こんばんは。

以前のブログで旧正月についてご紹介しましたが、

今回は神戸でも旧正月の雰囲気を味わえるスポットをご紹介します。

DCIM3258_convert_20130128181642.jpg

DCIM3263_convert_20130128184742.jpg

こちらは学校のある三宮から歩いて約10分のところにある

神戸のチャイナタウン「南京町」です。

横浜中華街、長崎新地中華街とともに

日本三大チャイナタウンの一つと言われています。

毎年南京町一帯では旧正月を祝うお祭りが行われ、

パレードをはじめ、獅子舞や龍舞などとても盛大にお祝いされます。

普段から地元の人だけでなく、全国各地からたくさんの方がいらっしゃいますが、

お祭りが開催されている期間中はいつにも増して街が華やかになります。

DCIM3260_convert_20130128183243.jpg

DCIM3261_convert_20130128183347.jpg

中華街の中心には憩いの場があり、

十二支に見立てた銅像達がその周りに立ち並んでいます。

十二支にはそれぞれ象徴するものがあるのをご存知ですか。

自分の干支の由来・象徴を調べてみるのも楽しいかもしれませんね。

最後にこちらの写真をご覧下さい。

DCIM3264_convert_20130128184820.jpg

自動販売機も中華街仕様になっています。

隅々まで楽しめる南京街。

学校見学やオープンスクールの帰りにぜひ行ってみて下さい。


神戸ブレーメン動物専門学校

スポンサーサイト
2013.01.31 Thu l 日記 l top
こんばんは。

今回は犬具について少しお話したいと思います。

P1030488_convert_20130130182504.jpg

写真を見ていただくとお分かりの通りリードです。

リードにも様々な種類があり、用途に応じて使い分けて行くと

大変便利で扱いやすい道具です。

例えば、引っ張り癖のあるワンちゃんに関しては

ナイロン製のリードだと表面がザラザラしておりますので

オーナー様の手に負荷がかかります。

逆に、皮製のリードなどの表面が滑らかなリードを

使用すると手にかかる負荷が軽減されます。

長さも様々あります。

上から順に、フレキシブルリード(長さが自由に変えられる)

一般に市販されているタイプの長さ(120cm)

トレーニングに広く用いられる(180cm)のリードです。

他には45cm位の長さのショートリード

P1030491_convert_20130130182536.jpg

写真のようなロングリードがあります。

ショートリードなどは、体高の高いワンちゃん(大型犬、超大型犬)

などに使用するとリードに自分の体重がかかりやすく

余計な力を使わずにワンちゃんをコントロールしやすくなります。

ロングリードなどは、屋外でボールなどを投げて遊ぶ場面で

または、ワンちゃんから離れて、マテ、オイデなどを

行う場面で活躍します。(長さが増した分周りに人や動物がいないか

を十分に把握した上で使用してください)

他には多用途リード(長さを変えられる(100cm、160cm)

ショルダーリード、2頭引き用リード、ショートリードなど

1本で様々な使い方が出来るリードも市販されています。

もち手にクッション材を使用した物や蛍光版が埋め込まれたもの

など多種多様なリードがございますので、興味のある方は

色々な物を探してみてください。

                       鈴木       
2013.01.30 Wed l 日記 l top
こんばんは。前回はチョロ松の脱走事件について

お話しました。その次の日も脱走し、見つかった

場所はまた冷蔵庫の裏でした。

再び脱走しないようゲージを強化。それ以降は脱走はなくなりました。

皆さんもくれぐれご注意を・・・。

それではこの前の引き続きお散歩についてお話します。

皆さん散歩時の注意点はばっちりですか??
P1040777_convert_20130129181035.jpg

では散歩終了時についてお話します。

散歩が終わりましたらそのままハウスに戻したままにしないで

確認を行なってください。

一つはハムスターの動きがおかしくないか?

短時間でも気づいてないうちに怪我をしていたり

何かを飲み込んでいないか確認を行い、異変があれば

病院に行ってください。

二つ目は頬袋の確認です。

頬袋が膨らんでいれば散歩中に何か拾った証拠ですので、

中の物を確認してください。

三つ目は別荘を作ってないか?

散歩の途中、別荘を作ってしまうハムスターもおり

問題はないですが、そこに食べ物を隠し腐らせて

しまうと危険の為、隠してあったら捨ててください。
P1040778_convert_20130129181125.jpg

以上の事を確認しハムスターの散歩を行なってください。



追伸
本日姉妹校の神戸ブレーメン動物専門学校にお相撲さんが

通りかかったみたいですよ。

お相撲さんの稽古は非常に厳しいと聞きますが

怪我をせず頑張ってくださいね

DSC_1224_convert_20130129184522.jpg





                    ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校
                       トリミング担当 森 



2013.01.29 Tue l 日記 l top
こんばんは。本日は前回の予告通り、避難場所についてのお話です。

お住まいの地区の避難場所は確認済みですか? 避難を余儀なくされた場合、どこへ向かえばいいのか・・・確認し、家族で話し合っておく必要があります。

しかし、猫・犬を連れて避難できたとしても、避難所で猫や犬と一緒に生活はできないのが現実です。

集団生活です、中には動物が嫌いな人も居るでしょうし、動物アレルギーの人も・・・。

私が聞いた話によるとペットと共に避難した方々は「窮屈ではあるけれど車の中でペットと一緒に過ごした」と。

その後、ペットの一時預かりなどペットケアに対する体制も整ってきたとの事です。

それでも地域によって多少の違いがあるようなので、お住まいの地域の自治体などに問い合わせるなど情報確認をしておく必要があると思います。


ストレスなく、過ごさせてあげたい・・・
016_convert_20130127152330.jpg

ご飯は・・・我が家が落ち着くね
015_convert_20130127152253.jpg

震災は、来ないで欲しい・・・ですが、いつ来るか分からない!

それに備えて、しっかり準備しておきたいものです。物も情報も!!

                                       猫担当 大栗 
2013.01.28 Mon l 犬と猫の生活 l top
皆さん、こんにちは。

今日も前回に引き続きトレーニング解説を行いたいと思います。

服従訓練の「待て」をご紹介いたします。

合図の言葉は「マテ」もしくは「ウェイト」と犬に教えていきます。

どれくらい犬を待たせればいいの?と思う方もいらっしゃると思いますが

最初は短い時間でお座りや伏せを教えてあげてください。

最初は2秒~5秒くらいで構いません。

急に長い時間、待たせたりするとかえって、犬にかかるストレスは多くなります。


特に子犬の頃は、無理に負荷をかけすぎずに短い時間から徐々に時間を延ばしていくことが大切です。

トレーニングは遊びの延長と認識させると覚えがストレスも最小限に

そして習得のスピードも速まります。


このトレーニングに関しては「マテ」の合図を出して

動いてしまった場合は言葉で叱り、成功した場合は大きく褒めてあげて下さい。

最終的な目標としては1分~5分くらいお座りや伏せの状態で待つことが出来れば良いでしょう。


次は距離を伸ばしていきます。

最初は犬の正面に立ち、慣らしてあげます。

次はリード分の長さで待たせ、できたら徐々に距離を伸ばしていきます。


正面で「マテ」のトレーニング↓
CIMG1725_convert_20130121163033.jpg



リード分の長さで「マテ」のトレーニング↓
CIMG1726_convert_20130121163056.jpg


「待て」のコマンドを身につければ部屋の端に立っていても

おとなしく待てるようになります。


「待て」のトレーニングはワンちゃんの安全に関わる大変重要な事です。

例えば、散歩途中に横断歩道にさしかかった時など

もし犬が待たずに車道を横切った場合、大事故に繋がる可能性もあります。

これまで解説してきた基本的な服従訓練は、「もしも」の場合に備え

人間社会を生きていくうえで必要不可欠といっても過言ではないでしょう。


次回はトレーニングをするときの褒めと叱りの「声の強弱」

そして「お手とおかわり」のトレーニングをご紹介する予定です。


                 アシスタントT・M
2013.01.26 Sat l 日記 l top
皆さんこんにちは。

以前はアルプスの絶景をご紹介致しましたが

今回は美術館をご紹介します♪

と言っても普通の美術館ではありませんよ

芸術に敏感な方もそうでない方もこの絵を見れば分るのでは??

430_convert_20130122145100.jpg

レオナルド・ダヴィンチ作 モナリザ です。

もうお気づきですね?

ルーヴル美術館です♪

421_convert_20130122145042.jpg

世界最高峰の名画にも驚きですが写真を撮るのも自由なんです。

日本ではありえませんよね。

広い館内には様々な絵画、彫刻などの美術品が数多く展示されており

世界各国から訪れた人々を魅了します。

419_convert_20130122145022.jpg

写真やレプリカではなく本物を見るとまた違った世界が広がりますね。

皆さんも機会があれば是非、本物を見に行かれてみてはいかがでしょうか。

437_convert_20130122145120.jpg

神戸ブレーメン動物専門学校 服部
2013.01.25 Fri l 海外 l top
こんばんは。

先日開催されましたブレーメン競技会の

実技後に競技会の為来校していた神戸校の学生

マレーシア留学生、徳島校の学生を交え

合同のトレーニングの授業を行いました。

競技会後なので短時間ではありましたが

普段とは違うメンバーに徳島校の学生も

、今回参加した学生達も

お互いに良い刺激になったのではないでしょうか?

また機会があれば合同授業を行う事が出来れば

個人個人の向上心につながると思います。

IMG_0222_convert_20130124172710.jpg

IMG_0221_convert_20130124172655.jpg

競技会の内容としては、慣れない雰囲気に緊張はありましたが

問題なく全員が課題をこなせたと思います。

気になる点は多少ありましたが、ライセンス試験まで

残り1ヶ月を切りましたが、この競技会で自分自身が身をもって

満足いかない科目が明らかになったと思います。

この後、競技会での失敗を、どのように修正していくのか?

それがライセンス試験をパスする為の鍵だと思いますので

各個人がしっかりと修正部分を認識し

今後のトレーニングに臨んでほしいと思います。

                          鈴木
2013.01.24 Thu l 日記 l top
皆さんこんばんは。今年もインフルエンザなどの感染症が流行している様ですが

体調管理はしっかりされていますか?

先々週では関東地方で大雪、先週は徳島でも一部地域では雪が積もって銀世界が

広がった所もありました。

ちょうどその時に持ち合わせたカメラで撮影したのがコチラの風景です。

DSC_0086_convert_20130123183755.jpg

いかかでしょうか?水分の多い雪の為、ふんわりと積もる様子はありませんでしたが

事故が起きるには十分なほどの積雪ですね。

DSC_0084_convert_20130123183732.jpg

山の向こう側が雪で見えない状況です。こちらの写真では伝わりにくいと思いますので

DSC_0083_convert_20130123183705.jpg

DSC_0092_convert_20130123183820.jpg

この写真ではどうでしょう?画面いっぱいに雪の粒が写っていますよね。

車などを運転していたら、フロントガラスが真っ白になります。

通り過ぎる車はどれもゆっくりと安全運転をしていました。

ちょうど20日の日曜日から大寒、年間を通して最も寒いとされている期間です。

この寒さに耐え切れば暖かい春がやってきますので、自分の体調管理と合わせて

ご自宅のペットの防寒もしっかりと行い、元気に冬を乗り切りましょう。


                          トリミング担当 永峰
2013.01.23 Wed l 日記 l top
こんにちは。

ブレーメンでは経験を積む為、そして視野を広げる為に、

日頃から積極的にショーに見学行ったり、実際に参加したりしていますが、

本日は、学校内で開催されましたグルーミングコンテストをご紹介いたします。

CIMG2639_convert_20130122183334.jpg

CIMG2655_convert_20130122192012.jpg

それぞれの学年から選抜された学生が技術向上を目的に、

各々の技術力を競い合います。

ところが、今年のコンテストは一味違う!

神戸校の学生と、マレーシアから短期留学で来ている学生も参加しました。

CIMG2651_convert_20130122185056.jpg

CIMG2642_convert_20130122185136.jpg

開始の合図と共に、時間配分を考えながら、

いかにして自分の実力を最大限に引き出すか、

緊張しながらも精一杯頑張っていました。

遠足などの学校行事でしか顔を合わすことのない神戸校と徳島校の学生が

目の前の一つの目標に向かって真剣に取り組む姿は

見ていて圧倒されました。

また、美容以外にもトレーニングコンテストが同時に開催されました。

CIMG2672_convert_20130122191256.jpg

CIMG2697_convert_20130122191615.jpg

普段とは少し違う雰囲気の中、犬が緊張している場面も見受けられましたが、

そこはハンドラーの腕の見せ所です。

いつもと同じように笑顔で接し、犬の実力を引き出してあげます。

CIMG2665_convert_20130122192453.jpg

真剣に取り組んでいると時間が過ぎ去るのは速いものです。

最後に審査員の野上校長がチェックを行い、

総評と共にアドバイスを頂きました。

日々の授業や実習、イベントはきっかけにしか過ぎません。

それを10にするのも、100にするのも、皆さん次第です。

本日のコンテストを通じて学んだことを活かし、

ブレーメンで自分の可能性を広げていきましょう。


神戸ブレーメン動物専門学校

2013.01.22 Tue l 日記 l top
皆さんこんばんは。本日、ハプニングが起こりましたので

そのお話をさせていただきます。

まずは一枚目の写真をご覧ください。こちら↓
P1040774_convert_20130121184913.jpg

皆さんお分かりですか?そうです・・・入り口が

オープンしていたのです。もちろん、チョロ松はいません!

必死でチョロ松を探します!!

机の下・・・いません。

ゴミ箱の中・・・いません。

部屋の角・・・いません。

あちらこちら探してもいません・・・!

果たしてどこに行ってしまったのでしょうか??

探し始めてからおよそ10分。やっと見つけました!

どこにいたかといいますと、ココです↓
P1040771_convert_20130121184443.jpg

冷蔵庫のモーター近くにいました。
P1040772_convert_20130121184711.jpg

今回簡単に見つけましたが、もしお家で脱走した場合は

範囲が広いので中々見つけれません。

ですのでゴールデンハムスターを飼っている方は十分注意して

飼育してください。

 
                  ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校
                       トリミング担当 森 
                      
                    
2013.01.21 Mon l 日記 l top
こんばんは! 本日は災害時の避難についてのお話です。

大きな揺れに驚いた猫が1番にする事・・・それは猫自身が安全だと思う所に隠れる事です。

しかし地震には余震が付きもの! その余震で家屋倒壊と言った例は数多いのです。

そこで、ほんの少しでも避難の際に余裕がある状況なら、猫を探し出し一緒に避難して下さい。

前にもお話しましたが避難箱を用意し、まずは避難箱を確認します。

そこに入っていれば、そのままでも構わないかと思いますが・・・避難時には何かと荷物が有るし、両手が使えるに越した事はありません。

キャリーが便利
018_convert_20130120124128.jpg

肩がけや背負えるタイプの物が両手が使えて便利です。

倒壊の恐れがあり猫をキャリーに入れる事ができたらそのまま避難!!

また、倒壊の恐れがなくても避難しなければいけない場合で猫が見つけられない場合は・・・

物が落ちて来ないような安全なスペースに水とたくさんのフードを置き、猫が外へ出ないよう扉を閉めて避難して下さい。

パニックに陥った猫が外へ飛び出してしまうと、その猫を探し出す事は不可能に近いでしょうから。


キャリーに慣れさせよう!
019_convert_20130120124212.jpg

狭いぐらいがちょうどいい!!
020_convert_20130120124242.jpg


それでは次回・・・避難所についてお話しようと思います。

インフルエンザも流行ってきています。手洗い・うがいで予防を!!
                                  猫担当 大栗
2013.01.20 Sun l 犬と猫の生活 l top
みなさんこんにちは。今週は雪にも見舞われ、かなり寒い日が続きましたね。

今日は、そんな寒さを和らげてもらえればと思い、こんな写真を紹介します。

___convert_20130119180410.jpg

モデルはトイプードルのウィル君。金髪カツラ付きのお洒落なハットでキメています。

ちょっとした詩人の様ですね。

そして次の写真はコチラです。

DSC_0617_convert_20130119180439.jpg

同じく、帽子を被ってくれたモデルの夢ちゃんです。

こちらは少し危険な空気を漂わせていますね。

女の子ですが、まるでゴッド〇ァーザーみたいです。

じつはこれらの帽子は理事長が海外で買い付けたものなんです。

実際に見てみると作りもかなりしっかりしており、デザインも日本ではあまり見かけない物ですよね。

洋服やリード・首輪と比べればあまり実用的ではないかも知れませんが、たまには普段と違う装いで

お出かけするのも有りではないでしょうか?

今回紹介した写真の他にも違う帽子もありますので、ご興味のある方はぜひブレーメンへ。

ブレーメンフォトスタジオでお洒落にキメて記念写真、なんて良いかもしれませんよ。


                          トリミング担当 永峰
2013.01.19 Sat l 動物写真 l top
今日は前回に引き続き服従訓練の中から、「伏臥」についてご紹介します。

「伏臥」と少し難しい字で読みづらいですが

簡単に説明すると犬を「ふせ」させた状態を言います。

基本はお座りのトレーニングの仕方と変わりませんが、

重要なのは伏せた時の姿勢です。

しっかりと前後の足が崩れることなく揃っているかが重要になります。


足が崩れている場合は別の読み方で「休止」と呼ぶことがありますが

最初は「伏臥」をしっかり覚えることを勧めます。


それでは具体的な訓練の方法ですが

まずはじめに、お座りの状態をキープして下さい。
CIMG1708_convert_20130118091755.jpg


次に「ふせ」の体勢に持って行くのですが

お座りと同様に犬が喜ぶようなおもちゃやトリーツなどを用いて教えていきます。


今回お教えする伏臥について2通りの訓練法を紹介します。

一つ目はボールなどを使い、犬の意識をボールに集中させます。

この時に犬がしっかりと向いていないと、伏せの合図を覚えてくれないので

指導主の方向に向くよう必ず集中をとってください。
CIMG1709_convert_20130118091822.jpg

次にボールを犬の前肢の間へ徐々に下ろしていき、頭が下りていくようになったら

すぐさま褒めてください。

褒める言葉としては「そうそう!!」などの言葉をかけていき

犬のモチベーションを高めるために、大きな声で褒めてあげてください。


次に二つ目の教え方は指導主のどちらかの脚を開き、下の写真の様な体制になります。
CIMG1715_convert_20130118091851.jpg

指導主の準備運動?と思われる方もいると思いますが

この姿勢の状態でおやつやおもちゃを使い、犬を開いた脚の下へ潜らせていきます。


そうすることによって犬は自然と伏せた状態になります。
CIMG1712_convert_20130118091913.jpg

繰り返し行い、潜らせる事に嫌悪感を示さなくなったら

徐々に体制を戻して普通の姿勢に戻し、「ふせ」の合図をかけます

繰り返し成功するようになれば通常の体制からでも伏せを行うようになります。


今回は二通りの訓練を紹介しましたが、これ以外にも違った訓練方法はいくつか存在します。

次回はお座り、伏せをより持続させるためのトレーニングを紹介していきたいと思います。 
                                 
                  
                    アシスタントT・M
2013.01.18 Fri l トレーニング授業風景 l top
皆さんこんにちは!

ブレーメンでは教員や学生が度々海外に行ったり、海外からの留学生が来たりと

多くの場面で海外との交流をご紹介してきました。

今回は弊校の学校長がヨーロッパ視察に行かれた際の写真を

何点かご紹介いたします

3.jpg

スイス・アルプス山脈です

日本にはない絶景は見るものを圧倒します。

1.jpg

標高4000m級の山々は簡単には登れません。

高山病・寒さなど過酷な環境だけに上から見る景色も最高です!

2.jpg

他にもヨーロッパの街角・お城・イルミネーションなど

数多くありますので随時ご紹介して行く予定です。


↓の写真は麓にいた猫です。人懐っこくずっと付いてきていたみたいです♪

とっても可愛いですね~
ビスキー

     神戸ブレーメン動物専門学校 服部
2013.01.17 Thu l 日記 l top
こんばんは。

前回に引き続きマットトレーニングの話題を

お届けしたいと思います。

前回マットトレーニングの必要性についてお話しましたが

今回は練習の方法をお伝えしたいと思います。

基本的にはクレートトレーニングと同じですが

周りに囲いが無い分自由に行き来できるので

まずはリードを短く持って行動範囲の制限をかけます。

P1030478_convert_20130116171757.jpg

上記の写真でもお分かりいただけると思いますが

オヤツをマットの上にばら撒き、マット上に居ると

自分にとってプラスな事柄が起こると関連付けていきます。

P1030474_convert_20130116171705.jpg

玩具などでも代用可能です。

ワンちゃんの興味を長く持たせ続けられる物が良いと思います。

例えば、知育玩具(転がすとオヤツが出てくる)、コング、ガムなどが

良いかと思います。

初めは30秒、40秒、45秒と少しずつマット上で居られる時間

を延ばしていくとよいでしょう。

決して上から押さえつける、リードで無理矢理留まらせる

という事をしないでください。あくまでも、ワンちゃん自身が

リラックスできる空間を作っていきたいので、マットの上で居ると

楽しい、落ち着ける、という事を指導主が意識してあげると

上手くいきやすいと思います。

P1030475_convert_20130116171722.jpg


P1030473_convert_20130116171639.jpg

落ち着いて居られるようになってきましたら

〔マット〕などの言葉をかけてあげてください。

そうすることによって、マットという言葉=マット上

という関連付けができてきます。

この合図との関連付けが構築されれば

マットを広げて合図をかけると、マットの上に行き

大人しく待つことが出来るようになります。

床との区別がつきにくいので初めは思うように行かない

場合がありますが、分厚いマットを使用する

などの工夫をし、根気強く練習してみてください。

                       鈴木
2013.01.16 Wed l 日記 l top
皆さんこんばんは

今日は遙々マレーシアからやってきた短期留学生をご紹介します。

ステファニーさんはグルーミングを始めてまだ6ヶ月と経験は浅いのですが

日本で、そしてブレーメンでぜひ勉強したいとの事で今回の来日となりました。

基本は神戸ブレーメンでの受講なのですが、今日は姉妹校の徳島校での授業です。
201301152.jpg

豊富なブレーメンのモデル犬でシャンプー、ドライングから

シザーリングまで基本技術を講師陣が丁寧に指導しました。

今回はオーソドックスなT・プードルのテディベアカットを行いましたが

こちらが予想していたより高い技術を持っており

先生方も皆驚いていましたよ
201301151.jpg

やはり海外で学ぼうとする高いモチベーションが

技術の向上を早めているのでしょうね。

2週間弱と期間は短いですが

しっかりブレーメンで学んで欲しいと思います。


            ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校
                 教務担当 豊實
2013.01.15 Tue l 日記 l top
こんばんは。

前回に引き続き日本を飛び出して台湾をご紹介したいと思います。

DCIM3234_convert_20130111201419.jpg

DCIM3237_convert_20130111201840.jpg

こちらは「深坑老街」と呼ばれ、

台北市内から一時間ほどのところに位置する台北縣の中で一番ちいさな町です。

老街とは昔ながらの古い町並みのことを言い、

レトロな建築はもちろん、名物の絶品豆腐料理の数々を堪能することができます。

DCIM3238_convert_20130112101113.jpg

今では「豆腐の街」として有名ですが、

清の時代にはお茶の街として賑わい、約200mほどの通りに数十軒のお茶屋が軒を連ねたと言われています。

DCIM3240_convert_20130112101321.jpg

町中に点在するマンホールにも繊細な彫刻が施されておりました。

数百メートルの老街だけでも十分に台湾を感じられる風情のあるスポットです。

DCIM3241_convert_20130112102324.jpg

こちらは台湾の昔ながらの駄菓子屋さんです。

日本の駄菓子屋さんにとても似ていると思いませんか。

台北市内にも日系レストランや日系デパートが立ち並んでおり、

日本の街並みとほとんど変わりません。

違う国にいながら日本の文化に触れているような不思議な感覚です。

海外との交流に力を入れているブレーメンでは、

台湾にも提携しているお店があります。

台湾のペットショップで研修しながら台湾の文化に触れて視野を広げてみませんか。


神戸ブレーメン動物専門学校



2013.01.14 Mon l 神戸ブレーメン l top
皆さん、こんばんは。本日はハムスターのお散歩について

お話したいと思います。

「お散歩をしていいの?」と聞かれますが、もちろん

お散歩は大丈夫です。いい運動になり、肥満のハムスター

にはいいダイエット法にもなります。
P1040764_convert_20130112191732.jpg

ただし、注意しなければならない事が何点かあります。

・他のペット(犬・猫)がいないかどうか

・コード類がないか

・危険な物はないか(輪ゴム・ガビョウ・薬品・観葉植物)など・・・

一つでもありましたら片付けてください。
P1040761_convert_20130112191440.jpg

そして、必ずドア・窓を閉めカーテンも上らないようまとめてください。

あと、散歩中も注意点があります。

一つ目は絶対に目を離さないこと。離すと事故が起こってしまったり

見つけづらくなるからです。

二つ目は高い場所での散歩は禁止です。落下して骨折してしまい大事故に

なる恐れがあります。
P1040767_convert_20130112191926.jpg

最後はハムスターはすぐに疲れますので30で終了してください。

このことを注意しながら散歩をさせてあげてくださいね。

まだまだ、お話したいことがあるのでこの続きは次回に

回したいと思います。
P1040768_convert_20130112192103.jpg

                    
                 ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校
                       トリミング担当 森 
                      
2013.01.13 Sun l 日記 l top
皆さん、こんにちは。

今日は前回のお座りに引き続き、今度はステップアップした

「脚側行進」のトレーニングをご紹介します。

脚側とはその名の通り、足の横に犬を付けさせるのですが

ただ単に横につけさせるのではなく左足側面につけさせて

指導主の膝と犬の肩端が平行になる位置を保ちながら歩くことが望ましいスタイルです。


トレーナーさんによって掛け声は様々で

「付け」、「ヒール」などがあります。

掛け声に関して決まり事ではないですが、長い言葉で呼びかけるより

短い言葉でかける方が犬も混乱せずにトレーニングを円滑に行うことができます。

以上の事を踏まえて、「脚側行進」についてご説明します。


脚側行進もお座りと同様、繰り返し訓練を行うことで覚えていきます。    

犬によっては様々ですが、始めのうちは、おもちゃやおやつ等を用いて、

上手に誘導していき指導主の横について歩くと楽しいということを

犬に理解させてあげてください。

CIMG1686_convert_20130111183023.jpg

犬が付いて来るようになったら、行進中は絶えずテンションをあげたり

褒めたりすることで指導主が理想とする脚側行進に近づけることができます。


基礎ができるようになると、ゆっくり歩いたり、駆け足をしても犬が横についてくるようになります。


脚側行進の利点としては、日常での散歩などの引っ張り癖の抑制に効果を発揮し

車や自転車との接触事故の防止にも繋がります。

犬を飼う方にとっては大事な訓練の一つと言えると思います。


ブレーメンではトリミングだけでなく

トレーニングのモデル犬も募集しておりますので

脚側を覚えさせてみたい方は是非ともお越し下さい。  


       アシスタントT・M
2013.01.12 Sat l 日記 l top
こんばんは! 本日は前回の予告通り、てんかんについてお話します。

我が家の「ちーち」、2歳半になります。
016_convert_20130110220626.jpg

去年の夏、初めての「てんかん発作」を起こしました。

夏の朝、「うげーっうえっ・・・」と嘔吐している様子で目が覚めたのですが、ドタバタとベットの下へ走って行ってしまった黒い影。

えっ?「ぺこり?パース?ちーち?」 どの子か分からなく、ベットの下を覗くと「ちーち」が倒れて痙攣していました。

何が起こっているのか・・・ふざけているのか・・・。

名前を呼んでも無反応なのでベットの下から引っ張り出すと、口の周りを泡だらけにして体全体が硬直しているかのように突っ張ったままガタガタ震えていました。

何をどうすれば良いのか分からないまま、ただ名前を呼ぶ事しかできません。

とても長い時間のように思えましたが、2~3分の出来事でした。

少しづつ尾が動いて、いつものように尾を振り始めたので床に下ろしました。

すると何事もなかったかのように、いつもの「ちーち」です。
017_convert_20130110220720.jpg


「てんかん」とは、今や犬の100頭に1~2頭の割合で発生している慢性の脳の病気です。

生後1~3歳で発症し、原因不明で脳内に突然異常な電気的興奮が起こることにより神経が一時的マヒを起こすと言われています。

「体質」や「遺伝的」といった「素因」を持つ犬が、ストレスなどにより発作が起こりやすくなるようです。

「てんかん発作」の前触れとして、「甘える」と言う事ですが・・・「ちーち」は年中「甘えん坊」なので・・・わからないっ!!

2度目の発作は、先月始め。それも「嘔吐」がサインに・・・。

そして3度目が大晦日。やはり「嘔吐」のあとに倒れて全身硬直。

そっと抱きかかえ「大丈夫だよ、ちーち」と呼びかけてあげる。その2~3分後には、平然としています。

化学添加物が大量に入っている「犬のおやつ」をたくさん食べると発作を起こしやすくなるようなので気をつけなければと思います。

慢性的な病気とうまく付き合っていけるよう、これからも色々と調べて行きたいと思います。

ちなみに、猫のてんかんの発生率は100頭に1頭以下で犬より少ないようです。

                                  猫担当  大栗

2013.01.11 Fri l 犬と猫の生活 l top
皆さんこんにちは!

突然ですが、長年ワンちゃんに愛用している道具や思い入れのあるものはありますか?

私の場合は初めて足跡追求でパートナーになった警察犬の首輪を現在飼育しているアーツにつけています。

これは験担ぎとして付けていますが人によって色々な意味があるでしょう。

しかし、そういった品にも気をつけてないとこんな落とし穴が↓

8_convert_20130109172454.jpg

かなり使いこまれているのは一目瞭然!

幼犬の時から付け、少しずつ穴が変わり成長を感じられる首輪・・・

何か気がつきましたか??

金具に注目↓

9_convert_20130109172613.jpg

ナスカンと常に接するこの部分は徐々に削れてきます。

もちろんすぐになるものではありませんが、時間が経てば必ず道具は傷んできます。

皆さんももし永く使っているものがあるならたまに削れていないか、壊れてはいないかを確認してみてください。

神戸ブレーメン動物専門学校 服部
2013.01.10 Thu l 日記 l top
こんばんは。

いきなりですが、下記の写真をご覧ください。

P1030543_convert_20130109195020.jpg


P1030510_convert_20130109195002.jpg

ワンちゃんがマットの上でくつろいでいるだけの写真?

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、

これもトレーニングの一環なのです。

どのようなトレーニングかと申しますと

マットの上で落ち着いてじっとしていられるように

していきます。

なぜマット上でなければいけないのか?

実は、このマット、クレートの代わりなのです。

場所によってはクレートを持ち込めない場面もあるかと思います。

例えば、ドッグカフェ、災害時の緊急避難場所など

沢山ございます。

ドッグカフェなどに行くと、他の人やワンちゃんに反応してしまい

ウロウロしたり、リードを引っ張ったりと、気になって

落ち着いた時間が過ごせない、一緒に行った人との会話を楽しむ

事が出来ないなど困った事になっていまします。

ワンちゃんにとって、マットの上が落ち着ける場所になれば

マットを広げるだけで、問題が解決できます。

慣れてくれば、30分でも1時間でもマット上で待たせる事が

出来るようになりますので皆さんもご興味があれば試してみてください。

また機会があればマットトレーニングの教え方などもご紹介したいと

思います。

                        鈴木                     





2013.01.09 Wed l 日記 l top
皆さんこんにちは。今回は先日行なわれたドッグショーの様子をお伝えします。

当日は朝8時の受付時間より前から多くの出陳者とワンちゃんで賑わっていましたが、

吉野川河川敷は周囲に風を遮る物がほとんど無く、時折吹き付ける強い風に

我々以外の出陳者の方も準備に悪戦苦闘している様子でした。

CIMG1585_convert_20130107081321.jpg

地元でのドッグショー開催という事でブレーメンの学生達も見学に来ており

ショーの見学だけでなく、出店されたブースなども見学しながら

トリミングやトレーニング用の道具を楽しそうに物色していました。

CIMG1653_convert_20130107081517.jpg

また、ドッグショーの楽しい所はリンク内で行なわれているショーそのものだけでなく

周りの「パドック」と呼ばれる場所で珍しい犬種のトリミング方法なども見られる事です。

CIMG1582_convert_20130107081241.jpg
(オールド・イングリッシュ・シープドッグの手入れの様子)
IMG_3281_convert_20130108173953.jpg
(フルコート状態のヨークシャー・テリア)

当日の出陳頭数は210頭ほどで、4つのリンクに分かれて

大型犬や小型犬、あるいはグループと呼ばれる良く似た犬種同士で分けられ

1犬種ごとに優秀犬(1席)を決めていきます。

トイプードルやチワワなど、人気犬種は出陳頭数も多く必然的に競争率も

高くなります。そんな中で自分の技術を磨く為に出陳する事は本当に大切な事ですよね。

IMG_3245_convert_20130108173454.jpg

IMG_3276_convert_20130108173754.jpg

IMG_3282_convert_20130108174136.jpg

IMG_3316_convert_20130108174253.jpg

ドッグショーというと少し特異な世界の話の様に思われたり、ルールが良く分からない

という方も多いと思いますが、まずはショーに出ている綺麗な犬を「見る」という事が

大切です。

近くでこういった大きなショーが開かれる事は滅多にないチャンスですので、ワンちゃん好きの方は

ぜひ一度見学に行ってみてください。

その際は我々ブレーメンのスタッフや学生も出陳していますので、お声かけ頂ければショーについて

色々お答え出来ますので遠慮なくどうぞ。


                             トリミング担当 永峰

2013.01.08 Tue l 学校イベント l top
皆さん、こんにちは。そして明けましておめでとうございます。

今回は服従訓練の中から最も初歩である「お座り」について

ラポピちゃんと共に実演しながら紹介したいと思います。

まず始めに指導者がワンちゃんの左側に付き、「お座り」と声をかけます。


まったくの初めての場合、おやつを頭の上の方へ持って行くと

犬の目線が上がりお尻が下がって、自然とお座りの形ができます。

この時しっかりとワンちゃんの目を見てアイコンタクトをとるのを忘れずに行って下さい。
CIMG1574_convert_20130105175438.jpg

次にこのお座りの体勢をキープします。

犬によって個体差はありますが

最初は短い時間から徐々に秒数を上げていき慣らしていくのが良いでしょう。

お座りとはいえ、最初はすぐに身に着かないかもしれません。

最初の目標として1分間保持を目指してみましょう。

訓練は繰り返し行う事で身に着くものであり、日々の練習が必要となります。

次回はステップアップした服従訓練を紹介していきたいとおもいます。 



       アシスタントT・M
2013.01.07 Mon l 日記 l top
今日はワンちゃんの年齢についてお話したいと思います

先日、小梅が5歳の誕生日を迎えました
2013010501.jpg

犬の年齢って人間に例えるとどれくらいなんでしょうか?

大きさによって違いますが

一般的に小型犬の5歳は人間の35~36歳にあたると言われています

今の自分の年齢とさほど変わらないくらいです


生後50日程でやってきた頃は、幼く小さかったですが

それからあっという間の5年間
2013010503.jpg

その間2度の出産で、5匹の新しい命をこの世に誕生させてくれました
2013010502.jpg

そろそろ様々な病気のリスクが高まってくる年齢でもあります

2度目の出産の後、避妊手術を受けておりますので

雌犬で多い「子宮蓄膿」のリスクはありませんが

乳腺腫瘍のリスクは少なからず残っています


人もワンちゃんも健康で長生きするためには

定期的な検診と日々の栄養管理等のケア、適度な運動が必要です

皆さんも愛犬と一緒に健康ライフを目指してみてはいかかでしょうか


          ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校

                教務担当 豊實


2013.01.06 Sun l 日記 l top
明けましておめでとうございます。

いよいよ2013年の幕開けです!

1221+(68)_convert_20130104213625.jpg

2013年の初ブログは台湾からの投稿です。

今年のお正月は台湾で過ごしましたが、

台湾には2回お正月があります。

一つ目は馴染み深い1月1日のお正月。

お正月と言われると真っ先に思い浮かべるであろうお正月です。

そして二つ目はチャイニーズ・ニューイヤーと呼ばれる、いわゆる「旧正月」です。

台湾ではどちらのお正月もお祝いしますが、

旧正月の方が盛大にお祝いされ、

お正月と言われるとこちらの「旧正月」思い浮かべる方が多いです。

過ごし方はと言うと・・・日本と大きな違いはありません。

家族や親戚一同が集まり、皆で「年菜」と呼ばれるお節料理を食べます。

もちろんお年玉もありますよ!

そして初詣。

日本との大きな違いは、神社ではなく、お寺や廟に初詣に行くということです。

DCIM3235_convert_20130104215626.jpg

DCIM3236_convert_20130104215651.jpg

有名なお寺・廟ともなると、入るのにも一苦労するぐらい賑わいます。

台湾の他に、シンガポール、中国、香港、韓国、ベトナムなどでも旧正月が盛大にお祝いされます。

皆さまも一味違うお正月を体験されてみては。

2013年もどうぞ宜しくお願い致します。


神戸ブレーメン動物専門学校


2013.01.05 Sat l 神戸ブレーメン l top
皆さん明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

そして、我が家の愛犬「比乃」「銀牙」「夢」です。

ピノは7歳、銀牙は3歳、夢は無事1歳を迎えることが出来き

3頭共、とても元気です。
DSC_0572_convert_20130104123712.jpg
愛犬たちはすんなり写真を撮らせてくれたのですが、

問題はこの子達・・・・・↓↓
DSC_0577_convert_20130104123829.jpg

ゴールデンハムスターのチョロ松、ケンジ、シルベです。

さすが、単独行動大好きなゴールデンハムスター達です。

あちらこちらにウロチョロ・・・中々思いどうりにはいきません。

5分くらいは係ってしまい、大変でしたよ・・・。

結局、撮れたのがこの1枚チョロ松とシルベの2ショット・・・

ケンジさんはどこかに放浪中です。

しかし、シャンガリアンのBITEはすんなり写真を撮らせてくれ

簡単でした。
DSC_0580_convert_20130104123951.jpg

私の意見ですがジャンガリアンが撮りやすいと思います。多分ですけど・・・

皆さんもワンちゃん・猫ちゃん、そしてハムスター、ウサギ等の

記念写真を撮ってみてはいかがでしょうか?


                  ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校
                       トリミング担当 森 
                   



2013.01.04 Fri l 動物写真 l top
明けまして、おめでとうございます。 どんなお正月を過ごされましたか?

今年もよろしく~! 皆んな勢ぞろいで・・・あれ?
017_convert_20130103155415.jpg

我が家では、クリスマス前から年末にかけて大変でした・・・(ーー;)

まずは「ぺこり」改め「メカぺこり」
023_convert_20130103155530.jpg

今、こんな事になってます。 実は・・・預かって貰ってた所から脱走し、車にはねられてしまいました。

骨盤骨折(3箇所)で手術・・・。プレート・ボルトで補強!! 

どんなに気を付けていても、悪い事はほんのスキをついて起こる・・・思い知らされました。

まるで子犬の世話をしているかのようでした。今は、まだヨタヨタしていますが歩くようになりました。


次に「ちーち」
020_convert_20130103155628.jpg

大晦日に「てんかん発作」を起こしました。これで3度目・・・少しは慣れてきましたが、最初は何が起きたのか分からずこちらがパニックになるほどでした。

そこで次回「てんかん」について、お話する予定です。


新年・・・新しい年のスタート! 悪い事も良い事へ変えていけるように・・・。

厄を落としに行ってきました。薬王寺です。ライトアップされて、なんとも幻想的!
015_convert_20130103160423.jpg

さ、今年も頑張ろう!

                               猫担当 大栗

2013.01.03 Thu l 犬と猫の生活 l top
皆さんこんにちは。

今回は初詣の様子をご紹介します。

場所は岡山の最上稲荷!

日本で“最上”とつけていい稲荷は3つだけですが

そのうちのひとつです。

nn_convert_20130102191545.jpg

どこからでも分かる大きな鳥居が目印です。

今年も多くの方が参拝に来られていました。

u.jpg

本堂では祈祷が行われ、五穀豊穣や健康などが祈られています。

参道では出店が多くあり非常にお正月らしい雰囲気です。

e.jpg

いき付けの神社や稲荷があるとは思いますが、たまには遠出して雰囲気をかえてみると

また違った1年を過ごせるかもしれませんね。

神戸ブレーメン動物専門学校 服部
2013.01.02 Wed l 日記 l top
新年あけましておめでとうございます

巳年の2013年

蛇は脱皮をするので『復活と再生』の象徴でもあります

今の日本にとって最も重要なテーマではないでしょうか

我々も未来を担う人材教育に、よりいっそう尽力致します。

皆様方の更なるご支援と御協力よろしくお願いいたします


      学校法人野上学園   
     ブレーメン愛犬クリエイティブ専門
     神戸ブレーメン動物専門学校

2013010101.jpg
2013.01.01 Tue l 日記 l top