皆さんこんにちは!

今回は神戸ブレーメン初のウサギさんをご紹介します!

ピーター君はネザーランド・ドワーフという種類のウサギです。

ウサギの中でも比較的小柄なタイプですが好奇心は旺盛♪
CIMG3158_convert_20131031184550.jpg

屋上ドッグランを嬉しそうに跳ね回っています。

普段なかなか外に行けれないという事で

飼い主様が連れて来て下さったのですが、気持ちが伝わったのか

初めての場所なのにしっかり動いてくれました^^
CIMG3167_convert_20131031184605.jpg

楽しくて何よりですね♪

ブレーメンではウサギの爪切りやシャンプーなどもお受け出来ますので

興味がある方は是非お越し下さい。
CIMG3154_convert_20131031184518.jpg

神戸ブレーメン動物専門学校 服部
スポンサーサイト
2013.10.31 Thu l 日記 l top
こんばんは。

今回はタイトルの通り便利な玩具についてお話したいと思います。

今回ご紹介する玩具は『コング』という便利グッズです。

この商品は、アメリカで生まれた天然ゴム製のペットトイです。

日本では、ペットショップの玩具コーナーで見かける事ができますし

大型のスーパーやホームセンターでも販売されている位の

人気商品です。

その人気の秘密は、安全、安心、低価格、使いやすい、です。

詳しく説明しますと

・安全・・・適切なサイズ、硬さを選択してあげると壊れないですし
      誤飲の心配もございません。

・安心・・・100%天然ゴムで出来ており、空洞部分も洗いやすい。

・使いやすい・・トレーニング、留守番、デンタルケア、一人遊び
        と色々な場面で使えます。

他にも、水に浮くタイプの物や音が鳴る物、振り子のように

なっているタイプの物、通常のコングより硬いタイプなどもあります。

このように、選択幅が広いので用途に応じて使い分けるとよいでしょう。

IMG_0925_convert_20131030183258.jpg

今回は、無駄吠えが酷いのでコングを与えてみました。

初めは、見たことも無い物に困惑しておりましたが

中からオヤツで出る事と、予測不能な動きに

夢中になりはじめました。

お留守番や手が話せない場合に、コングに中身を詰め、与えてあげると

コングに夢中になり吠えることを軽減できます。

IMG_0927_convert_20131030183321.jpg

中に入れる物も、クッキータイプ、ペーストタイプ、などがあり

味も様々な物があります。

専用のオヤツを使用しなくても十分に気を引くことができます。

注意点は、中身をすぐに食べ終えてしまわないような工夫が必要です。

オヤツを小さく切って使用する際には、大きいオヤツで蓋をする

チーズを中に塗る、肉汁を入れて凍らせるなど

アイデア次第では幾通りもの使い方ができます。

IMG_0928_convert_20131030183338.jpg

コングは本当に便利な玩具なので、私も色々な種類を所持しております。

ご興味を持たれた方は一度使っていただきたいと思いますが、

使用後はしっかりと洗浄し衛生面に気をつけてあげるように

してほしいと思います。

                          鈴木
2013.10.30 Wed l 日記 l top
最近寒い日が続きますね。

さて、今日は以前こちらのブログでもお話したハロウィンの飾り付けについて

再びご紹介したいと思います。

文化祭が終わり、学校内はハロウィンモード一色です。

学校のあちこちにカボチャの飾りつけがあり、

とても賑やかな雰囲気となっています。

神戸ブレーメンにおなじみのブタちゃんも帽子をかぶっておめかしをしています。


蜀咏悄_1+1_convert_20131029180523


なんだかブタちゃんの表情がどことなく誇らしげに見えますね。

また、ブレーメンの音楽隊もすっかりハロウィンの装いです。


蜀咏悄_convert_20131029181349


ハロウィンまで期間限定の飾り付けですので、まだご覧になっていない方は

ぜひ神戸ブレーメンまで足を運んでみてください。


ハロウィンまであと数日。


皆様楽しいハローウィンをお過ごし下さい!


神戸ブレーメン動物専門学校

胡内
2013.10.29 Tue l 神戸ブレーメン l top
こんにちは。

前回はわんちゃんたちに洋服を着せたときのメリットについてお伝えしましたが、

今回は洋服の購入時に注意して頂きたいポイントをお伝えしたいと思います。

まずは洋服のサイズ。

サイズの合わない洋服を着せてしまうと動きづらかったり、

自分の洋服につまづいて転んだりしてしまう場合もあります。

洋服を買う前に体の大きさだけでなく、

首周りや胸周りの大きさをきちんと測ってください。

次に素材です。

伸縮性のない洋服は犬の動きを阻害してしまう可能性がありますので、

少しでも負担を減らすために、伸縮性のある洋服を選んでください。

また、寒さ予防のために温かい素材のものを着せたものの、

逆に暑すぎて体調が悪くなってしまう場合もありますのでご注意を!

前回もお伝えしましたが、

犬は体温調節が苦手な生き物ですので、

素材選びには細心の注意が必要です。

洋服のデザインにもポイントが。

わんちゃんの口が届く範囲にボタンやビーズなど、

飾りがついている場合、気になって噛んでしまう場合があります。

誤飲が重大な事故を招いてしまう可能性もありますので、

特にお留守番させる時には洋服のデザインにも気を付けてください。

そして最後に…

わんちゃんは本来洋服を着る生き物ではありません。

洋服に慣れていないわんちゃんは

ストレスに感じてしまう場合もありますので

着せっぱなしは避けて下さい。

暖かい素材の毛布を寝床に敷いたり、

体全体ではなく冷えやすい個所を温めてあげるなど工夫してみるのも。

犬種によって暑さ、寒さに強いわんちゃんもいますので、

それぞれに合った洋服を選んでください。

これからの季節ますます寒くなりますが、

皆さま体調に気を付けてくださいね。

1221+(172)_convert_20131019094309.jpg


神戸ブレーメン動物専門学校

2013.10.28 Mon l 神戸ブレーメン l top
皆さんこんばんは

本日行われました学園祭の様子をお伝えします。
2013102701.jpg

毎年たくさんの方がワンちゃんなどを連れて来場してくれていますが

今年も多くの方と動物で賑わいました。

ここ数年はお天気が悪かったのですが

今年は良いお天気に恵まれました。

2013102702.jpg

特に人気の高かったブースは『健康診断』『お手入れコーナー』『ドッグカフェ』

やはり普段の健康管理やお手入れ方法などに皆さん関心が高いようです。

担当学生も皆「おもてなしの心」で一生懸命対応していましたよ

2013102703.jpg

普段から一般の飼い主様とコミュニケーションをとる機会は多いですが

こういったイベント時はいつもと違う雰囲気で緊張感もあったと思います。

2013102706.jpg
毎年大人気のドッグカフェ

今年はおやつのメニューをさらに増やしてみました。

定番のドーナツやクッキー、ヘルシーな野菜チップス

来年はどんな新メニューが加わりますでしょうか。


この時期は様々なイベントが行われており

学校の前を流れる新町川でも何やら謎のクルージング集団が・・・
2013102705.jpg
県内のゆるキャラがボートに乗船し川を周回する「ひょうたん島クルーズ」をPR

ブレーメンの学生とも交流し、お菓子の差し入れをたくさんいただきました。


皆様のおかげで今年の学園祭も無事終了しました。

来年はまた新しい要素を取り入れ

ペットと一緒に楽しめるイベントにしたいと思います。


学生はこれからも遠足、中間試験、ドッグショーとイベント続きですが

一生懸命頑張り、そして楽しみましょうね


   ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校

        豊 實

2013.10.27 Sun l 学校イベント l top
みなさんこんばんは。

明日は待ちに待った文化祭です!!

そこで、文化祭の準備風景を載せたいと思います。

まず、1階では毎年恒例の「びふぉー&あふたー」の

展示物の作成中で最後に1・2年生共同作業で絵を書き完成、
20131026_180038_convert_20131026181443.jpg

2階ではお手入れコーナー、リボン作りを行ない、

3階ではしつけコーナー・ふれあい教室を行いますので
20131026_180104_convert_20131026181526.jpg

20131026_180129_convert_20131026181545.jpg

看板の作成中です。

その他にも別館の2階でドッグカフェ、3階で看護展示・フリーマーケット

4階でフォトスタジオを行ないますで皆さん愛犬と一緒に遊びに来てくださいね。

たくさんのご来校お待ちしております!!

http://www.tba.ac.jp/index_gakuensai2013.html


                     ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校
                        トリミング担当 森
2013.10.26 Sat l 日記 l top
こんばんは!  本日は我が家の「ぺこり」のお話しです。

来月11月に10歳の誕生日を迎えます。

今まで、これといった大きな病気もなく(去年末に事故で大怪我をしてしまいましたが)・・・とても元気!!

ここ最近では若返りを通り越して、子犬のようになってきました。

023_convert_20131025172549.jpg

しかし、子犬とは違って「知恵」は成長しています。

我が家では、家の中で自由に動き回れるようにしています。

ペットと言うより、家族の一員なのです。

そうする事により、様々な事を学習し「知恵」を付けて行くのだと思います。

そして、たくさん話しかける!  ← 重要!!

言葉を話す事は出来なくても、理解はできるようになります。

今では、こちらの感情までも理解できるようになりました。

「ぺー、あしたも学校行くよ!」
022_convert_20131025172441.jpg

27日の学園祭で「ぺこり」だけじゃなく、「パース」や「ちーち」も抱っこしてくれるのをお待ちしています。

それではまた!!
                                    猫担当  大栗
2013.10.25 Fri l 犬と猫の生活 l top
こんにちは。本日はガラリとイメージチェンジをしたブレーメンのアイドル

「ビスキー」をご紹介します。

すでに何度もブログで登場していますのでご存知の方も多いと思いますが

これまで学校内・外の様々な場所で活躍し、ブレーメンの認知に大きく

貢献してくれたビッちゃんも現在14歳。寄る年波には勝てず少しずつ老化の

様子が現れてきました。

602622_179646245500515_2013789466_n_convert_20131024154403.jpg

これまではこの様な「コンチネンタル・クリップ」と呼ばれるドッグショー用の

特殊なカットを施していましたがカットの間、長時間の立ち続ける事や

シャンプー・ブローに掛かる時間になかなか耐えられなくなってきました。

そうした中で被毛の維持も難しくなり、今回思い切ってショートカットに挑戦しました。

こちらがその様子です。

DSC_1362.jpg

手前がビッちゃんです。どうですか?全く別のワンちゃんみたいですね。

同じようなアングルの写真ですが、眼球の白濁も年齢を感じさせます。

1_convert_20131024154206.jpg

上から全体を見るとこの様な感じのカットです。

ラポピィやポピンに比べると本当にスッキリしていますね。

見た目は大きく変わりましたが、人懐こく大人しい性格はもちろんそのままです。

今後はお手入れ時にかかる負担も少なくなると思いますので、ますますブレーメンの

アイドルとしての活躍に期待です。

そんなビスキーから皆さんに一言。

「27日のブレーメン文化祭でみんなに会えるの待ってるよー」

との事です。皆さん、ぜひお越し下さい。


                          トリミング担当 永峰
2013.10.24 Thu l ビッちゃん&ポピン l top
こんばんは。

日曜日に文化祭を控えアジリティの練習も

連続した障害を順を追ってクリアしていく

練習に入りました。

前回まで幾度と無くご紹介してまいりました

アジリティーですが、今までは障害単体で練習

しておりましたが、今回からの練習では

コース形式になっております。

このような連続した障害をクリアしていく事を

シーケンスと呼びます。

今回は、学生達に簡単なシーケンスに挑戦してもらいました。

IMG_0902_convert_20131023151113.jpg

写真を見ていただけるとお分かりいただけるように

ハードル→ハードル→ウィービングポールとなっております。

今回は一歩通行で障害をクリアしていきましたが

単純な配置に少し捻りを加えると

ハードル→ウィービングポール→ハードル→ハードル→ポール

など様々なシーケンスを作る事が可能です。

今回は障害が2個ですが、3個、4個と障害の数を増やして

いけば、配置を変えずに何十通りものシーケンスを練習する事ができます。

IMG_0903_convert_20131023151128.jpg

シーケンスが複雑になるにつれて、ワンちゃんの集中

指導主の的確な誘導、が必要になってきますが

それに加えて、指導主の動きが求められます。

例えば、ハードルを直線でクリア→次の障害が左側にあったら

指導主はどのような動きをすればよいでしょう?

例を挙げると、左側からワンちゃんをハードルに誘導するのが

効率的であります。

この場合、右からワンちゃんをハードルに誘導するよりも

指導主の走る距離が半分以下で済みます。

このように、単にクリアさせていくだけではなく

指導主がどのように動くと、ワンちゃんが

次の障害にはいる為に効率的かつ的確な指示を

出せるのか?という事を考えると無理なく

障害をクリアしていけると思われます。

また機会があればアジリティの練習風景を

お届けしたいと思います。

                  鈴木

2013.10.23 Wed l 日記 l top
皆さんこんばんは

今日は徳島校の球技大会の様子をお伝えします。

と言ってもこの球技大会、実はブレーメンだけではないのです。

徳島市内の専門学校等8校が集まっての対抗球技大会!

競技はバレーボールと卓球

徳島市立体育館のメインコートを貸し切っての立派な大会でした。
2013102201.jpg

2013102202.jpg

学校対抗はやはり盛り上がります。


今回ブレーメンチームは初参加だったのですが

競技のレベルも想像以上に高く

最初はやや気後れ気味でしたが皆よく頑張ってくれました。
2013102204.jpg

女子バレーは惜しくも入賞できませんでしたが

女子卓球で1年生の髙尾さんが3位表彰台!

すばらしいっ!
2013102203.jpg

応援していた学生も含め

一体感を持って頑張れた良い経験となりました。

さぁ次は日曜日に学園祭が待っています。

イベント続きで大変ですが頑張りましょう!


  ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校

     教務担当 豊實
2013.10.22 Tue l 学校イベント l top
皆さんこんにちは!

今回はトレーニングルームの様子をご紹介します。

まずはこちら↓
0_convert_20131020162102.jpg

空間を広く使い服従訓練や様々な内容に使う状態です。

次にこちら↓
2_convert_20131020162122.jpg

半分で分け空間を小さくします。

より家庭環境に近い広さを作り、問題行動の修正を行ないます。

授業では1番多い状態です。

次はこちら↓
12_convert_20131020162156.jpg

手前にはハードル×トンネルのコンビネーションと

奥ではドッグウォークのシングル練習です。

シングルで各障害を覚え、その後コンビネーションに繋げる

重要な状態です。

最後はこちら↓
3_convert_20131020162139.jpg

3障害を行なうコンビネーションです。

今回はドッグウォーク→トンネル→ハードルのパターンですが

もちろん組み合わせ次第でパターンも様々です♪

この様に訓練内容によって常に形を改変し問題行動の修正などを行なっていますので

何かお困りの場合は是非一度ご相談下さい。

神戸ブレーメン動物専門学校 服部

2013.10.21 Mon l 日記 l top
こんばんは!

今日は以前こちらのブログでも紹介させて頂いた

わが家の愛犬の近況をお話します。

最近、我が家のカノンは去勢手術を行いました。

その時の写真がこちら。


蜀咏悄0_convert_20131020193754


手術した部分を舐めるため、カラーをつけられています。

このカラーはエリザベスカラーといって、

見た目がイギリスのエリザベス女王が着用していた襟に

似ていることから名づけられたそうです。

このカラーのせいで、ハウスの入り口でつっかかってしまい、

手術後数日間はハウスに入れなくて

少し不機嫌なカノンでしたが、

今ではカラーも取れ、手術跡もなくなり、

すっかり元気になりました。

カノンは5歳ということで、

生まれてから時間が経っているため、

皮膚が硬くなっており、

手術後傷跡が直りくいと獣医さんから聞いていました。

そのため少し心配していたのですが、

一週間ほどで無事綺麗に直りました。

去勢・避妊手術は子犬のほうが皮膚がやわらかいため、

本人の負担が少ないようです。

もし、去勢・避妊を考えていらっしゃる方は、

なるべく早めの手術をおススメします。



神戸ブレーメン動物専門学校

胡内
2013.10.20 Sun l ペット l top
こんにちは。

気温がグッと下がり、冬に向かって一気に季節が進みました。

お出かけの際には温かくしてお出かけくださいね。

人だけでなく、最近はわんちゃんたちもオシャレな洋服が増えてきました。

1221+(22)_convert_20131019083457.jpg

浴衣に

CIMG1921_convert_20131019083605.jpg

キャラクターものに

CIMG2051_convert_20131019083800.jpg

ダウンも!

種類やサイズなど、人に負けないぐらい種類が豊富です。

協力してくれているモデル犬たちも季節を問わず、

素敵なお洋服を着て学校に来てくれます。

犬は体温調節が苦手な生き物なので、

涼しくなる機能の付いた洋服や

寒さに弱い犬には温かい素材の洋服を着せることで

体温調節の手助けをすることができます。

また夏場の外出時には強い日射しや紫外線から守ってあげたり、

家の中では抜け毛が飛び散るのを防止したりする効果もあります。

しかし、わんちゃんの洋服を選ぶときには

注意しなければならない大切なポイントがいくつかあります。

そのポイントとは…また次回!

わんちゃんに合った洋服選びの為に

ぜひ次回のブログをご覧ください。



神戸ブレーメン動物専門学校

2013.10.19 Sat l 神戸ブレーメン l top
みなさんこんばんは。本日も前回の引き続き

巣材についてお話したいと思います。

今回の巣材は・・・↓↓
20131018_184942_convert_20131018185837.jpg

牧草です。

ゲージ外に飛び出しにくいので使いやすいのですが

牧草だけを床材に利用することは、ハムスターの飼育には不向きです。

ウッドチップに少し混ぜる程度で使用するのならOKです。

床材を全て牧草にしてしまうと目に刺さってしまい

怪我の原因になり、アレルギーが出る子もいます。

ですので牧草を床材に使用せず別のチップや新聞紙

を床材にしてあげてくださいね。


                  ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校
                        トリミング担当 森
2013.10.18 Fri l 日記 l top
こんばんは!  本日のお話しは、猫にイカやタコを与えると腰が抜ける・・・と言われているナゾについてです。

「誰が言ったんだ~!」とちょび君
016_convert_20131014202907.jpg

昔からよく言われていますが、本当なのでしょうか?

猫は本能的に体を維持するため必要な栄養素を取り込もうとします。

猫に必要不可欠な栄養素「タウリン」が多く含まれるイカやタコを好むのは、本能的に解っているからなのでしょう。

しかし生の場合、「チアミナーゼ」と言うビタミンB1を分解する酵素が含まれています。

それでは猫の体内のビタミンB1が破壊されると、どうなるのでしょう?

ビタミンB1欠乏症・・・運動障害を引き起こす「脚気」、歩行困難を起こすことがあります。

それが「腰を抜かす」と言う事なのです。

この「チアミナーゼ」は熱に弱いので、加熱したイカやタコを少量なら与えても問題ないでしょう。

イカが入った猫缶も存在するくらいですから・・・。

「食べた事あるけど、美味しいよ」とゆきさん
017_convert_20131014203010.jpg

でもご注意を!!

いくら猫が好きだからといって、たくさん与えないでください。

イカは消化が悪いため、たくさん食べると消化不良を起こしてしまいます。

それと市販の「さきいか」には、塩分がたくさん含まれていますので与えないでください。

これからも猫のナゾについて色々と調べてお話ししますね。

それでは、また!!
                                   猫担当  大栗
2013.10.17 Thu l 犬と猫の生活 l top
こんばんは。

今回は前々回に引き続きアジリティ-の練習風景を

お届けしたいと思います。

今回の障害はウィービングポールのご紹介いたします。

何だか難しい名前ですが、俗に言うスラロームです。

IMG_0896_convert_20131016191054.jpg

只今、学生達が準備していますので暫くお待ちください。

この障害はパーツが沢山あり準備も少々時間がかかります。

IMG_0897_convert_20131016191128.jpg

さて、準備が出来ましたので、早速ご紹介したいと思います。

教習所で車の練習をする際にも必須科目として登場しますスラローム

簡単に説明いたしますと、均等に並んだ棒を交互に潜っていきます。

IMG_0898_convert_20131016191146.jpg

上記の写真を見ていただくと、単に真ん中を歩いているだけでは?

と思われる方もいらっしゃいますでしょうが、これで良いのです。

初めからポールの間を潜れるワンちゃんは稀です。

では、リードを使い無理矢理交互に潜らせれば簡単に教える事が

出来るのではないのか?

それも間違いではありません。

しかし、それではワンちゃんの意に反して行動が起こって

いる訳ですので、学習効果は低いです。

では自発的に潜らせるにはどうすれば良いのか?

その方法は、いたって単純です。

両端に並べたポール群の間隔を少しづつ狭めていき

真ん中を通らせます。

どんどん狭まっていくなかで通れなくなれば

ポールを交わそうと、自然に体を交互に動かし通るようになります。

IMG_0900_convert_20131016191207.jpg

ここまでくれば、後は合図をつけていくだけです。

合図に関して、ライト、レフト、または、右、左など連続して合図を入れる

場合もございますが

運動能力が高い犬種、よく動くワンちゃんに関しては

慣れてくると高速で潜りますので、スラ、潜れ、など

スラロームに入る前に合図を付けてあげると良いかと思います。

スラロームには様々なトレーニング方法があります。

今回は一番リスクが少ない方法をご紹介させていただきました。

ご興味のある方は、トレーニング方法を調べられて

ご自分のワンちゃんに合った方法を実践していただくと

よいと思います。

                           鈴木
2013.10.16 Wed l 日記 l top
先日の連休、皆さんはどのように過ごされましたか?

市内を車で走っていると、県外ナンバーも多く見られました。

旅行に出かけられた方や帰省された方、友達と遊びに行かれた方など様々でしょうね。

私は久しぶりに地元の秋祭りを見学に行ってきました。

この秋祭りは400年以上も続いている伝統ある祭りで、実りの秋らしく地元の神社に

豊作を願って「やっこ」や「獅子舞」などを奉納するものです。

31_convert_20131015192031.jpg

30_convert_20131015192022.jpg

やっこを先頭に神輿が旅路を進んでいき、その道の家々の幸福と豊作を祈願

してくれるのですが、少子化の影響でしょうか?子供も人の姿もまばらで少し

寂しく感じます。私が子供の頃は人ごみでまともに神輿が見えない様な状況だったのですが・・

などと物思いにふけっていましたが、ふと気づくと獅子舞や狛犬など、神社には

空想上の生き物ではありますが、沢山の動物が関わっている事に気づきました。

お稲荷さんのキツネもそうですよね。

神主さんに聞いた話では、昔から人と動物は密接に関係しており、

得体の知れない恐怖(疫病、天変地異)など人の力で対抗出来ないものに対して

身近な動物をモチーフにしてその身を守ろうとした、などという言い伝えもある事を

聞きました。確かに動物達には特異な能力があり、我々人間では気づかないような

物音やニオイにも敏感に反応しますから、当時の人々からみれば、人には見えない

何かが見えている、と感じていたのかもしれません。

という事は、私の地元でも400年以上前から祭りを通して人と動物が深く関わっていた

のだという事がわかります。

なんだが、動物に関わる仕事をしている事に改めて有難味を感じる事ができた、そんな

一日でした。

お祭りに限らず、日本各地には人と動物が主役となるお伽話なども沢山ありますので

色々と調べてみると新しい発見があるかもしれませんね。


                              トリミング担当 永峰
2013.10.15 Tue l 日記 l top
皆さんこんばんは

先日「神戸ブレーメン」で初の学園祭が開催され、大盛況だったようです。

神戸校に負けじとブレーメン徳島校の学園祭(10月27日)の準備も着々と進んでおります。

まだ2週間ほどの時間がありますので

現在は飾り付け関係の準備が主です

毎年ハロウィンの時期と重なりますので

こんな感じの飾り付けも満載です
20131013_1.jpg

そして来場される方は、いつもモデル犬・猫でお世話になっている

ワンちゃん、飼い主様も多いので

トリミングのビフォーアフター写真展が大好評なんです
20131013_2.jpg

毎年盛況のドッグカフェ、無料のお手入れ・健康診断などは

もちろん今年も行います!


催し物の詳細はこれから徐々にご紹介していきますので

お楽しみに♪


  ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校

    教務担当 豊實
2013.10.14 Mon l 学校イベント l top
こんばんは。

10月9.10日に開催されました

ペット用品の見本市に行って参りましたので

その様子をお届けしたいと思います。

IMG_0880_convert_20131010175804.jpg

開催場所は、お隣香川県のサンメッセ香川という

イベント会場で行われておりました。

見本市ですので数々のペットグッズが各企業ブース

に所狭しとならんでおります。

美容用品、トレーニング用品など

定番から新商品まで様々な物があります。

IMG_0883_convert_20131010175838.jpg

(上記写真はイベント初日終了後撮影させていただきましたので

企業ブースの方がほとんどです)

トレーニング用品も、リード、カラー

問題行動抑制器具など便利な商品がたくさんあります。

一番の利点としまして、使用方法や効能などを

熟知した企業さんの話を直接聞ける事です。

トレーニングリード1本にしても

使用する商品の用途や、効果、使い方などを知らなければ

使う事が出来ません、ましてやオーナー様に進めたい商品

を自分が試してみないと、胸を張ってお勧めすることが出来ません。

学生もそうですが、私達も日々色々な事を学び

試し、成長していかなければなりません。

今後も様々な経験を積み、知識を増やし

学生達の育成に努めてられるよう努力をして行かなければと

再確認した一日でありました。

                       鈴木





2013.10.13 Sun l 日記 l top
皆さんこんにちは!

今回は第一回神戸ブレーメン動物専門学校文化祭「Bremen Festival2013」の様子をお伝えします。
DSCF6333_convert_20131012151911.jpg

夏休み前から準備を行い、昨日は最終調整で遅くまで残り頑張っていました♪

10時の開始直後からモデル犬協力者様や学生のご家族、お友達など沢山の方々が来て下さいました!
DSCF6320_convert_20131012152103.jpg
各階別に様々な展示、販売などを行ないました。
DSCF6309_convert_20131012153037.jpg

ブレーメンオリジナルミサンガも沢山!
なんと「Brmen 2013」文字入れバージョンも!
DSCF6330_convert_20131012152356.jpg

おいで競争やふれあいコーナーなど非常に盛り上がったようです♪
DSCF6332_convert_20131012151959.jpg

ドッグマッサージではワンちゃんもリラックスモード♪
DSCF6329_convert_20131012152418.jpg

DSCF6326_convert_20131012153016.jpg

DSCF6331_convert_20131012152043.jpg

初めての文化祭で学生達も緊張気味でしたが

沢山の方々やワンちゃんが来てくれたおかげで学生達も一安心でした♪

お越し頂いた皆様は満足できたでしょうか?

ブレーメンでは毎年文化祭を行ないますので

来年の文化祭もどうぞお越し下さい♪

姉妹校のブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校は今月27日(日)です!

こちらも違ったイベントなどを行ないますのでそちらも是非行ってみてください。

神戸ブレーメン動物専門学校 服部
2013.10.12 Sat l 学校イベント l top
こんばんは。

以前からこちらで何度かお伝えしていたブレーメンフェスティバルですが、

とうとう明日開催です!

それでは、昨日に引き続き、学園祭の告知をさせていただきます。


明日を控え、学校もすっかり文化祭モード一色です。

各教室は学生達が可愛く飾り付けしてくれています。

そんな飾り付けの様子を今回は一部分だけお見せします。


まずは、こちら。

学生が色画用紙を使って作ってくれた切り絵のブレーメンの音楽隊です。

それぞれの動物の表情がとっても豊かで、可愛い作品です。

学校のどこかに飾ってありますので、ぜひ当日、可愛い音楽隊を探してみてください。


s_繝悶Ξ繝シ繝。繝ウ3



次は、文化祭で販売するアクセサリーの紹介です。

こちらのミサンガは明日2階の販売コーナーで販売します。

わんちゃん用と飼い主さん用がありますので、

ぜひわんちゃんとお揃いで使ってみてくださいね。


S_文化~1


そのほかにも、マッサージやカフェなど盛りだくさんの内容となっております。

明日は10時から15時の開催を予定しております。

ペット同伴のお越しも大歓迎です!

皆様お誘いあわせの上、ぜひお越しください♪

神戸ブレーメン動物専門学校
胡内
2013.10.11 Fri l 神戸ブレーメン l top
こんにちは。

先日学園祭のポスターをご紹介(学生たちの力作です)しましたが、

譌ゥ蟾昴&繧捺枚蛹也・ュ_convert_20131004180650
写真2


今日は学園祭の内容をちょっとだけお見せしちゃいます!

当日はドッグカフェ、販売、ドッグマッサージなどなど

わんちゃんや猫ちゃんに関わる出し物を

学生たちが企画から全部行っておりますが、

販売されるアクセサリーなども全て学生の手作りです。

今日ぜひご紹介したいのがこちら↓

CIMG3144_convert_20131007184118.jpg

ドッグカフェで販売予定のクッキーです。

もちろん、写真のクッキーも学生の手作り。

味だけでなく見た目でも楽しませたいという学生の気持ちが伝わってきます。

当日は他にも学生の「気持ち」が色々な場所に伝わっています。

ぜひ皆さんお越しください!


Bremen Festival
開催日:10月12日(土)
開催場所:神戸市中央区布引町2-1-17
     神戸ブレーメン動物専門学校
     各線三宮駅より北へ徒歩8分です。
ペットも入場可能ですので、ぜひ一緒にご来場ください。

詳細は078-231-0121までお問い合わせ下さい。



神戸ブレーメン動物専門学校

2013.10.10 Thu l 神戸ブレーメン l top
みなさんこんばんは。本日もハムスターの巣材について

お話したいと思います。

今回の巣材はコチラ↓
20131007_181021_convert_20131008174759.jpg

ウッドチップ(木屑)です。

ウッドチップは松や杉などの木材を細かくしたもので

メリットとしては格安で購入することが出来

ハムスターが寝床にし易く、保温もあり

冬にぴったりの巣材です。
20131007_181005_convert_20131008174731.jpg

ただし、この巣材が原因でアレルギーを起してしまう

ハムスターや目に刺さって結膜炎や角膜炎に

なってしまう子もいますのでその子に合った床材に

してあげてくださいね。


                   ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校
                        トリミング担当 森
2013.10.09 Wed l 日記 l top
こんばんは!  本日は、猫の「なぜ?」をお話ししようと思います。

猫の謎・・・たくさん有るかと思いますが、今日は少し痛ましいお話し。

019_convert_20131007212207.jpg
「ゆきさん」 ちょっと目をみせて~。
020_convert_20131007212305.jpg

猫の目は、人が認識できる明るさの6分の1の光でも物を見ることができると言われています。

それなのになぜ、車にひかれる事故が夜間に多いのでしょう?

僅かな光でもよく見える為、車のライトを見て眩し過ぎるので動きが止まってしまい事故になるのです。

目に入ってくる光の調節をしている間もなく・・・。

それともう1つ注意してほしい事があります。

暗い所で突然、フラッシュをたいての猫の写真撮影はやめてください。

失明する可能性があるのです。

人間の感じる明るさの6分の1の光でも見えると言う事は、人間の感じる光の6倍の明るさを感じると言えるでしょう。

私達でも写真撮影時のフラッシュは、かなり眩しく感じます。特に周りが暗いと尚更です。

それが猫だと人間の6倍のまぶしさと感じる・・・考えたら怖い事です。

021_convert_20131007212353.jpg

くれぐれも、写真撮影には気を付けて下さい。

それでは、また!!
                                   猫担当 大栗
2013.10.08 Tue l 犬と猫の生活 l top
皆さんこんにちは!

今回はワンちゃんではなく学生の訓練風景をご紹介します。

普段は家庭犬の訓練をベースに行なってるのですが

1時間の中で練習と訓練をすると言う事はかなり集中力と体力を必要とします。

もちろん大型犬などを広く大きく扱う場合は単純な筋力や瞬発力なども必要になります。

という事で、学校ではこんな事も行っています
1380531880920_convert_20131008182233.jpg

体幹を鍛えるトレーニングです

横に向いた状態で足先と腕以外を浮かすように行い40秒キープします。

実は見ため以上に大変なんですが、学生達もだいぶ慣れてきたようです♪

続いてこちら↓
1380531883318_convert_20131008182250.jpg

体のバランスを整え真っ直ぐ歩く練習です。

これは頭に物を置き落とさない事が基本です。

そして手をしっかり振り自然に歩けるとGood!!

全体的にはまだまだです。

続いてこちら↓
1380531887412_convert_20131008182307.jpg

動きが見難いですがこちらはペアになり

相手の頭か膝より下をタッチするという瞬発力を鍛えるゲームです。

もちろん触られないようにかわしたり防ぐなどするので1箇所ではなく

視野を広げ全体を見る練習にもなります。

最初はぎこちなかった学生達もかなり視野が広がって来ているようです。

動物の仕事というのは常に不規則で予想の出来ない事が起こります。

その時に止まってしまうのではなく、動ける様になる為の練習がこのゲームです。

皆様も是非試してみてください♪


  神戸ブレーメン動物専門学校

        服部
2013.10.07 Mon l 日記 l top
皆さんこんにちは。本日は所有している海外の雑誌より抜粋して

少し我々の職業についてお話しようと思います。

まず最初に「トリミング」という言葉について説明をしますと、実際のところ

こういった職業が存在するのは日本だけだという事を知ってもらう必要があります。

本来は「グルーミング」と呼ばれ、我々もトリマーではなく、

「(ドッグ・キャット)グルーマー」と呼ぶのが正しいのです。

22_convert_20131006132338.jpg

日本ではトリマーという職業が認知される様になってきたのはここ十数年の話です。

トリミングの歴史自体も戦後になってから少しずつ広まってきたものですので、西洋に比べると

その歴史は圧倒的に浅いものです。

21_convert_20131006132328.jpg

こちらの写真ではへアレスのワンちゃんを家庭でシャンプーしている様子が写されています。

今の様に専用の道具が多く揃っていた訳ではありませんが、こうした家庭で行われていた

お手入れこそが、トリミングの発祥です。

人がお風呂に入るのと同様にペットの身体も綺麗にしてあげる、本当の家族として

大切に思っているからこそ、こういった思想が広まったのでしょうね。

20_convert_20131006132318.jpg

また、こうした怪我を負った犬の為に義足を作る、という事もすでに行われて

いたようです。最近でこそ、ようやく日本でも動物用の介護・介助用具なども

見られるようになりましたが、それでもまだまだ認知は低いと思います。

その為、我々はただ作業を覚え、技術を学ぶ事だけでなくこうした書物を

読むことで、自分達の仕事の本来の意味・意義を知ることが非常に大切です。

もともと手先の器用な日本人がこうした歴史をしっかり理解することで

ただ西洋からの文化を真似るだけでなく、自分達のオリジナルが創りだせるのでは

ないでしょうか?

学生達にも、日々作業をこなすだけでなく一つ一つの意味をきちんと理解しながら

自分達の仕事を誇れるようなプロフェッショナルになってほしいと思います。


                            トリミング担当 永峰
2013.10.06 Sun l 日記 l top
皆さんこんばんは

ブレーメンでは徳島校も神戸校も

学校周辺の清掃ボランティア活動を定期的に行っています

先日、徳島校で1年生が午後から2班に分かれて2時間ほどの清掃作業を行いました

2013100502.jpg

今回も多くのゴミを拾いましたが

一番多く目立ったゴミは・・・・「ポイ捨てされたタバコの吸い殻」

場所を問わず、ありとあらゆる所に落ちています

2013100503.jpg

道路、橋、公園

いかにポイ捨てをする人が多いかを物語っていますね


学校周辺はワンちゃんのお散歩コースにされている方も多くいるため

学生には“犬の目線に立ってゴミを探そう”と指導しました

(国道192号線沿いの一区間は、国土交通省が行っている清掃ボランティア活動の
担当区域になっています)
2013100501.jpg

私たちが住む街はいつもキレイでいて欲しい

たばこのポイ捨てに限りませんが

我々一人一人のマナーが問われていると感じます


   ブレーメン愛犬クリエイティブ専門学校

           教務担当 豊實
2013.10.05 Sat l 日記 l top
こんばんは!

今日は学生達が作ってくれた文化祭ポスターをご紹介したいと思います。

どれも力作ぞろいです。


まずは、こちら!

譌ゥ蟾昴&繧捺枚蛹也・ュ_convert_20131004180650


一年生が作ってくれた作品です。

さわやかな雰囲気の力作です!

実はこちらのポスターには色塗りが違うバージョンが存在します。

神戸校のどこかに貼ってありますので、ぜひ探してみてください♪


また、同じ学生の作品で、チラシバージョンもあります。

蜀咏悄_convert_20131004185954


こちらは、ブレーメンにお越しいただいたお客様にお渡しさせていただいています。

実物は写真以上に可愛いチラシになっていますので、

神戸校にお立ち寄りの際は、ぜひ手にとってご覧ください♪


さて、次は二年生の作品です。

写真2


とても可愛い力作です!

写真ではなかなか表現できていないのですが、

とても温かみのあるグラデーションになっています。

こちらもぜひ学校で実物をご覧ください!


文化祭まで、とうとうあと一週間を切りました。

学生達も展示物作成やアクセサリー作成など、

学生達も準備の仕上げを頑張ってくれています。


神戸では初めて開催される文化祭。

ぜひ皆様遊びにきてください♪


神戸ブレーメン専門学校

胡内
2013.10.04 Fri l 神戸ブレーメン l top
こんにちは。

今日から10月ですが、まだまだ暑い日が続きますね。

最近は「秋バテ」が多いらしいので

皆さま体調にはお気をつけ下さい。

紅葉の秋、

イベントの秋、

そしてキャンペーンの秋!

神戸ブレーメンでは今月キャンペーンを行っております。

ご新規で来ていただいた方、

10月中にお友達をご紹介いただいた方を対象に、

ブレーメンくじをプレゼント致します。

DCIM3529_convert_20131001194038.jpg

くじの内容は・・・

来てのお楽しみ(画像に写っているのもありますが・・・)!

美容内容もご要望をお伺いできますので、

ぜひ一度お越しください。

未来のトリマー、動物看護師、トレーナー、飼育員にご協力お願い致します。


神戸ブレーメン動物専門学校

2013.10.03 Thu l 神戸ブレーメン l top
こんばんは。

前回に引き続きアジリティの練習風景をご紹介させていただきます。

今回の障害はトンネルです。

IMG_0827_convert_20131002165628.jpg

皆不慣れという事で最短距離からのスタートになりました。

アジリティも普段のトレーニングと同じで

いきなり無理をさせず、確実に出来る事から始めます。

蛇腹の床、少しの距離とはいえ閉鎖された空間に

入る訳ですから、いきなり無理をさせると

入るのを嫌がるようになる可能性は高いですので

決して無理をさせないようにしてください。


IMG_0830_convert_20131002165706.jpg

物怖じしない子はサッと入れますが

ほとんどのワンちゃんは入るのに躊躇するかと思いますので

まずは上記の写真のように、入り口で付近で補助してもらい

ハンドラーは出口にて、ワンちゃんを呼んであげたり

オヤツや玩具を見せてあげると、すんなり入っていくでしょう。



IMG_0828_convert_20131002165650.jpg

入ることに慣れてくれば

上記写真のように入り口まで誘導し

頭部が入ったと同時に出口に回りこみ

ワンちゃんを呼んであげるようにしていきましょう。

この段階でトンネルに入る前に『合図』を付けていくと

合図=トンネルに入る=報酬 という関連付けが

出来上がりますので、合図をかけると

トンネルに入っていくようになります。

このステップが上手くいけばトンネルの長さを

少しづつ変えていきましょう。

注意する点といたいまして

出口が見えないとワンちゃんも不安になりますので

いきなりトンネルをL字やU字に曲げないようにしてください。

まずは直線を潜らす練習をし、慣れてくれば少しづつ曲げていく

ようにしていくとストレスなく上達していくかと思います。

                        鈴木
2013.10.02 Wed l 日記 l top