたまカットした毛が目の辺りに乗ったそうなんですが

「これは可愛い」と少し毛糸を使ってアレンジしたようです。

以前にTVで海苔を眉毛代わりに付けられたワンちゃんの面白映像が

流れていましたが、毛糸だと本物みたいで一層リアルですね。

ひょっとして染め・エクステの次はこんなのが流行るかも?ですね。


                      トリミング担当 永峰
2011.07.08 Fri l 笑う犬・猫&おもしろ写真 l top
こんばんは。

本日は便利アイテムをご紹介したいと思います。

これのリードは変わった形をしていますが

どのような用途で使われるのでしょう?

P1030084_convert_20110707173027.jpg

先端を拡大したのが下記の写真です。

P1030085_convert_20110707173128.jpg

見ただけではわかりませんよね?

では答えをお教えしたいと思います。

これは車のシートベルトに装着するタイプのりードです。

先ほどの写真の部分をシートベルトの差込口に入れ

反対側にナスカンが付いていますので

カラー(首輪)に装着します。

しかし、急ブレーキの際にはワンちゃんの首に

負荷がかかりますので やはり車に乗せる際には

クレートが一番安全かと思います。

使い方としては長期ドライブなどの際にワンちゃんが

酔ってしまいクレートの中に入れておけない際に

安全ベルトとして使用するのがよいかと思います。

リードも用途に応じて様々な物が市販されております。

また機会があれば便利ツールをご紹介したいと思います。

                    鈴木
2011.07.07 Thu l 日記 l top
こんばんは!
今日も猫についてお伝えします。

ある程度の年をとった猫って、寝てばかりいると思いませんか?

1日中、観察していると・・・寝ているか、トイレ、ご飯・・・。

219_convert_20110706184105.jpg


とてもヒマそうに見えて・・・羨ましい!!


そうです。
実は・・・とてもヒマなのです。

特に家猫で食べ物にも困らないとなると、これといってする事がないのです。
狩りをする必要がありませんからね。


031_convert_20110706184322.jpg


でも、夜になると我が家では「猫による夜の大運動会」が毎夜のように開催されていました。

まあ・・・夜行性ですから!
ってのん気な事は言ってられません。

寝不足な日とおさらばしなくては・・・と、思いついたのです。

私たちも小さい頃によく言われませんでしたか?

夕方などに寝てしまって・・・夜、眠れなくなるよって。

そこで、夕方から寝ている猫を起こす作戦にしたのです。

ある時は揺さぶってみたり、ヒモなどで遊んでみたり・・・。

結果は・・・大成功!!!


このような、猫にとっては普通の事でも人間には困る猫の習性を回避できるよう、少しでもお役に立てれば良いなと思い、また次回もお伝えしていきたいです。

お楽しみに!!
                                    猫担当 大栗
2011.07.06 Wed l 犬と猫の生活 l top

こんばんわ。今日も台湾訪問の続きをお話したいと思います。

今回は観光についてお話しますね。

観光地は前回紹介した林(リン)先生と通訳のリンさんに

連れて行ってもらいました。

お連れいただいた場所は国立台湾民主紀念館で台北では有名

だそうです。

P1050544_convert_20110705201727.jpg


中に入ってみると大きい広場で平日なのに観光客も多くいて

日本の方もいました。

そして広場の様子がこちら↓↓

P1050550_convert_20110705201945.jpg


奥にオレンジ色の屋根のお寺が二つありますよね?

外見はお寺ですが中は全く違うものなんです。何だと思いますか??

実は国立劇場と国立コンサートホールなんです。私も聞いた時は

驚きました。

そして有名な孫文の像があるホールへ入りました。

P1050551_convert_20110705202021.jpg


入ると両方にこのように兵隊さんがいました。

P1050555_convert_20110705202653.jpg


「本物のように出来ている像ですね」

と私が言うと林先生は笑っていました。何故かと聞くと像ではなく本物

だったようです。本当かどうか何度も確認してしまいました。

時間が来てしまったので最後記念に一枚撮っていただきました。

P1050553_convert_20110705202618.jpg

午前中は終了。次回も観光についてお話したいと思います。

                          助手 森







2011.07.05 Tue l 未分類 l top
ここ数日小波が目が開かず

右目から目ヤニが出続けている状態でした
P1050612.jpg

小波は生まれつき右目の構造に少し障害があり、目ヤニが出やすい体質なんですが

今回は少し様子がおかしく、獣医さんに診察を受けたところ「角膜炎」との診断でした


角膜(黒目)に傷があり、目ヤニの影響で結膜(白目)・瞬膜にも炎症が広がっています
P1050615.jpg

角膜の炎症というのは悪化すると潰瘍にまで進行し、最悪失明に至るケースもあります


幸い小波の場合は点眼の治療薬を入れて少しずつ収まってきてます

皆様も愛犬の目に異常を感じた場合は早めに動物病院で診てもらって下さい

                                    動物看護担当 豊實

2011.07.04 Mon l おてんば娘の日々 l top
こんにちは。阿波踊りの練習の音があちらこちらから聞こえるようになり

いよいよ夏が近づいてきた、という感じですね。

暑い夏を乗り切ろうと、沢山のモデル犬・猫ちゃんたちがブレーメンを

訪れてくれます。

これまでにも何度か実習の様子をお届けしてきましたが、今回は美容が

終了したワンちゃんの様子をご覧いただきたいと思います。

110701_123714_convert_20110703204644.jpg

本日紹介するのはこちらのワンちゃん。犬種はチワワです。

ご覧のとおり、すやすやと気持ち良さそうにグッスリ眠っています。

教室内は換気や空調設備により快適に保たれています。

しかし、それだけではなく適切な美容を行ったことで体温の調整が

上手く出来る様になりました。

ですのでこの様に気持ち良さそうに眠っているのですね。

この暑い季節、われわれ人間は節電という事で我慢出来ても

動物はそうはいきません。適切な美容を行い、快適に夏を乗り切れるよう

気配りをしてあげられるのは飼い主さんしかいません。

ご自宅で舌を出して暑そうにしているワンちゃんがいましたらぜひ一度

美容にお連れ下さい、とうぜん、被毛の長さを余り変えずに快適にする

方法もありますので遠慮なく相談してくださいね。


                       トリミング担当永峰

2011.07.03 Sun l 日記 l top